23件中 11 - 20件表示
  • 永井雄一郎

    永井雄一郎から見たゲルト・エンゲルスゲルト・エンゲルス

    シーズン途中から就任したゲルト・エンゲルス監督の下ではキープ力と決定力を活かし、トップ下で多彩な能力を発揮。その活躍から4月には代表候補合宿に招集された。しかしシーズン中盤以降、ポンテや田中達也の復帰と共に4番手のFW扱いとなり、更にサッカー観の違いから監督と確執が生じ、マスコミに対しフロント・監督批判ととられる発言をしたため、終盤はほとんど起用されない状態となった。永井雄一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 梅崎司

    梅崎司から見たゲルト・エンゲルスゲルト・エンゲルス

    浦和移籍初年度となった2008年は、鋭いドリブルと思い切りの良いシュートを武器に序盤戦はチームの攻撃を牽引していたが、フリーにポジションを取って自由にプレーすることを好む梅崎に反し、一部の選手を除いてリスクを冒してまで選手が自由に動くことを好まなかった当時の監督、ゲルト・エンゲルスの方針に合わず、中盤戦以降出場機会を失っていった。梅崎司 フレッシュアイペディアより)

  • 浦安SC

    浦安SCから見たゲルト・エンゲルスゲルト・エンゲルス

    浦和レッズなどで監督を務めたゲルト・エンゲルスがアドバイザーとしてクラブに関わっている。浦安SC フレッシュアイペディアより)

  • 細貝萌

    細貝萌から見たゲルト・エンゲルスゲルト・エンゲルス

    前橋育英高校時代は背番号10をつけトップ下を本職としていた。高校卒業後の2005年、前年に特別指定選手として加入していた浦和レッズに入団。デビュー1年目のシーズンは天皇杯でセンターバックとして出場した際、安定した守りを見せた。U-22日本代表では右サイドバックでもプレーし、新境地を開いている。ブッフバルト監督体制下においては主にCB、オジェック監督体制下においてはCB、SB、WBで、エンゲルス監督体制下では本職のボランチで起用されていた。フィンケ監督就任後は、本職である堤俊輔が負傷した影響もあり、左SBとして起用されていたが、2010年は堤俊輔の復帰と宇賀神友弥の加入で左SBにある程度の人員が揃った事もあり、キャンプや練習試合でもボランチで固定され、Jリーグ第1節、対鹿島アントラーズ戦ではキャプテンの鈴木啓太を押しのける形で先発出場を果たした。これ以降もボランチとしてレギュラーポジションを確保し、前年までと同様にチーム事情、試合展開によっては右SB、左SBを務めることもあった。細貝萌 フレッシュアイペディアより)

  • 2008年のサッカー

    2008年のサッカーから見たゲルト・エンゲルスゲルト・エンゲルス

    3月16日 - 浦和レッドダイヤモンズはホルガー・オジェック監督を成績不振を理由に解任し、ゲルト・エンゲルスコーチが監督に昇格した。2008年のサッカー フレッシュアイペディアより)

  • 在日ドイツ人

    在日ドイツ人から見たゲルト・エンゲルスゲルト・エンゲルス

    ゲルト・エンゲルス・・・サッカー指導者・解説者在日ドイツ人 フレッシュアイペディアより)

  • 森孝慈

    森孝慈から見たゲルト・エンゲルスゲルト・エンゲルス

    塚本に代わって半年後に就任した犬飼基昭社長、強化本部長に転任した中村修三とともにチームを改革、3年計画下でのハンス・オフト監督を招聘しチームを強化、基礎作り2年の後2004年、ギド・ブッフバルト監督、ゲルト・エンゲルスヘッドコーチを招聘、大型補強の敢行で浦和に悲願のJリーグステージ初優勝、2005年第85回天皇杯、2006年第86回天皇杯連覇をもたらし今日につながるレッズの礎を築いた。オフトやブッフバルト、闘莉王、三都主らの獲得、岡野雅行のレッズ復帰は、森GM=中村強化本部長コンビで行い、犬飼社長が最終決定を下したもの。また在任中、ユース、ジュニアユースの改革に着手し教育ではなくプロ育成の下部組織として再スタートさせた。2006年1月31日をもってGMを退任。森孝慈 フレッシュアイペディアより)

  • 片山博義

    片山博義から見たゲルト・エンゲルスゲルト・エンゲルス

    在学中にゲルト・エンゲルスに出逢い、ドイツへの留学を勧められる。片山博義 フレッシュアイペディアより)

  • 京都サンガF.C.

    京都サンガF.C.から見たゲルト・エンゲルスゲルト・エンゲルス

    2000年はシーズン当初より不振で6月に加茂を更迭してゲルト・エンゲルスを監督に迎えたが、年間成績は15位に終わり、Jリーグ ディビジョン2(J2)へ降格した。京都サンガF.C. フレッシュアイペディアより)

  • 横浜市三ツ沢公園球技場

    横浜市三ツ沢公園球技場から見たゲルト・エンゲルスゲルト・エンゲルス

    1998年3月には同年10月のかながわ・ゆめ国体の主会場として、かつ2002年6月の2002 FIFAワールドカップ(W杯日韓大会)の開催予定地として横浜国際総合競技場(2005年から「日産スタジアム」)が完成したのに伴い、マリノス・フリューゲルス両チーム共に2つのスタジアムを併用する体制となった。1998年は国体開催に向けた芝生保護や各種準備の関係で横浜国際での試合開催が制限され、三ツ沢球技場での開催が半数近くに及んだが、10月になって同年限りで両チームが合併することが発表された。実質的にマリノスへ吸収され消滅するフリューゲルスのJリーグ最終主催試合は1998年11月7日、三ツ沢で開催された(同競技場での最終戦、対アビスパ福岡、2-1で勝利)。この際、ゲルト・エンゲルス監督は観客席のサポーターに対し、日本語でチームの救援と存続を訴えたが、これは叶わなかった。一方、合併前のマリノスのJリーグ最終主催試合は1998年11月14日に横浜国際で開催されたが(対ベルマーレ平塚、4-2で勝利)、第78回天皇杯では12月13日にマリノスが三ツ沢で3回戦を行い、ブランメル仙台に0-1で敗退したため、三ツ沢が合併前の最終試合会場となった。横浜市三ツ沢公園球技場 フレッシュアイペディアより)

23件中 11 - 20件表示