前へ 1 2 3 4 5 6 7
67件中 1 - 10件表示
  • ケーキ

    ケーキから見たバター

    日本語で単にケーキというと、一般には、スポンジケーキにクリームを塗り果物を載せたものを指すが、広義では、チーズケーキやフルーツケーキなどクリームも果物も載せないものや、クッキーを砕いた土台の上にクリームチーズの生地を敷き、冷やして固めたレアチーズケーキなど、様々な種類を指すこともある。多くのケーキは何らかの穀物の粉末(多くは小麦粉)、結着剤(多くは鶏卵や小麦粉に含まれるグルテン)、油脂(植物油、バター、ラード、シュマルツなど)、水分(水、牛乳、バターミルク、果物のピュレーなど)、膨張剤(酵母、重曹、ベーキングパウダーなど)を配合して作られる。また、欧米では焼き菓子のことを広く「ケーキ類」を示す語で指す。ケーキ フレッシュアイペディアより)

  • ケーキ

    ケーキから見た菓子パン

    などのうち少なくともどれか1つを膨張剤として用いる。材料の配分により、酵母を使ったケーキは菓子パンとの、バターやショートニングを使ったケーキはパイとの区別をつけることが難しいものがある。ケーキ フレッシュアイペディアより)

  • ケーキ

    ケーキから見たパスタ

    英語ではcake(ケーキ / ケイク)、ドイツ語ではKuchen(クーヘン(広義))、フランス語ではgâteau(ガトー)、イタリア語ではtorta(トルタ、大きなケーキ)、dolce(ドルチェ、広義で英語のsweetに相当する)、またはpasta(パスタ、麺類や小さいケーキ)と言う。ケーキ フレッシュアイペディアより)

  • ケーキ

    ケーキから見たポリッジ

    ポリッジ(オートミールなどの穀物を水や牛乳でおかゆにしたもの)もまたケーキのルーツの一つである。ポリッジにプラムを利用したプラムポリッジはおかゆというよりも、固形に近く、これを蒸してプディングにする製法が生まれた。そしてこれを焼いたものが中世の初期のフルーツケーキとなった。ケーキ フレッシュアイペディアより)

  • ケーキ

    ケーキから見たパウンドケーキ

    パウンドケーキ(昔は卵とバターを泡立てて膨らませていた)ケーキ フレッシュアイペディアより)

  • ケーキ

    ケーキから見た石鹸

    なお、英語の用法では密度の高い食感の固形の食べ物や、石鹸などといった食品以外の固形物をcakeと呼ぶことがある。例としてはフィッシュケイク(fish cake=蒲鉾)、ライスケイク(rice cake=餅)、イエローケーキ(yellow cake=ウラン精鉱の別称)などがある。ケーキ フレッシュアイペディアより)

  • ケーキ

    ケーキから見たイースター

    シムネルケーキ - フルーツケーキの一種。他のケーキに比べて軽めに作られており、アーモンドペーストまたはマジパンの2つの層の組み合わせと成っているのが特徴で、イースターに食されることが多いケーキ フレッシュアイペディアより)

  • ケーキ

    ケーキから見たマルクス・ポルキウス・カト・ケンソリウス

    最古のケーキはスイスの新石器時代の村落後から見つかっている。ただし、古代世界におけるケーキとは、穀物などを練ってパテ状にした平らで固いものを指す。このようなケーキは古代ギリシア、古代ローマ時代にもさかんに作られ、特に宗教儀式に用いられた。例えば、古代ローマのマルクス・ポルキウス・カト・ケンソリウス(大カトー)は著書の「農業論」の中で様々なケーキを列挙している。ケーキ フレッシュアイペディアより)

  • ケーキ

    ケーキから見た

    なお、英語の用法では密度の高い食感の固形の食べ物や、石鹸などといった食品以外の固形物をcakeと呼ぶことがある。例としてはフィッシュケイク(fish cake=蒲鉾)、ライスケイク(rice cake=)、イエローケーキ(yellow cake=ウラン精鉱の別称)などがある。ケーキ フレッシュアイペディアより)

  • ケーキ

    ケーキから見たブランド

    キエフケーキ - ケーキブランドの1つとして知られるケーキ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7
67件中 1 - 10件表示

「ケーキ」のニューストピックワード