524件中 71 - 80件表示
  • ソマリ料理

    ソマリ料理から見たケーキケーキ

    ビスケットもブスクット(BuskutあるいはBuskud)の名で食べられている。柔らかな食感のものはダールダール(daardaar)と呼ばれる。ドールショ(Doolsho)はヨーロッパ風のケーキで、ドールショ・ソーマーリ(doolsho soomaali)はカルダモン風味のスポンジケーキ、ドールショ・スバグ(doolsho subag)はバターケーキである。ソマリ料理 フレッシュアイペディアより)

  • ドイツ農業協会

    ドイツ農業協会から見たケーキケーキ

    パン、焼菓子・ケーキ類、穀物加工品、砂糖菓子ドイツ農業協会 フレッシュアイペディアより)

  • イソマルトール

    イソマルトールから見たケーキケーキ

    常温では結晶で、水には溶けないが有機溶媒には溶ける。糖類を熱分解したとき(カラメルやパン、ケーキ)に生成し、マルトールなどとともにこれらの甘い香りの原因の一つとなっている。またイチゴなどの果物にも含まれる。食品添加物としてパン、ケーキなどに用いられる。イソマルトール フレッシュアイペディアより)

  • 保冷剤

    保冷剤から見たケーキケーキ

    また、ケーキなどを店で買って、自宅まで持ち帰るまでの時間を想定してケーキの箱の裏に貼りつけられるような超小型で薄いものもある。保冷剤 フレッシュアイペディアより)

  • ひまわり幼稚園物語あいこでしょ!

    ひまわり幼稚園物語あいこでしょ!から見たケーキケーキ

    ひまわり幼稚園の近所にあるケーキ屋「Patisserie gouter heire」の店長兼パティシエ。かっこいい顔と美味いケーキで女性に人気である。ひまわり幼稚園物語あいこでしょ! フレッシュアイペディアより)

  • マカオ料理

    マカオ料理から見たケーキケーキ

    ベビンカ(Bebinca、貝碧嘉)- 米粉と鶏卵、ココナッツミルクで作るケーキ。インドのゴア州のものとは異なり、層にはしない。マカオ料理 フレッシュアイペディアより)

  • コンフィ

    コンフィから見たケーキケーキ

    サクランボなど小さな果物のコンフィは、伝統的に豪奢なケーキの装飾物として使用されている。フランス語の表現「ラ・セリーズ・シュル・ル・ガトー」(la cerise sur le gâteau、「ケーキの上のサクランボ」)は「あると望ましいが不可欠ではない補足的な仕上げ」を意味するために比喩的に使用され、英語の表現の「ジ・アイシング・オン・ザ・ケイク」(the icing on the cake、「ケーキに塗ったアイシング」)あるいは「ザ・チェリー・オン・トップ」(the cherry on top、「てっぺんのさくらんぼ」)に相当する。コンフィ フレッシュアイペディアより)

  • 公現祭

    公現祭から見たケーキケーキ

    ヨーロッパやアメリカ州のカトリック教会の信仰が盛んな地域では豆や小さな人形、貴金属などを入れて焼いたケーキや菓子パンを切り分け、この豆などが当たった人をその日だけ王とする習慣があり、例えばフランスのガレット・デ・ロワなどがこれにあたる。この行事は古代ローマの農耕神サートゥルヌスの祭りサートゥルナーリアに由来する。公現祭 フレッシュアイペディアより)

  • ピスタチオ

    ピスタチオから見たケーキケーキ

    ナッツとして食べる他に、緑色を活かして、ペーストにして製菓材料に用いたり、ケーキやクッキーの飾りつけに用いたりする。アイスクリームに混ぜ込むことも欧米では一般的。中東ではハルヴァと呼ばれるヌガーに似た菓子にも用いられる。料理では、パスタやスープに用いるものがある。ピスタチオ フレッシュアイペディアより)

  • ライビーナ

    ライビーナから見たケーキケーキ

    濃縮果汁飲料のものは、水で希釈して飲むほか、牛乳、炭酸水、ウォッカ、焼酎などで割って飲んだり、かき氷、ヨーグルト、ミルクセーキなどのシロップとしたり、ケーキ、アイスクリーム、ゼリーなどの菓子の風味付け、色付けに使用することもできる。ライビーナ フレッシュアイペディアより)

524件中 71 - 80件表示

「ケーキ」のニューストピックワード