208件中 51 - 60件表示
  • コブクロ

    コブクロから見たギター

    ギター・ボーカル担当。他にブルースハープ、三線、指笛を演奏することもある。コブクロ フレッシュアイペディアより)

  • コブクロ

    コブクロから見た堺市

    大阪府堺市(現在の)南区槙塚台出身。O型。身長193.4cm。大阪体育大学浪商高等学校、大阪聖徳学園社会体育専門学校卒業。通称「黒ちゃん」・「ロダー」・「黒やん」。コブクロ フレッシュアイペディアより)

  • コブクロ

    コブクロから見た日本ゴールドディスク大賞

    2007年3月13日、『ALL SINGLES BEST』が第21回日本ゴールドディスク大賞でアルバム・オブ・ザ・イヤーを受賞。コブクロ フレッシュアイペディアより)

  • コブクロ

    コブクロから見たFM802

    彼等のファンを「コブファミ」と呼ぶ。これはFM802のDJ・ヒロ寺平が命名した。また、コブクロはファンのことを「スタッフ」「チームコブクロ」ともいう。コブクロ フレッシュアイペディアより)

  • コブクロ

    コブクロから見た2009年

    それらの問題を解決すべく、所属事務所では2009年より「EMTG」(エンターテイメント・ミュージック・チケット・ガード)という、転売行為を防ぐ代わりに、チケット購入後に都合でライブに行けなくなった人からライブに行きたい人に定価で譲ることができるという組織と提携した。これによりチケットのインターネットオークションへの出品は激減した。チケットを購入する場合は事前にEMTGへの登録が必要で(一般発売を除く)、また入場の際も購入者においてはEMTGが発行する本人確認カードによる入場者の照合が必要になり、また同伴者も一部の先行予約方法を除きEMTGへの登録をしなければ入場できないシステムとなっている。コブクロ フレッシュアイペディアより)

  • コブクロ

    コブクロから見たヒロ寺平

    彼等のファンを「コブファミ」と呼ぶ。これはFM802のDJ・ヒロ寺平が命名した。また、コブクロはファンのことを「スタッフ」「チームコブクロ」ともいう。コブクロ フレッシュアイペディアより)

  • コブクロ

    コブクロから見た京都放送

    1999年、『森脇健児の突撃!日本列島』(KBS京都ラジオ)に出演。その際に『桜』がエンディングテーマに使われる。その後、『森脇健児のサタデーミーティング』(KBS京都ラジオ)の第2期としてレギュラー出演。コブクロ フレッシュアイペディアより)

  • コブクロ

    コブクロから見た研音グループ

    コブクロは、黒田俊介と小渕健太郎の2人から成る日本のフォークデュオ。2001年3月22日にデビュー。レコード会社はワーナーミュージック・ジャパン。所属事務所はミノスケオフィスコブクロであるが、研音と業務提携している。コブクロ フレッシュアイペディアより)

  • コブクロ

    コブクロから見た武田雅治

    Skoop On Somebody - 数々のイベントで共演し、互いにリスペクトしあう仲である。またボーカルのTAKEこと武田雅治が「永遠にともに」をカバーしている。コブクロ フレッシュアイペディアより)

  • コブクロ

    コブクロから見たストリートミュージシャン

    1998年5月、サニックスのセールスマンの傍ら毎週土曜日に路上ライブをしていた小渕とストリートミュージシャンをしていた黒田が、堺市の堺東銀座通り商店街で出会い意気投合。同年9月に小渕が黒田に楽曲を提供する事になったが、黒田本人のギターがあまりにも下手だった為小渕が隣でギターを弾きコーラスをする事になる。これがきっかけで黒田から小渕に一緒に組もうと声をかける事になった。小渕はこれを「できちゃった結成」であると『森田一義アワー笑っていいとも!』の「テレフォンショッキング」出演時に話している。この結成エピソードの曲が後の代表曲となる『桜』である。なお、『桜』を路上で披露した際に観客から「誰の歌ですか?」と問われた小渕は、オリジナル曲というのが恥ずかしくてとっさに「ミスチルのインディーズの曲です。」と答えてしまった(後に本人に謝罪済み)。コブクロ フレッシュアイペディアより)

208件中 51 - 60件表示

「コブクロ」のニューストピックワード