35件中 11 - 20件表示
  • 天上碑

    天上碑から見たゲームオンゲームオン

    天上碑、新・天上碑-(てんじょうひ、しんてんじょうひ)は、韓国HI-WIN社が開発した、中国武侠の世界を舞台としたMMORPG(Massive Multiple Online Role Playing Game)。日本では株式会社ゲームオンによって運営されている。簡単なインターフェイスと、充実したチャット機能が特徴。独自の成長システムである RTGシステム(Real Time Growth System)により、すべての能力値はレベルアップ時ではなく、リアルタイムで上昇するようになっている。敵モンスターとの戦闘行為(殴る、殴られる、避ける、避けられるなど)などすべてが能力値上昇に意味を持つ。天上碑 フレッシュアイペディアより)

  • 天上碑

    天上碑から見た株式会社ゲームオンゲームオン

    新・天上碑の日本における運営は2002年10月からであり、比較的古い部類に入るMMORPGである。正式サービス開始の2003年3月では株式会社ゲームオンが運営する唯一のサービスであり、比較的積極的なイベント開催や、ゲームマスターの介入があったが、ゲームオンが運営するオンラインゲーム数を増やしていくにつれて、そういった面でのサービスの充実は見られなくなってきている。天上碑 フレッシュアイペディアより)

  • NeoWiz Japan

    NeoWiz Japanから見たゲームオンゲームオン

    2008年6月26日にゲームオンに吸収合併され、消滅。NeoWiz Japan フレッシュアイペディアより)

  • ジーパラドットコム

    ジーパラドットコムから見たゲームオンゲームオン

    当初は家庭用ゲーム機のタイトルの話題が占めていたが、2001年4月にゲームオンと事業提携を結んでからはオンラインゲーム主体に傾斜していき、そして提携からわずか半年後の2001年9月にゲームオンがジーパラドットコムの営業権を獲得し、それと同時にジーパラドットコム株式会社もゲームオンに吸収・消滅され、ジーパラドットコムはゲームオン内のカテゴリの一つとなった。ジーパラドットコム フレッシュアイペディアより)

  • 電脳コイル 放課後探偵局

    電脳コイル 放課後探偵局から見た株式会社ゲームオンゲームオン

    電脳コイル 放課後探偵局(でんのうこいる ほうかごたんていきょく)とは、株式会社ゲームオンが開発し、オンラインゲームポータルサイト「ゲームチュー」で運営しているブラウザゲームである。電脳コイル 放課後探偵局 フレッシュアイペディアより)

  • Gunz

    Gunzから見たゲームオンゲームオン

    2008年4月22日付けでネットマーブルジャパンでのサービス終了が告知されたが、その後同年8月1日に、ゲームオンがMAIET Entertainmentと独占ライセンス契約を締結したことが発表され、8月8日16時にネットマーブルジャパンでの約3年間の運営が終了。10月29日にGUNZWEI(ガンズツヴァイ)の名前に変更の上11月5日よりテスト運営を開始することが発表された。当初は、10月29日に予定されていたが延期になった。しかし、2010年10月13日(水) AM 10:30をもってGUNZWEIはゲームサービスを終了している。 なお、日本以外ではGunZ The Duelの名称で運営されており、2009年にはGunzの続編、Gunz 2も予定されている。Gunz フレッシュアイペディアより)

  • 日本オンラインゲーム協会

    日本オンラインゲーム協会から見たゲームオンゲームオン

    NeoWiz Japan‐ゲームオンとの統合により会社そのものが消滅。日本オンラインゲーム協会 フレッシュアイペディアより)

  • MU -奇蹟の大地-

    MU -奇蹟の大地-から見たゲームオンゲームオン

    『MU -奇蹟の大地-』(みゅー きせきのだいち)は、3Dで描写された、上から見下ろす固定視点のMMORPGである。韓国のWEBZEN社が開発し、同国では同社が運営も行っている。日本での運営会社は株式会社ゲームオン。日本では2003年4月28日に、クローズドβテストがスタート。その後 有料サービス化したが、2007年に基本料金無料とし、アイテム課金制を導入。現在に至る。MU -奇蹟の大地- フレッシュアイペディアより)

  • FIFA ONLINE 2

    FIFA ONLINE 2から見たゲームオンゲームオン

    日本ではエレクトロニック・アーツからライセンス提供を受けたゲームオンがゲームチューコンテンツで運営している。FIFA ONLINE 2 フレッシュアイペディアより)

  • 山内一典

    山内一典から見たゲームオンゲームオン

    幼少時代はかなりの病弱だったとのことで、当時は体育の授業は全て見学で、周囲からは「病弱大魔王」とあだ名されていたほど。ただ当時からスーパーカー消しゴムを集めるなど車への関心は高かったという。中学時代から映画制作に没頭し、その流れでソニー・ミュージックエンタテインメントに就職するが、ソニーグループがプレイステーションで家庭用ゲーム機市場に参入することになりソニー・コンピュータエンタテインメント(SCEI)が設立されるとSCEIへの出向を命じられ、以後「モータートゥーン・グランプリ」を皮切りにゲームプロデュース業を手がける。「グランツーリスモ」は元々山内がSCEIに移って最初に出した企画だったが、当初は「なぜこのゲームを作らせてくれないのか」と事あるごとにSCEIの社内で喧伝していたため、当時SCEIの社内では「不遜くん」と陰口を叩かれていたという。2009年1月より、オンラインゲーム運営会社であるゲームオンの非常勤顧問に就任した。山内一典 フレッシュアイペディアより)

35件中 11 - 20件表示

「ゲームオン」のニューストピックワード