397件中 41 - 50件表示
  • ゲゲゲの女房

    ゲゲゲの女房から見た林真理子

    9月24日号「林真理子ゲストコレクション」に、松下との対談が掲載ゲゲゲの女房 フレッシュアイペディアより)

  • ゲゲゲの女房

    ゲゲゲの女房から見た荒俣宏

    水木、武良、荒俣宏の三人でフリートークをした。ゲゲゲの女房 フレッシュアイペディアより)

  • ゲゲゲの女房

    ゲゲゲの女房から見たラーメンズラーメンズ

    貧乏神 - 片桐仁(ラーメンズ) ※第12週以降にたびたび登場し、第16週で姿を消すゲゲゲの女房 フレッシュアイペディアより)

  • ゲゲゲの女房

    ゲゲゲの女房から見た紙芝居

    1939年(昭和14年)のヒロイン少女期から始まり、1961年(昭和36年)、29歳のとき39歳の貸本漫画家との結婚を転機に、その後の喜びも苦しみも共にする夫婦の軌跡が妻の視点で描かれた(1986年(昭和61年)まで)。さらに、様々なエピソードを通して家族の絆だけではなく周囲との心温まる交際、出会いと別れ、また単なる人情味あふれる話にしない漫画界などの厳しい現実、戦争の爪痕(つめあと)、紙芝居と貸本業の衰退など世相が複眼的に描かれた。このようにヒロインの半生記としてホームドラマのほか、サクセス・ストーリー、業界ドラマ(漫画)、昭和ノスタルジアの要素もある。ただし、サクセス・ストーリーは原案にそって窮乏生活が長く描かれており(第5週?第15週)、昭和ノスタルジアは「古き良き時代」で終わらせず、漫画への偏見や高度経済成長期の斜陽産業と貧困(取り残された人々)など、負の側面を含む。ゲゲゲの女房 フレッシュアイペディアより)

  • ゲゲゲの女房

    ゲゲゲの女房から見たあさイチ

    第45回(5月19日放送分)ではエンディング直後に再びエンディングが流れた。8時15分開始の『あさイチ』に原案者夫妻が生出演するためで、エンディングカットに生中継映像(自宅にいる布枝の姿)が入った。その際に画面下「このドラマはフィクションです。終」の箇所は、「ここからあさイチ。始」に差し替えられた。なお、当日第45回の回想シーンではうしおそうじ氏がモデルとされる漫画家えびおそうじが登場し、「怪竜魔境出版記念・えびおそうじ先生サイン会」という件があった。ゲゲゲの女房 フレッシュアイペディアより)

  • ゲゲゲの女房

    ゲゲゲの女房から見たウェルかめ

    初回視聴率14.8%、第1週の週間最高視聴率15.8%はいずれも過去最低であった。その後視聴率は右肩上がりに推移し、最終回に番組最高の23.6%を記録した。23.6%は2010年に放送された全ドラマの中で2番目に高い数値である)。平均視聴率は18.6%で前作『ウェルかめ』の13.5%(過去最低)を5.1ポイント上回った。なお、第16週から最終第26週までの11週中10週でビデオリサーチの視聴率「総合」1位を占めた。ゲゲゲの女房 フレッシュアイペディアより)

  • ゲゲゲの女房

    ゲゲゲの女房から見た連続テレビ小説

    『ゲゲゲの女房』(ゲゲゲのにょうぼう)は、漫画家水木しげるの妻・武良布枝が著した自伝(2008年刊行)。また、同書を原案として2010年度上半期に放送された同名テレビドラマ(NHK連続テレビ小説の82作品目)。ゲゲゲの女房 フレッシュアイペディアより)

  • ゲゲゲの女房

    ゲゲゲの女房から見た鈴木福

    及川(飯田)貴司 - 星野源、鈴木福、小林海人(幼少期)ゲゲゲの女房 フレッシュアイペディアより)

  • ゲゲゲの女房

    ゲゲゲの女房から見た相楽樹相楽 樹

    女子中学生 - 相楽樹、金井美樹、岡野真也ゲゲゲの女房 フレッシュアイペディアより)

  • ゲゲゲの女房

    ゲゲゲの女房から見た朝倉えりか朝倉 えりか

    森川(飯田)いずみ - 朝倉えりか、朝田帆香(幼少期)ゲゲゲの女房 フレッシュアイペディアより)

397件中 41 - 50件表示

「ゲゲゲの女房」のニューストピックワード