前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
244件中 1 - 10件表示
  • 連続テレビ小説

    連続テレビ小説から見たゲゲゲの女房ゲゲゲの女房

    2010年 ゲゲゲの女房 - アナログ放送では完全デジタル放送化を踏まえてレターボックス形式に、本放送が15分繰り上げ(8時 - 8時15分)となる。連続テレビ小説 フレッシュアイペディアより)

  • 水木しげる

    水木しげるから見たゲゲゲの女房ゲゲゲの女房

    90歳を超えてなお新作漫画を発表し続け、晩年の主な作品としては、長年の課題としていた出雲を描いた『水木しげるの古代出雲』、泉鏡花の生涯を漫画化した『水木しげるの泉鏡花伝』、最後の連載漫画となった『わたしの日々』などがある。『ゲゲゲの鬼太郎』の実写映画や貸本版『墓場鬼太郎』のテレビアニメなども実現した。2010年、妻・布枝の著書『ゲゲゲの女房』がNHK連続テレビ小説としてテレビドラマ化、および映画化されるなど改めて水木の人生に注目が集まった。海外での評価も高まり、フランス・アングレーム国際漫画賞、米アイズナー賞などを受賞している。2011年、東日本大震災について考察した絵を描き、ニューヨーク・タイムズに掲載された。水木しげる フレッシュアイペディアより)

  • ウェルかめ

    ウェルかめから見たゲゲゲの女房ゲゲゲの女房

    さらに、次作『ゲゲゲの女房』の告知が、第24週(2010年3月15日)から入る。ウェルかめ フレッシュアイペディアより)

  • いきものがかり

    いきものがかりから見たゲゲゲの女房ゲゲゲの女房

    2003年8月25日にアルバム『誠に僭越ながらファーストアルバムを拵えました…』でインディーズ・デビューし、2006年3月15日にシングル「SAKURA」で、エピックレコードジャパンからメジャー・デビューを果たした。2009年のNHK全国学校音楽コンクール中学生の部課題曲の「YELL」や、2010年度上半期のNHK連続テレビ小説『ゲゲゲの女房』の主題歌「ありがとう」がヒットし、幅広い年齢層の支持を獲得。オリコンの「音楽ファン2万人が選ぶ 好きなアーティストランキング」で2010年から4年連続で2位となった。NHK紅白歌合戦には2008年から9年連続で出場している。2016年にメジャーデビュー10周年を迎えたのを区切りとして、翌2017年の1月5日に活動休止(彼らは「放牧」と表現)を宣言した。いきものがかり フレッシュアイペディアより)

  • 水木しげるロード

    水木しげるロードから見たゲゲゲの女房ゲゲゲの女房

    2010年(平成22年)には、NHKの連続テレビ小説において『ゲゲゲの女房』(原作は水木しげるの夫人の武良布枝の自伝の同名作品)が放送され、人気を呼んだ。それとともに水木しげるロードを訪れる観光客も増加し、8月15日に観光客数は177万人を突破、過去最高の年間172万人(2008年)の記録を軽々と塗り替えたばかりか、それから一週間余りしかたっていない8月23日には悲願であった200万人の大台に乗った。11月中旬には映画版『ゲゲゲの女房』が公開されることから、集客数250万人を年間目標に掲げた境港市観光協会であったが、9月22日の時点で早くも達成し、3度目の上方修正を行って目標300万人とした。しかしこれも10月31日に達成し、12月5日には350万人を突破。年間観光客数は最終的に史上空前の370万人を達成した。これは、前年までの最高記録であった2008年の倍以上の数字である。これらの功績が評価され翌2011年1月に「第8回関西元気文化圏賞・特別賞」を、同年10月には「第3回観光庁長官表彰」を受賞する。水木しげるロード フレッシュアイペディアより)

  • 松下 奈緒

    松下奈緒から見たゲゲゲの女房ゲゲゲの女房

    2010年度前期の連続テレビ小説『ゲゲゲの女房』(NHK)に主演し、本格的にブレイク、主題歌であるいきものがかりの『ありがとう』のピアノによるカバーも行った。「2010ヒット番付TOP50」で21位(女優の最高位)にランクされるとともに、「男優・女優100人通信簿」に初めて掲載された。また、2010年(平成22年)のタレントCM起用社数ランキングに基づき、昨年のランク外から急上昇と報じられた。松下奈緒 フレッシュアイペディアより)

  • 杉本有美

    杉本有美から見たゲゲゲの女房ゲゲゲの女房

    2010年には、5月公開の実写映画『戦闘少女 血の鉄仮面伝説』において、渚凜(なぎさ りん)役で映画初主演。さらに、連続テレビ小説・『ゲゲゲの女房』の新人編集者・松川冴子役にも出演。杉本有美 フレッシュアイペディアより)

  • てっぱん

    てっぱんから見たゲゲゲの女房ゲゲゲの女房

    前作の『ゲゲゲの女房』ではオーディションを実施せずにヒロインの松下奈緒が起用されたが、本作品では再びヒロインのオーディションが行われ、1424人の応募者の中から瀧本美織が選出・起用された。瀧本は1990年代生まれとしては初の朝ドラヒロインとなる。また、養母役の安田成美が『春よ、来い』(1994年度下半期 - 1995年度上半期)のヒロイン・高倉春希役を途中降板して以来15年ぶりに朝ドラに出演した。てっぱん フレッシュアイペディアより)

  • 尾関 伸嗣

    尾関伸次から見たゲゲゲの女房ゲゲゲの女房

    テレビドラマでは『龍馬伝』、『ゲゲゲの女房』、『FACE MAKER』でゲスト出演。2011年NHK BSプレミアム『新選組血風録』で演じた斎藤一役では尾関伸次 フレッシュアイペディアより)

  • 第61回NHK紅白歌合戦

    第61回NHK紅白歌合戦から見たゲゲゲの女房ゲゲゲの女房

    いきものがかりの歌唱前には歌唱曲「ありがとう」が主題歌であった連続テレビ小説『ゲゲゲの女房』の名シーンが流され、主演を務めた松下が同曲をピアノで演奏した。第61回NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
244件中 1 - 10件表示

「ゲゲゲの女房」のニューストピックワード