24件中 11 - 20件表示
  • 細貝萌

    細貝萌から見たゲルト・エンゲルスゲルト・エンゲルス

    前橋育英高校時代は背番号10をつけトップ下を本職としていた。高校卒業後の2005年、前年に特別指定選手として加入していた浦和レッドダイヤモンズに加入。デビュー1年目のシーズンは天皇杯でセンターバックとして出場した際、安定した守りを見せた。U-22日本代表では右サイドバックでもプレーし、新境地を開いている。ブッフバルト監督体制下においては主にCB、オジェック監督体制下においてはCB、SB、WBで、エンゲルス監督体制下では本職のボランチで起用されていた。フィンケ監督就任後は、本職である堤俊輔が負傷した影響もあり、左SBとして起用されていたが、2010年は堤俊輔の復帰と宇賀神友弥の加入で左SBにある程度の人員が揃った事もあり、キャンプや練習試合でもボランチで固定され、Jリーグ第1節、対鹿島アントラーズ戦ではキャプテンの鈴木啓太を押しのける形で先発出場を果たした。これ以降もボランチとしてレギュラーポジションを確保し、前年までと同様にチーム事情、試合展開によっては右SB、左SBを務めることもあった。細貝萌 フレッシュアイペディアより)

  • ギド・ブッフバルト

    ギド・ブッフバルトから見たゲルト・エンゲルスゲルト・エンゲルス

    翌2006年、リーグチャンピオンの座を賭けた最終戦(34節)はホーム埼玉スタジアム2002で2位ガンバ大阪を迎え撃つ形となり、その直接対決で浦和レッズが3-2で勝利を収め、悲願のリーグ制覇を決めた。(浦和レッズが自身初めての監督経験であったがヘッドコーチのエンゲルスとの二人三脚での指揮が3年目にして実を結んだものと言える。)しかしながら、家庭の事情を理由にこの年限りで浦和監督を退任すると発表(なおこの優勝はJリーガー出身の監督としても初のリーグ優勝であった)。彩の国功労賞を受賞。2007年1月1日の天皇杯連覇を置き土産にし、ドイツへ帰国した。ギド・ブッフバルト フレッシュアイペディアより)

  • 波戸康広

    波戸康広から見たゲルト・エンゲルスゲルト・エンゲルス

    1995年、滝川第二高校から横浜フリューゲルスに入団。元々はフォワードだったが、サテライト監督のゲルト・エンゲルスによって右サイドにコンバートされ、1997年に森山佳郎から右サイドのポジションを奪う形で頭角を現す。1998年の横浜F消滅の際に横浜F・マリノスへ移籍。横浜FMではチーム事情からストッパーとしてプレーしたことがきっかけとなり、サイドバックやセンターバックもこなした。波戸康広 フレッシュアイペディアより)

  • 安達亮

    安達亮から見たゲルト・エンゲルスゲルト・エンゲルス

    横浜フリューゲルスでは選手兼アシスタントコーチを経て、Jリーグ元年の1993年はサテライトチームにてゲルト・エンゲルスの下でアシストタントコーチに就いた。その後は横浜F、横浜F・マリノス、鹿児島実業高校で育成年代の指導者を歴任。横浜FMユース監督時代の教え子である栗原勇蔵は「亮さんじゃなかったら、俺なんてどうなっていたかわからない。たまたま亮さんが監督だったら今があるんだと思います」と語っている。安達亮 フレッシュアイペディアより)

  • 田中マルクス闘莉王

    田中マルクス闘莉王から見たゲルト・エンゲルスゲルト・エンゲルス

    一方で浦和入団の際にラブコールを出してくれたギド・ブッフバルト監督の退任以降に就任したホルガー・オジェック、フォルカー・フィンケら後任監督と相次いで衝突した。オジェックの後任監督のゲルト・エンゲルスとは良好な関係を築いており、解任に際して惜しむコメントを残している。田中マルクス闘莉王 フレッシュアイペディアより)

  • 1999年J1最終節

    1999年J1最終節から見たゲルト・エンゲルスゲルト・エンゲルス

    市原はこの年、前年の天皇杯で横浜フリューゲルスを優勝に導いたゲルト・エンゲルスを監督として招聘するも、前シーズンまで司令塔として機能したネナド・マスロバルの穴を埋めることが出来ず、守備が崩壊したこともあって1stステージで15位と低迷。エンゲルスを解任し監督で臨んだ2ndステージもチーム状況の劇的な改善とはならず、降格圏をなかなか脱出できない。1999年J1最終節 フレッシュアイペディアより)

  • 横浜フリューゲルス

    横浜フリューゲルスから見たゲルト・エンゲルスゲルト・エンゲルス

    2ndステージに入ると守備が破綻して敗戦を重ね、J1参入決定戦がちらつく事態となり、レシャックは2ndステージ第8節をもって不振の責任を取って辞任した。後任監督にはコーチだったゲルト・エンゲルスが昇格した。横浜フリューゲルス フレッシュアイペディアより)

  • 森孝慈

    森孝慈から見たゲルト・エンゲルスゲルト・エンゲルス

    社長の犬飼基昭、強化本部長に転任した中村修三とともにチームを改革、3年計画下でのハンス・オフトを監督に招聘しチームを強化、基礎作り2年の後2004年、ギド・ブッフバルト監督、ゲルト・エンゲルスヘッドコーチを招聘、大型補強の敢行で浦和に悲願のJリーグステージ初優勝、2005年第85回天皇杯、2006年第86回天皇杯連覇をもたらし今日につながるレッズの礎を築いた。オフトやブッフバルト、闘莉王、三都主らの獲得、岡野雅行のレッズ復帰は、森GM=中村強化本部長コンビで行い、犬飼社長が最終決定を下したもの。また在任中、ユース、ジュニアユースの改革に着手し教育ではなくプロ育成の下部組織として再スタートさせた。2006年1月31日をもってGMを退任。森孝慈 フレッシュアイペディアより)

  • 浦和レッドダイヤモンズ

    浦和レッドダイヤモンズから見たゲルト・エンゲルスゲルト・エンゲルス

    浦和OBのギド・ブッフバルトが監督に就任し、ヘッドコーチにゲルト・エンゲルスを迎える。ナビスコ杯は決勝でFC東京に敗れたが、第2ステージでは首位を快走。11月20日の試合では名古屋に1-2で敗れたものの、G大阪が0-2で横浜F・マリノスに敗れたため2試合を残して地元・駒場で悲願のステージ優勝を決め、翌年より1シーズン制となるためこの年が最後となるサントリーチャンピオンシップ出場権を獲得した。ステージ勝点37は15試合制ステージにおけるJリーグ最多勝点記録であった。浦和レッドダイヤモンズ フレッシュアイペディアより)

  • 京都サンガF.C.

    京都サンガF.C.から見たゲルト・エンゲルスゲルト・エンゲルス

    加茂体制2年目。黒部光昭、松井大輔、朴智星が入団。リーグ戦は当初より不振で6月に加茂を解任。ゲルト・エンゲルスが後任の監督に就任したが、年間成績は15位に終わり、J2へ降格した。京都サンガF.C. フレッシュアイペディアより)

24件中 11 - 20件表示

「ゲルト・エンゲルス」のニューストピックワード