208件中 81 - 90件表示
  • コブクロ

    コブクロから見た結婚式

    2004年10月14日、初のセルフプロデュース作品となる10thシングル「永遠にともに/Million Films」発売。収録曲「永遠にともに」がNHK『みんなのうた』で放送され結婚式ソングとして話題となる。オリコン6位とシングルでは約3年半ぶりにTOP10入りを果たし、オリコンチャート99週ランクインを記録。コブクロ フレッシュアイペディアより)

  • コブクロ

    コブクロから見たインターネットオークション

    コブクロの人気が上がると同時にライブを見たいという観客も増えていき、ライブのチケットが取り辛くなっていった。それとともに公演チケットが大量にインターネットオークション等で転売されるようになり、落札金額も非常に高額になっていった。コブクロ フレッシュアイペディアより)

  • コブクロ

    コブクロから見たFNS歌謡祭

    FNS歌謡祭(フジテレビ、2007年 - 2010年、2012年)コブクロ フレッシュアイペディアより)

  • コブクロ

    コブクロから見た和歌山マリーナシティ

    毎年和歌山市内で開催されるライブ『ファンフェスタ』には、全国各地からファンが訪れる。地元ゲームソフト販売店「ミノスケ」社長がインディーズ時代の彼らに声を掛け、パトロンとして支援してきたのが縁であり、デビュー前から和歌山県内で多くのライブを行なってきた。コブクロの所属事務所が和歌山市にあるのはそのためである。それ故、和歌山はコブクロの二人が『第二の故郷』と呼ぶ場所となっている。初回である2002年は野外ライブとして和歌山マリーナシティで行なわれ、2003年〜2007年・2009年以降は同市内にある和歌山ビッグホエール(屋内会場)で行なわれている。2008年は結成10周年記念でもあり紀三井寺陸上競技場(野外会場)で開催され、和歌山市の観光協会なども全面バックアップ体制を敷くなど(競技場には県PRのための物産展も軒を連ねた)かつて無い大規模なものであった。2009年は全国民放FM53局とKDDIの協力により『MEET THE MUSIC LIVE with コブクロ・ファンフェスタ 2009』として、ファンフェスタの模様の一部が全国の民放FM53局で同時生放送された。コブクロ フレッシュアイペディアより)

  • コブクロ

    コブクロから見たTBSテレビ

    COUNT DOWN TV(TBSテレビ、2011年2月20日、2012年12月2日)出演コブクロ フレッシュアイペディアより)

  • コブクロ

    コブクロから見たNHK総合テレビジョン

    MUSIC JAPAN(NHK総合、2010年11月21日、2011年4月24日、)出演コブクロ フレッシュアイペディアより)

  • コブクロ

    コブクロから見た日本放送協会

    2004年10月14日、初のセルフプロデュース作品となる10thシングル「永遠にともに/Million Films」発売。収録曲「永遠にともに」がNHK『みんなのうた』で放送され結婚式ソングとして話題となる。オリコン6位とシングルでは約3年半ぶりにTOP10入りを果たし、オリコンチャート99週ランクインを記録。コブクロ フレッシュアイペディアより)

  • コブクロ

    コブクロから見たDISK GARAGE

    2000年12月31日、渋谷公会堂にてDISK GARAGE主催イベント「LIVE DIGA」に急遽出演。この日が関東地方での初演奏となる。コブクロ フレッシュアイペディアより)

  • コブクロ

    コブクロから見たニッポン放送

    コブクロの@llnightnippon.com(ニッポン放送、終了)コブクロ フレッシュアイペディアより)

  • コブクロ

    コブクロから見たミノスケオフィスコブクロ

    コブクロは、黒田俊介と小渕健太郎の2人から成る日本のフォークデュオ。2001年3月22日にデビュー。レコード会社はワーナーミュージック・ジャパン。所属事務所はミノスケオフィスコブクロであるが、研音と業務提携している。コブクロ フレッシュアイペディアより)

208件中 81 - 90件表示

「コブクロ」のニューストピックワード

  • ブレーキが利かなくなり、十字路の交差点を2か所、停止できずに突っ切った。

  • 悪の秘密結社

  • 200メートルほど手前の交差点からブレーキがきかなかった