244件中 11 - 20件表示
  • ガロ (雑誌)

    ガロ (雑誌)から見たゲゲゲの女房ゲゲゲの女房

    NHK連続テレビ小説『ゲゲゲの女房』では『ガロ』をモデルにした『月刊漫画ゼタ』という雑誌が登場しており、長井をモデルにした「深沢洋一」という人物が登場する。ガロ (雑誌) フレッシュアイペディアより)

  • 武良布枝

    武良布枝から見たゲゲゲの女房ゲゲゲの女房

    武良 布枝(むら ぬのえ、旧姓:飯塚、1932年(昭和7年)1月6日 - )は、漫画家・水木しげる(本名・武良 茂)の妻。自伝『ゲゲゲの女房』(2008年)の著者であり、同書を基にした同名テレビドラマの主人公、村井布美枝のモデルである。武良布枝 フレッシュアイペディアより)

  • 悪魔くん

    悪魔くんから見たゲゲゲの女房ゲゲゲの女房

    2010年のテレビドラマ『ゲゲゲの女房』のオープニング(月曜版)とラストシーンには、この版の悪魔くん(山田真吾)とメフィストが登場した。悪魔くん フレッシュアイペディアより)

  • 向井理

    向井理から見たゲゲゲの女房ゲゲゲの女房

    2010年、連続テレビ小説『ゲゲゲの女房』ではヒロインの夫・村井茂役を演じた。2011年の大河ドラマ『江〜姫たちの戦国〜』では、主人公・江の夫、徳川秀忠役を演じ、時代劇デビューを果たした。向井理 フレッシュアイペディアより)

  • 中村靖日

    中村靖日から見たゲゲゲの女房ゲゲゲの女房

    その後も数々の映画や、連続テレビ小説『ゲゲゲの女房』『ごちそうさん』や『謎解きはディナーのあとで』など話題のテレビドラマへ出演。2007年からはNHKのコントバラエティ番組『サラリーマンNEO』にレギュラー出演した。中村靖日 フレッシュアイペディアより)

  • 岡村隆史

    岡村隆史から見たゲゲゲの女房ゲゲゲの女房

    学生時代から久保田利伸の大ファンで、最も好きな邦楽曲は渡辺美里の「My Revolution」である。また、休養中にドラマ『ゲゲゲの女房』を見ていた影響でいきものがかりのファンを公言しており、ザテレビジョン(2011年4月号)のインタビューで相方の矢部に「岡村さんはいきものがかりのありがとう聴き過ぎです。こないだのロケで岡村さんのありがとう待ちありましたやん!」 と言われたほど。岡村隆史 フレッシュアイペディアより)

  • 本間昭光

    本間昭光から見たゲゲゲの女房ゲゲゲの女房

    浜崎あゆみのサウンドプロデュースを1stシングル「poker face」から手掛ける。ポルノグラフィティでは「ak.homma」「本間昭光」「ak.homma、ポルノグラフィティ」などの名義を併用しながら2010年までのほぼ全ての楽曲の編曲・プロデュース、そして作曲を手掛け、2006年からはバックバンドのバンドマスターも務めるようになった。2011年、ポルノグラフィティの制作体制が一新されて以降、「ワンモアタイム」をはじめとするシングル、アルバム『PANORAMA PORNO』など、直接編曲を手掛けるのは一部の楽曲にとどまっている。しかし、その後もトータル・プロデューサーとしてメンバーの新藤晴一や岡野昭仁の相談に乗ったり、若手アレンジャーに助言したりする形で携わっている。いきものがかりではプロデュース、そしてほとんどのコンサートやイベント等にキーボーディスト兼バンドマスターとして参加する。また2010年に編曲を手掛けたNHK連続テレビ小説「ゲゲゲの女房」の主題歌「ありがとう」が大ヒットを記録し、彼らの代表曲となった。初めてシンガーソングライターとの関わりを持ったのは槇原敬之で、ヒット曲「もう恋なんてしない」は当時失恋した本間のために槇原が作った曲である。本間昭光 フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木福

    鈴木福から見たゲゲゲの女房ゲゲゲの女房

    2006年(平成18年)にNHK教育(当時)の『いないいないばあっ!』で芸能界デビューした。2010年(平成22年度)前半期のNHK連続テレビ小説『ゲゲゲの女房』や同年制作の映画『ちょんまげぷりん』などに出演した。鈴木福 フレッシュアイペディアより)

  • 吹石一恵

    吹石一恵から見たゲゲゲの女房ゲゲゲの女房

    ゲゲゲの女房(2010年11月公開、スローラーナー):武良布枝役(主演)吹石一恵 フレッシュアイペディアより)

  • いちごとせんべい

    いちごとせんべいから見たゲゲゲの女房ゲゲゲの女房

    いちごとせんべい フレッシュアイペディアより)

244件中 11 - 20件表示

「ゲゲゲの女房」のニューストピックワード