67件中 41 - 50件表示
  • ケーキ

    ケーキから見た重曹

    そして化学的膨張剤が出現する。1790年代アメリカでは真珠灰(パールアッシュ)が利用され始めた。これは短時間にケーキをふくらませることはできたが、風味が良くなく、そのうち重曹にとって変わられた。1850年頃、ベーキングパウダーが発明され現代の軽くて柔らかいケーキが誕生したのである。ケーキ フレッシュアイペディアより)

  • ケーキ

    ケーキから見た油脂

    日本語で単にケーキというと、一般には、スポンジケーキにクリームを塗り果物を載せたものを指すが、広義では、チーズケーキやフルーツケーキなどクリームも果物も載せないものや、クッキーを砕いた土台の上にクリームチーズの生地を敷き、冷やして固めたレアチーズケーキなど、様々な種類を指すこともある。多くのケーキは何らかの穀物の粉末(多くは小麦粉)、結着剤(多くは鶏卵や小麦粉に含まれるグルテン)、油脂(植物油、バター、ラード、シュマルツなど)、水分(水、牛乳、バターミルク、果物のピュレーなど)、膨張剤(酵母、重曹、ベーキングパウダーなど)を配合して作られる。また、欧米では焼き菓子のことを広く「ケーキ類」を示す語で指す。ケーキ フレッシュアイペディアより)

  • ケーキ

    ケーキから見た結着剤

    日本語で単にケーキというと、一般には、スポンジケーキにクリームを塗り果物を載せたものを指すが、広義では、チーズケーキやフルーツケーキなどクリームも果物も載せないものや、クッキーを砕いた土台の上にクリームチーズの生地を敷き、冷やして固めたレアチーズケーキなど、様々な種類を指すこともある。多くのケーキは何らかの穀物の粉末(多くは小麦粉)、結着剤(多くは鶏卵や小麦粉に含まれるグルテン)、油脂(植物油、バター、ラード、シュマルツなど)、水分(水、牛乳、バターミルク、果物のピュレーなど)、膨張剤(酵母、重曹、ベーキングパウダーなど)を配合して作られる。また、欧米では焼き菓子のことを広く「ケーキ類」を示す語で指す。ケーキ フレッシュアイペディアより)

  • ケーキ

    ケーキから見たオーブン

    17世紀、18世紀の調理器具の発達も重要である。輪型が作られなければ、円柱状のケーキは難しかっただろう。またオーブンの発達もケーキの進化に寄与している。特に1780年に調理用レンジが発明され、温度管理が容易になった。ケーキ フレッシュアイペディアより)

  • ケーキ

    ケーキから見たホットケーキ

    パンケーキ(フライパンで焼いたもの)ケーキ フレッシュアイペディアより)

  • ケーキ

    ケーキから見た古ノルド語

    英語には1200年頃から見られ、古ノルド語 kaka から入ったとされる。ケーキ フレッシュアイペディアより)

  • ケーキ

    ケーキから見た英語

    ケーキ(英語:)は、洋菓子の一種。ケーキ フレッシュアイペディアより)

  • ケーキ

    ケーキから見た尺貫法

    日本のケーキ屋ならび洋菓子店では、どの店でも「号」という文字単位で表示されている。この「号」はケーキ本体の円形の大きさ(直径)を表しているが、これは日本で過去に計量単位として使用されていた「尺貫法」から由来するものである。ケーキ フレッシュアイペディアより)

  • ケーキ

    ケーキから見た公現節

    ケーニヒスクーヘン(箱型)(公現節に食べる)ケーキ フレッシュアイペディアより)

  • ケーキ

    ケーキから見たミルフィーユ

    ミルフィーユ(ナポレオン)ケーキ フレッシュアイペディアより)

67件中 41 - 50件表示

「ケーキ」のニューストピックワード