409件中 101 - 110件表示
  • 神奈川県立鶴嶺高等学校

    神奈川県立鶴嶺高等学校から見たコマツ小松製作所

    高祖父は政治家、実業家で吉田茂元内閣総理大臣の実父である竹内綱。曾祖父は小松鉄工所(現・コマツ)の設立者で、快進社(日産自動車の前身の一つ)、早稲田大学理工科の設立に貢献した竹内明太郎。神奈川県立鶴嶺高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • キルドーザー事件

    キルドーザー事件から見たコマツ小松製作所

    手始めに、マービンはオークションに出品されていたコマツ製D355Aブルドーザーを購入。厚さ1cm以上の鉄板とコンクリートによって外装を補強した。更にビデオカメラとモニターを6台搭載し、密閉された内部からでも外部の様子が分かるようにした。こうして、2ヶ月後の5月末にキルドーザーが完成された。キルドーザー事件 フレッシュアイペディアより)

  • ビュート (モンタナ州)

    ビュート (モンタナ州)から見たコマツ小松製作所

    この地域の豊富な電力を利用して、数百万ドルに上る多結晶シリコン製造プラントが1990年代に建設された。このプラントは、コマツの孫会社であるアドバンスト・シリコン・マテリアルズ有限会社(ASiMI)により建設されたが、2005年にノルウェーのリニューアブル・エナジー社(REC)に売却された。ビュート (モンタナ州) フレッシュアイペディアより)

  • 阪神工業地帯

    阪神工業地帯から見た小松製作所小松製作所

    機械:三菱電機神戸製作所、パナソニック神戸工場、小松製作所六甲工場など阪神工業地帯 フレッシュアイペディアより)

  • 富士自動車・フジキャビン

    富士自動車・フジキャビンから見た小松製作所小松製作所

    フジキャビン(FujiCabin )は、日本の自動車関連企業・富士自動車(現:小松製作所)が1955年(昭和30年)に発表し、1956年(昭和31年)から1957年(昭和32年)にかけて少数生産した前2輪・後1輪の超小型車(一般にキャビンスクーターあるいはバブルカーと呼ばれる)である。富士自動車・フジキャビン フレッシュアイペディアより)

  • ニューカッスル・アポン・タイン

    ニューカッスル・アポン・タインから見たコマツ小松製作所

    産業革命以来、町を支え続けてきた従来の鉄鋼・造船業は衰退し、代わって金融・サービス業に移行しつつある。北イングランドの中枢都市としてメディア産業や食品工業・IT産業が伸びているほか、周辺の自治体も含めたタインアンドウィア州内では日産やコマツなど日本企業の進出も進んでいる。さらに1997年から「グレンジャータウン再生計画」を実施し、中心部の活性化や積極的な海外への情報発信による観光振興も図られている。ニューカッスル・アポン・タイン フレッシュアイペディアより)

  • 田中正雄

    田中正雄から見た小松製作所小松製作所

    田中正雄 - 小松製作所社長田中正雄 フレッシュアイペディアより)

  • 倉持亜佐美

    倉持亜佐美から見たコマツ小松製作所

    幼少の頃にはヨルダンに3年ほど住んでいた。小学校2年の時に帰国すると、兄が柔道を始めたことがきっかけで、双子の姉である亜佑美とともに始めた。姉はすぐに辞めてしまったために寂しい思いをしたものの、永山中学2年の時には全国中学校柔道大会48kg級で3位になった。3年の時には準決勝で沖学園中学3年の松田邦恵に判定で敗れて3位だった。続く全国女子体重別ではこの階級トップの田村亮子と長井淳子が出場しなかったものの、予想外の活躍で決勝まで進むと、同じ中学3年生である松田と史上初となるシニアの全国大会における中学生同士の対決となった。今大会では出足払の技ありで松田を破って全国中学校柔道大会で敗れた雪辱を果たして、この大会の前身である強化選手選考会で城香中学3年の田村が優勝して以来、7年ぶりとなる中学生での大会制覇を成し遂げた(これ以降、今大会を中学生で制した選手は現れていない)。今大会で優勝したことで福岡国際に出場する機会を得るも、準決勝でコマツの長井に技ありで敗れると、3位決定戦でもフランスのサラ・ニシロ=ロッソに技ありで敗れて5位にとどまった。旭川大高校へ進むと、1年の時には全日本ジュニアで土浦日大高校2年の中島英里子を破って優勝した。世界ジュニアでは決勝でキューバのダニエスカ・カリオンに敗れて2位だった。2年の時には選抜体重別の準決勝でトヨタ自動車の田村に判定で敗れたものの3位になった。全日本ジュニアの決勝では沖学園高校2年の松田を破って2連覇を達成した。アメリカ国際でシニアの国際大会初優勝を飾った。全国女子体重別と全国高校選手権では3位だった。3年の時には選抜体重別の準決勝で東和大学4年の濱野千穂に判定で敗れた。2001年には天理大学へ進学すると、2年の時には階級を52kg級に上げるも、ジュニア時代のような活躍は見られなかった。引退後の2015年には滝川市のたきかわコスモスマラソンのハーフマラソン女子高校生以上40歳未満の部で15位となった。倉持亜佐美 フレッシュアイペディアより)

  • 古賀幸恵

    古賀幸恵から見た小松製作所小松製作所

    福岡県の北九州市立沖田中学校から兵庫県にある湊川女子高校へ進むと、1年の時に全国高校選手権の66kg級で3位となった。2年の時には金鷲旗とインターハイ団体戦で、後に63kg級の世界チャンピオンとなる同級生の前田桂子とともに活躍して2位となった。全国高校選手権では再び3位となった。3年の時には金鷲旗で昨年に続く2位となったが、インターハイでは3位だった。全国女子体重別では決勝まで進むが、埼玉大学3年の天尾美貴に敗れて2位だった。埼玉大学に進むと、1年の時には選抜体重別の決勝で大学の3年先輩である天尾に敗れるが2位となった。正力杯でも決勝で天尾に敗れた。全日本ジュニアでは優勝を飾った。世界ジュニアでも決勝でベルギーのキャサリン・ジャックに掬い投げで一本勝ちして優勝を飾った。優勝大会では決勝で筑波大学を破って国公立大学として初の優勝を飾った。世界学生では2位にとどまった。2年の時には正力杯の決勝で帝京大学4年の福田美奈子を小外刈で破って優勝した。3年の時には全日本選手権に出場すると、3回戦で優勝候補である筑波大学2年の薪谷翠を2-1の微妙な判定ながら破るなどして決勝まで進むが、大阪府警の山下まゆみに0-3の判定で敗れて2位だった。4年の時には選抜体重別で決勝まで進むが 住友海上の上野雅恵に崩上四方固で敗れた。正力杯でも2位に終わった。3人制の優勝大会では優勝を飾った。全国女子体重別でもコマツの天尾に敗れて2位だった。2002年には高校時代の同級生だった筑波大学の前田とともにミキハウス所属となった。選抜体重別では2年連続3位だったが、2003年には実業個人選手権で優勝を飾った。翌年は2位にとどまった。引退後は上大久保中学の教員となった。古賀幸恵 フレッシュアイペディアより)

  • 狩野紀昭

    狩野紀昭から見た小松製作所小松製作所

    2008年より、小松製作所(コマツ)の社外取締役に就任している。狩野紀昭 フレッシュアイペディアより)

409件中 101 - 110件表示

「コマツ」のニューストピックワード