前へ 1 2 3 4
37件中 1 - 10件表示
  • ゲルト・エンゲルス

    ゲルト・エンゲルスから見たギド・ブッフバルト

    2004年から4年2ヶ月の間、浦和レッドダイヤモンズのヘッドコーチを務める。エンゲルス自身監督経験豊富にもかかわらず、一歩下がって当時の監督であったギド・ブッフバルト、ホルガー・オジェックの片腕としてサポートする浦和にとって貴重な存在であった。ゲルト・エンゲルス フレッシュアイペディアより)

  • ゲルト・エンゲルス

    ゲルト・エンゲルスから見たホルガー・オジェック

    2004年から4年2ヶ月の間、浦和レッドダイヤモンズのヘッドコーチを務める。エンゲルス自身監督経験豊富にもかかわらず、一歩下がって当時の監督であったギド・ブッフバルト、ホルガー・オジェックの片腕としてサポートする浦和にとって貴重な存在であった。ゲルト・エンゲルス フレッシュアイペディアより)

  • ゲルト・エンゲルス

    ゲルト・エンゲルスから見た永井雄一郎

    奇策にすがるようにも見える起用法や采配には選手やサポーターから批判が起こり、選手紹介の際にスタジアムがブーイングで鳴り響く事態に陥った。そして極めつけは当時の主力だった永井雄一郎がエンゲルスの采配と浦和フロントのコンセプトの無さを公然と批判する事態にも発展した(最終的に永井はこの年限りで浦和を退団し、清水エスパルスへ移籍した)。ゲルト・エンゲルス フレッシュアイペディアより)

  • ゲルト・エンゲルス

    ゲルト・エンゲルスから見た堤俊輔

    2008年3月16日、成績不振の責任とクラブ内の意思疎通の欠陥を問われたオジェックが解任されたことに伴い、監督に昇格した。これによって、Jリーグのクラブで指揮を執るのは4チーム目ということになった。就任後、守備の要である闘莉王をボランチで起用し、ユース出身の堤俊輔や、ブッフバルト体制からセンターバックとして起用されることが多かった細貝萌を本職のボランチで起用するなど、サプライズ起用や若手起用などを行うことでチームの活性化を図る。数々の策が功を奏し、第13節 G大阪戦までリーグ戦9試合負けなしの好成績を収め、下位に沈んでいたチームを上位まで引き上げた。しかし中断期間終了後は他チームに研究され始めたこともあってか、思うように白星を得られなくなり、ナビスコカップは予選リーグ敗退、連覇を目指していたACLもガンバ大阪に敗れて準決勝敗退、2年ぶりの奪還を目指した天皇杯も横浜F・マリノスに敗れて5回戦で敗退するなどとチームは低空飛行を続けた。ゲルト・エンゲルス フレッシュアイペディアより)

  • ゲルト・エンゲルス

    ゲルト・エンゲルスから見た朴智星

    2000年からは京都パープルサンガのヘッドコーチとなったが、前任の加茂周が解任されたのを受けてセカンドステージから監督に昇格、この年はチームのJ2降格を食い止めることは出来なかったものの翌2001年はJ2優勝を果たし、さらにJ1に復帰した2002年には朴智星や松井大輔を率い、天皇杯で優勝するというセンセーショナルな結果を残した。しかし2003年は開幕から10試合で2勝8敗の不振のため解任された。ゲルト・エンゲルス フレッシュアイペディアより)

  • ゲルト・エンゲルス

    ゲルト・エンゲルスから見た松井大輔

    2000年からは京都パープルサンガのヘッドコーチとなったが、前任の加茂周が解任されたのを受けてセカンドステージから監督に昇格、この年はチームのJ2降格を食い止めることは出来なかったものの翌2001年はJ2優勝を果たし、さらにJ1に復帰した2002年には朴智星や松井大輔を率い、天皇杯で優勝するというセンセーショナルな結果を残した。しかし2003年は開幕から10試合で2勝8敗の不振のため解任された。ゲルト・エンゲルス フレッシュアイペディアより)

  • ゲルト・エンゲルス

    ゲルト・エンゲルスから見た田中マルクス闘莉王

    2008年3月16日、成績不振の責任とクラブ内の意思疎通の欠陥を問われたオジェックが解任されたことに伴い、監督に昇格した。これによって、Jリーグのクラブで指揮を執るのは4チーム目ということになった。就任後、守備の要である闘莉王をボランチで起用し、ユース出身の堤俊輔や、ブッフバルト体制からセンターバックとして起用されることが多かった細貝萌を本職のボランチで起用するなど、サプライズ起用や若手起用などを行うことでチームの活性化を図る。数々の策が功を奏し、第13節 G大阪戦までリーグ戦9試合負けなしの好成績を収め、下位に沈んでいたチームを上位まで引き上げた。しかし中断期間終了後は他チームに研究され始めたこともあってか、思うように白星を得られなくなり、ナビスコカップは予選リーグ敗退、連覇を目指していたACLもガンバ大阪に敗れて準決勝敗退、2年ぶりの奪還を目指した天皇杯も横浜F・マリノスに敗れて5回戦で敗退するなどとチームは低空飛行を続けた。ゲルト・エンゲルス フレッシュアイペディアより)

  • ゲルト・エンゲルス

    ゲルト・エンゲルスから見た浦和レッドダイヤモンズ

    2004年から4年2ヶ月の間、浦和レッドダイヤモンズのヘッドコーチを務める。エンゲルス自身監督経験豊富にもかかわらず、一歩下がって当時の監督であったギド・ブッフバルト、ホルガー・オジェックの片腕としてサポートする浦和にとって貴重な存在であった。ゲルト・エンゲルス フレッシュアイペディアより)

  • ゲルト・エンゲルス

    ゲルト・エンゲルスから見た天皇杯全日本サッカー選手権大会

    ライセンスを取得して日本に戻った後、横浜Fからサテライトコーチ就任のオファーがあり、Jリーグ元年の1993年にコーチに就任した。監督が頻繁に代わる中、彼は一貫してコーチであり続け、1998年はヘッドコーチを務めていたが、10月に前任のカルロス・レシャックの辞任を受け監督に昇格。それからわずか1月後、横浜Fと横浜マリノスが合併し、クラブが事実上消滅することが発表された。動揺が走る中、チームは合併発表以降、リーグ戦、天皇杯のすべての試合に勝利した。ゲルト・エンゲルス フレッシュアイペディアより)

  • ゲルト・エンゲルス

    ゲルト・エンゲルスから見た祖母井秀隆

    この頃、たまたま日本に住んでいた幼馴染のドイツ人女性を介して、その夫でサッカー関係の仕事に就く祖母井秀隆と知り合う。祖母井の紹介を通じて、1991年の春より黒田和生の下で滝川第二高等学校サッカー部の特別コーチとなる。ドイツサッカー連盟(DFB)からフスバルレアラー(最上級指導者ライセンス)コースの受講が認められたため日本を離れる。6ヶ月間に及ぶフスバルレアラーの受講期間中には、選手獲得のためにドイツを訪れていた横浜フリューゲルスコーチの木村文治と出会い、スカウティングに協力した。ゲルト・エンゲルス フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4
37件中 1 - 10件表示