ゲゲゲの女房 ニュース&Wiki etc.

『ゲゲゲの女房』(ゲゲゲのにょうぼう)は、漫画家水木しげるの妻・武良布枝が著した自伝エッセイ。2008年3月7日に実業之日本社より刊行された。また、文庫判が2011年9月8日に実業之日本社文庫より刊行された。 (出典:Wikipedia)

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「ゲゲゲの女房」のつながり調べ

  • 調布市ミニバス

    調布市ミニバスから見たゲゲゲの女房

    2010年に調布市を舞台とする『ゲゲゲの女房』がテレビドラマ化・映画化されたことを記念して、京王電鉄から「ゲゲゲ記念切符」が発売された。これは調布市内の京王線5駅(調布駅・布田駅・国領駅・柴崎駅・つつじヶ丘駅)の入場券と、京王バスの硬券乗車券2枚をセットにしたもので、台紙には水木しげるによる昔の調布駅・布田駅や『ゲゲゲの鬼太郎』のイラストとともに、「鬼太郎バス」として調布市ミニバスの車両(京王バス東・調布営業所所属のL20408号車、日野・リエッセ)の写真が掲載された。ただしバス乗車券は一般路線バスの深大寺行き(丘21・調34系統)のもので、この記念乗車券で調布市ミニバスに乗車することはできない。(調布市ミニバス フレッシュアイペディアより)

  • 桜井昌一

    桜井昌一から見たゲゲゲの女房

    2010年の連続テレビ小説「ゲゲゲの女房」に登場する戌井慎二(演:梶原善)のモデルも桜井である。梶原は年配のキャラに造形されているが、桜井は水木より10歳以上若かった。(桜井昌一 フレッシュアイペディアより)

「ゲゲゲの女房」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「ゲゲゲの女房」のニューストピックワード