前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
218件中 1 - 10件表示
  • 連続テレビ小説

    連続テレビ小説から見たゲゲゲの女房ゲゲゲの女房

    2010年 『ゲゲゲの女房』 - 本放送が15分繰り上げ(8:00 - 8:15)となる。連続テレビ小説 フレッシュアイペディアより)

  • 水木しげる

    水木しげるから見たゲゲゲの女房ゲゲゲの女房

    映像作品としては、『ゲゲゲの鬼太郎』の実写映画や貸本版『墓場鬼太郎』のテレビアニメなどが実現し、2010年には妻・布枝の著書『ゲゲゲの女房』がNHK連続テレビ小説としてテレビドラマ、および映画化される。夫妻ともに注目されるようになり、水木は同年度の文化功労者に選ばれる。水木しげる フレッシュアイペディアより)

  • 水木しげるロード

    水木しげるロードから見たゲゲゲの女房ゲゲゲの女房

    2010年(平成22年)には、NHKの連続テレビ小説において「ゲゲゲの女房」(原作は水木しげるの夫人の武良布枝の自伝の同名作品)が放映され、人気を呼んだ。それとともに水木しげるロードを訪れる観光客も増加し、8月15日に観光客数は177万人を突破、過去最高の年間172万人(2008年)の記録を軽々と塗り替えたばかりか、それから一週間余りしかたっていない8月23日には悲願であった200万人の大台に乗った。11月中旬には映画版「ゲゲゲの女房」が公開されることから、集客数250万人を年間目標に掲げた境港市観光協会であったが、9月22日の時点で早くも達成し、3度目の上方修正を行って目標300万人とした。しかしこれも10月31日に達成し、12月5日には350万人を突破。年間観光客数は最終的に史上空前の370万人を達成した。これは、前年までの最高記録であった2008年の倍以上の数字である。これらの功績が評価され翌2011年1月に「第8回関西元気文化圏賞・特別賞」を、同年10月には「第3回観光庁長官表彰」を受賞する。水木しげるロード フレッシュアイペディアより)

  • 第61回NHK紅白歌合戦

    第61回NHK紅白歌合戦から見たゲゲゲの女房ゲゲゲの女房

    司会者発表。紅組司会が松下奈緒(この年上期の連続テレビ小説『ゲゲゲの女房』のヒロイン)、白組司会が嵐と発表される。嵐は史上初のグループでの司会担当となった。第61回NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • 尾関 伸嗣

    尾関伸嗣から見たゲゲゲの女房ゲゲゲの女房

    2010年、映画『THE OSHIMA GANG』では若き日の大島渚に似た、大島にする若者・草薙真を演じ強烈な印象を残す。テレビドラマでは『龍馬伝』、『ゲゲゲの女房』、『FACE MAKER』でゲスト出演。2011年NHK BSプレミアム『新選組血風録』で演じた斎藤一役では今までにない斎藤像をつくる。尾関伸嗣 フレッシュアイペディアより)

  • 菊池和澄

    菊池和澄から見たゲゲゲの女房ゲゲゲの女房

    2010年放送の連続テレビ小説『ゲゲゲの女房 』では、ヒロイン・布美枝の幼少時代を演じたのち、ヒロイン夫妻の長女・藍子役で再登場した。菊池和澄 フレッシュアイペディアより)

  • 武良布枝

    武良布枝から見たゲゲゲの女房ゲゲゲの女房

    武良 布枝(むら ぬのえ、旧姓:飯塚、1932年(昭和7年)1月 - )は、日本の女性。漫画家・水木しげる(本名・武良 茂)の妻で、自伝『ゲゲゲの女房』(2008年)の著者としても知られる。武良布枝 フレッシュアイペディアより)

  • ウェルかめ

    ウェルかめから見たゲゲゲの女房ゲゲゲの女房

    さらに、次作『ゲゲゲの女房』の告知が、第24週(2010年3月15日)から入る。ウェルかめ フレッシュアイペディアより)

  • 杉本 有美

    杉本有美から見たゲゲゲの女房ゲゲゲの女房

    2010年には、『戦闘少女 血の鉄仮面伝説』の渚凜(なぎさ りん)役で映画初主演。さらに、『ゲゲゲの女房』の新人編集者・松川冴子役で、NHK連続テレビ小説へ初めて出演した。杉本有美 フレッシュアイペディアより)

  • ちりとてちん (朝ドラ)

    ちりとてちん (朝ドラ)から見たゲゲゲの女房ゲゲゲの女房

    テーマ曲・ピアノ演奏 - 松下奈緒(演技者としてコンバートされゲゲゲの女房でヒロインを務める。)ちりとてちん (朝ドラ) フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
218件中 1 - 10件表示

「ゲゲゲの女房」のニューストピックワード