前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
301件中 1 - 10件表示
  • 日本レコード協会

    日本レコード協会から見たコブクロコブクロ

    2003年以降最も高い認定は宇多田ヒカル「Utada Hikaru SINGLE COLLECTION VOL.1」、コブクロ「ALL SINGLES BEST」 3ミリオン日本レコード協会 フレッシュアイペディアより)

  • 2007年の音楽

    2007年の音楽から見たコブクロコブクロ

    前年のベストアルバム、コラボレートを含めコブクロ作品のヒット。2007年の音楽 フレッシュアイペディアより)

  • 絢香×コブクロ

    絢香×コブクロから見たコブクロコブクロ

    絢香×コブクロ(あやか・コブクロ)は、絢香とコブクロが結成したユニット。絢香×コブクロ フレッシュアイペディアより)

  • 2006年の音楽

    2006年の音楽から見たコブクロコブクロ

    最大手の「レーベルモバイル」(現・レコチョク)における着うたの年間1位は湘南乃風『純恋歌』、着うたフルの年間1位はコブクロ『桜』であった。2006年の音楽 フレッシュアイペディアより)

  • 小池徹平

    小池徹平から見たコブクロコブクロ

    ジュノンボーイコンテスト最終選考会ではコブクロの「轍-わだち-」を歌っている。このとき、演奏中にギターの弦が切れるアクシデントに見舞われているが、構わずそのまま演奏し、結果グランプリに輝いている。小池徹平 フレッシュアイペディアより)

  • 2010年のラジオ (日本)

    2010年のラジオ (日本)から見たコブクロコブクロ

    コブクロ Take The Cover Off (J-WAVE、24:00) ※J-WAVE SPECIAL2010年のラジオ (日本) フレッシュアイペディアより)

  • ザ・コブラツイスターズ

    ザ・コブラツイスターズから見たコブクロコブクロ

    2010年にコブクロがカヴァー。ザ・コブラツイスターズ フレッシュアイペディアより)

  • ダブルネーム

    ダブルネームから見たコブクロコブクロ

    そういう経歴を持つだけあって二人とも歌が非常に上手く、お笑い芸人歌がうまい王座決定戦スペシャルの第20回大会に出場した際は、歌唱前のVTRにおいて先輩芸人の友近からは「ダブルネームさんは本当に別格。私から言わせればぐっさんとか宮迫さんと同じぐらいの実力だと思う。」1回戦の対戦相手の渡辺直美からは「出来れば1回も当たりたくなかった。」とその実力の高さを思わせるコメントをされ、1回戦ではコブクロの「流星」、準々決勝ではゆずの「栄光の架橋」、準決勝では絢香の「I believe」、決勝ではCHAGE&ASKAの「万里の河」を全て完璧なハモリで披露し、初出場で優勝した。また、1回戦の相手の渡辺直美のみならず、2回戦のフォーリンラブのハジメ、準決勝のJOY、決勝戦の松井絵里奈等、相手が全て優勝候補とも言われた強敵だったため、より圧倒的な存在感を見せる結果になった。ダブルネーム フレッシュアイペディアより)

  • 馬場俊英

    馬場俊英から見たコブクロコブクロ

    2004年3月、6thアルバム『blue coffee』リリース。A-cappellersの1stアルバム『Steppin' Out』に作詞作曲で10曲を提供し、アレンジも行う。同年10月、JFN系全国ネット「ASAHI SUPER DRY ACCESS ALL AREA」(パーソナリティはおちまさと)にて「コブクロ&馬場俊英コラボレイション企画」として「BOYS ON THE RUN」を制作。馬場俊英 フレッシュアイペディアより)

  • ソレイユ (渡辺美里のアルバム)

    ソレイユ (渡辺美里のアルバム)から見たコブクロコブクロ

    今まで作曲を手掛けたアーティストはもちろん、今作では小渕健太郎や、染谷俊と言った若手のアーティストが作詞や作曲で参加している。ソレイユ (渡辺美里のアルバム) フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
301件中 1 - 10件表示

「コブクロ」のニューストピックワード