67件中 31 - 40件表示
  • ケーキ

    ケーキから見たシュマルツ

    日本語で単にケーキというと、一般には、スポンジケーキにクリームを塗り果物を載せたものを指すが、広義では、チーズケーキやフルーツケーキなどクリームも果物も載せないものや、クッキーを砕いた土台の上にクリームチーズの生地を敷き、冷やして固めたレアチーズケーキなど、様々な種類を指すこともある。多くのケーキは何らかの穀物の粉末(多くは小麦粉)、結着剤(多くは鶏卵や小麦粉に含まれるグルテン)、油脂(植物油、バター、ラード、シュマルツなど)、水分(水、牛乳、バターミルク、果物のピュレーなど)、膨張剤(酵母、重曹、ベーキングパウダーなど)を配合して作られる。また、欧米では焼き菓子のことを広く「ケーキ類」を示す語で指す。ケーキ フレッシュアイペディアより)

  • ケーキ

    ケーキから見たケーニヒスクーヘン

    ケーニヒスクーヘン(箱型)(公現節に食べる)ケーキ フレッシュアイペディアより)

  • ケーキ

    ケーキから見た新石器時代

    最古のケーキはスイスの新石器時代の村落後から見つかっている。ただし、古代世界におけるケーキとは、穀物などを練ってパテ状にした平らで固いものを指す。このようなケーキは古代ギリシア、古代ローマ時代にもさかんに作られ、特に宗教儀式に用いられた。例えば、古代ローマのマルクス・ポルキウス・カト・ケンソリウス(大カトー)は著書の「農業論」の中で様々なケーキを列挙している。ケーキ フレッシュアイペディアより)

  • ケーキ

    ケーキから見た穀物

    日本語で単にケーキというと、一般には、スポンジケーキにクリームを塗り果物を載せたものを指すが、広義では、チーズケーキやフルーツケーキなどクリームも果物も載せないものや、クッキーを砕いた土台の上にクリームチーズの生地を敷き、冷やして固めたレアチーズケーキなど、様々な種類を指すこともある。多くのケーキは何らかの穀物の粉末(多くは小麦粉)、結着剤(多くは鶏卵や小麦粉に含まれるグルテン)、油脂(植物油、バター、ラード、シュマルツなど)、水分(水、牛乳、バターミルク、果物のピュレーなど)、膨張剤(酵母、重曹、ベーキングパウダーなど)を配合して作られる。また、欧米では焼き菓子のことを広く「ケーキ類」を示す語で指す。ケーキ フレッシュアイペディアより)

  • ケーキ

    ケーキから見たザッハトルテ

    ザッハトルテ - チョコレートスポンジのケーキにチョコレートで包んだケーキケーキ フレッシュアイペディアより)

  • ケーキ

    ケーキから見た酵母

    また、18世紀初期、料理人はイーストの代わりに卵を使えばケーキが膨らむということ気づいていたようで、1727年エリザベス・スミスが「Compleat Housewife」の中で卵だけで膨らませるケーキのレシピを何点か載せている。ただし卵だけでふくらませるには大量の卵が必要であった。ケーキ フレッシュアイペディアより)

  • ケーキ

    ケーキから見たフォーク (食器)

    卵白の膨張力は古くから知られており、ルネサンス期の料理書にも記述されている。フォークの普及以前では卵白の撹拌作業は非常に大変な作業ではあったものの、次第に卵白を撹拌したものを菓子などのふくらみに利用されるようになっていった。1615年には現代のスポンジケーキと同じようなレシピが掲載された本が出版されている。(ジャーヴェス・マーカムの 「The English Housewife」)ケーキ フレッシュアイペディアより)

  • ケーキ

    ケーキから見たマジパン

    シムネルケーキ - フルーツケーキの一種。他のケーキに比べて軽めに作られており、アーモンドペーストまたはマジパンの2つの層の組み合わせと成っているのが特徴で、イースターに食されることが多いケーキ フレッシュアイペディアより)

  • ケーキ

    ケーキから見たグーゲルフップフ

    ナップフクーヘン(Napfkuchen)/トップフクーヘン(Topfkuchen)/グーゲルフップフ(Gugelhupf)/クグロフ(円環型のケーキ)ケーキ フレッシュアイペディアより)

  • ケーキ

    ケーキから見たアメリカ合衆国

    ショートケーキ - アメリカ合衆国などでショートケーキと呼ばれるもので、日本におけるいわゆるイチゴのショートケーキ(ガトー・オ・フレーズ)のことではない。該当記事参照のこと。ケーキ フレッシュアイペディアより)

67件中 31 - 40件表示

「ケーキ」のニューストピックワード