前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
422件中 1 - 10件表示
  • ゲゲゲの女房

    ゲゲゲの女房から見たいきものがかり

    物語の舞台は原案者夫妻が生活する東京都調布市がメインで、夫妻の出身地島根県安来市と鳥取県境港市がサブである。脚本は山本むつみが担当し、山本が原案のドラマ化を希望した。音楽は窪田ミナが担当し、主題歌(テーマソング)は本作品のために書き下ろされたいきものがかり「ありがとう」が起用された。長身のヒロイン役に本作が連続テレビ小説初出演となる松下奈緒(身長174cm)が、その夫役に向井理(身長182cm)が起用された。ヒロインはオーディションを行わずに決められた。ゲゲゲの女房 フレッシュアイペディアより)

  • ゲゲゲの女房

    ゲゲゲの女房から見た松下奈緒

    物語の舞台は原案者夫妻が生活する東京都調布市がメインで、夫妻の出身地島根県安来市と鳥取県境港市がサブである。脚本は山本むつみが担当し、山本が原案のドラマ化を希望した。音楽は窪田ミナが担当し、主題歌(テーマソング)は本作品のために書き下ろされたいきものがかり「ありがとう」が起用された。長身のヒロイン役に本作が連続テレビ小説初出演となる松下奈緒(身長174cm)が、その夫役に向井理(身長182cm)が起用された。ヒロインはオーディションを行わずに決められた。ゲゲゲの女房 フレッシュアイペディアより)

  • ゲゲゲの女房

    ゲゲゲの女房から見た水木しげる

    『ゲゲゲの女房』(ゲゲゲのにょうぼう)は、漫画家水木しげるの妻・武良布枝が著した自伝エッセイ。2008年3月7日に実業之日本社より刊行された。また、文庫判が2011年9月8日に実業之日本社文庫より刊行された。ゲゲゲの女房 フレッシュアイペディアより)

  • ゲゲゲの女房

    ゲゲゲの女房から見た東映

    城西映画テレビ部(東映テレビ部がモデル)のプロデューサー。サングラスに柄物スーツという特徴付けた装いのため村井家初訪問時に布美枝に不審がられた。豊川と共に水木漫画の映像化に尽力。1965年当時の東映テレビ部のプロデューサー渡邊亮徳 と平山亨がモデル。ゲゲゲの女房 フレッシュアイペディアより)

  • ゲゲゲの女房

    ゲゲゲの女房から見た向井理

    物語の舞台は原案者夫妻が生活する東京都調布市がメインで、夫妻の出身地島根県安来市と鳥取県境港市がサブである。脚本は山本むつみが担当し、山本が原案のドラマ化を希望した。音楽は窪田ミナが担当し、主題歌(テーマソング)は本作品のために書き下ろされたいきものがかり「ありがとう」が起用された。長身のヒロイン役に本作が連続テレビ小説初出演となる松下奈緒(身長174cm)が、その夫役に向井理(身長182cm)が起用された。ヒロインはオーディションを行わずに決められた。ゲゲゲの女房 フレッシュアイペディアより)

  • ゲゲゲの女房

    ゲゲゲの女房から見た星野真里

    飯田ユキエ → 横山ユキエ - 星野真里、足立梨花(青年期)ゲゲゲの女房 フレッシュアイペディアより)

  • ゲゲゲの女房

    ゲゲゲの女房から見た安住紳一郎

    9月24日の2時間SPでは、東京ロケ(8月20日放送)で向井理に対して小学生から「ゲゲゲ」「ゲゲゲ」の声が多くかかったと安住紳一郎アナウンサーから話を振られた松下奈緒は、自身も小学生から「ゲゲゲの布美枝」「ゲゲゲ」とよく呼ばれると応じた。ゲゲゲの女房 フレッシュアイペディアより)

  • ゲゲゲの女房

    ゲゲゲの女房から見た片桐仁

    本作品はオープニングやラストシーンなどで貧乏神(片桐仁)と水木作品に登場する妖怪(アニメ)のように存在が実証されていないキャラクターを実写と合成させる等、連続テレビ小説として表現上の新機軸が打ち出された。そのため水木プロと東映アニメーションの著作クレジットが記載された。また、安来市に現存する原案者の生家について正確に図面を取ったほか、大正時代の帳面まで撮影するなど事前に綿密な調査が行われ、撮影用スタジオで生家がリアルに再現された。ゲゲゲの女房 フレッシュアイペディアより)

  • ゲゲゲの女房

    ゲゲゲの女房から見たビデオリサーチ

    初回視聴率14.8%、第1週の週間最高視聴率15.8% はいずれも過去最低であった。その後視聴率は右肩上がりに推移し、最終回に番組最高の23.6%を記録した。23.6%は2010年に放送された全ドラマの中で2番目に高い数値である)。平均視聴率は18.6%で前作『ウェルかめ』の13.5%(過去最低)を5.1ポイント上回った。なお、第16週から最終第26週までの11週中10週でビデオリサーチの視聴率「総合」1位を占めた。ゲゲゲの女房 フレッシュアイペディアより)

  • ゲゲゲの女房

    ゲゲゲの女房から見た東映アニメーション

    本作品はオープニングやラストシーンなどで貧乏神(片桐仁)と水木作品に登場する妖怪(アニメ)のように存在が実証されていないキャラクターを実写と合成させる等、連続テレビ小説として表現上の新機軸が打ち出された。そのため水木プロと東映アニメーションの著作クレジットが記載された。また、安来市に現存する原案者の生家について正確に図面を取ったほか、大正時代の帳面まで撮影するなど事前に綿密な調査が行われ、撮影用スタジオで生家がリアルに再現された。ゲゲゲの女房 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
422件中 1 - 10件表示

「ゲゲゲの女房」のニューストピックワード