409件中 111 - 120件表示
  • 中村伸郎

    中村伸郎から見たコマツ小松製作所

    生家は岐阜県の士族で、小寺芳次郎の七男。二男は小寺健吉(画家)、三男は小寺廉吉(桃山学院大学教授等)、四男は小寺融吉(日本舞踊研究家)、五男は小寺駿吉(千葉大学教授等)。幼少期、年の離れた姉・としと中村税(小松製作所初代社長)夫妻の養子となり、東京に転居する。中村伸郎 フレッシュアイペディアより)

  • ウェルテクノ

    ウェルテクノから見た小松製作所小松製作所

    株式会社ウェルテクノは、建設機械の燃料タンク・作動油タンクなどを製造している。富山県富山市興人町にあり主要取引先は株式会社小松製作所・株式会社竹内製作所・石川島建機株式会社で、新規成長分野であるハイブリッド発電システムにも取り組んでいる。ウェルテクノ フレッシュアイペディアより)

  • 西川真帆

    西川真帆から見た小松製作所小松製作所

    柔道は5歳の時に日高柔道教室で始めた。御坊中学3年の時に全国中学校柔道大会57kg級に出場するが初戦で敗れた。紀央館高校2年の時に全国高校選手権の63kg級で5位になった。3年のインターハイでは初戦で高岡龍谷高校2年の佐野賀世子に内股で敗れた。2011年に龍谷大学へ進むと結果を出し始め、1年の時に学生体重別で3位となった。3年の時には優勝を果たした。4年の時には選抜体重別で3位になった。東アジア選手権では個人戦、団体戦ともに優勝を飾った。さらに、グランドスラム・東京でも3位となった。2015年には大学を卒業して了徳寺学園の所属となった。選抜体重別では準決勝でコマツの田代未来に指導2で敗れて3位だった。アジア選手権の個人戦では決勝でモンゴルの選手に敗れて2位だったが、団体戦では優勝を飾った。西川真帆 フレッシュアイペディアより)

  • 平成筑豊鉄道400形気動車

    平成筑豊鉄道400形気動車から見た小松製作所小松製作所

    エンジンは出力(330PS/2000rpm)、直列6気筒横形ディーゼルエンジンのコマツ製SA6D125で、台車は動台車2軸駆動方式のボルスタレス空気バネ台車となっている。平成筑豊鉄道400形気動車 フレッシュアイペディアより)

  • 由利高原鉄道YR-3000形気動車

    由利高原鉄道YR-3000形気動車から見た小松製作所小松製作所

    エンジンは、 コマツ製SA6D125HE-1(261 kW / 2,100 rpm)を1基搭載、動力は日立ニコトランスミッション製TACN-22-1629液体変速機を介して台車に伝達される。前位側台車は2軸駆動の動台車ND744、後位側は従台車ND744Tで、いずれも空気ばね式である。制動装置は電気指令式空気ブレーキとなったため、在来車両と併結運転ができない。由利高原鉄道YR-3000形気動車 フレッシュアイペディアより)

  • ZFフリードリヒスハーフェン

    ZFフリードリヒスハーフェンから見た小松製作所小松製作所

    1990年代には日本側の輸入元として小松製作所との合弁でコマツZFオートモーティブを設立(ZFドライブテックジャパンを経て、現在は提携解消かZFジャパンに改組)、日産ディーゼル・UAのノンステップバスにトランスミッションとアクスルを供給した。その後国産大型ノンステップバス登場の際にはいすゞ・キュービック(LV832)〜いすゞ・エルガ(LV834、タイプB)、日野・ブルーリボン(HU2P、ブルーリボンシティを含む)にエコマットが搭載され、国産路線バスのAT化を推進する立役者となった。その後UDトラックス(旧:日産ディーゼル)では2005年に観光タイプのスペースアロー&スペースウィングをモデルチェンジする際にエンジンの小排気量化+尿素SCR還元システム搭載とあわせ、トランスミッションをエコマットシリーズの新バージョン「エコマット2プラス」に一本化している。ZFフリードリヒスハーフェン フレッシュアイペディアより)

  • 総武流山電鉄1200形電車

    総武流山電鉄1200形電車から見た小松製作所小松製作所

    「なの花」は1992年1月から1994年6月までは小松製作所のCM塗装になり、愛称も「コマツ」となっていた。総武流山電鉄1200形電車 フレッシュアイペディアより)

  • 高橋ルイ

    高橋ルイから見たコマツ小松製作所

    桜本中学から三浦学苑高校へ進むと、3年の時にインターハイの個人戦70kg級では初戦で敗れたが、団体戦で5位となった。2010年には古賀稔彦が柔道部総監督を務める新興の環太平洋大学に進学すると、2年の時に優勝大会で同級生のヌンイラ華蓮などとともに活躍して2位となった。学生体重別では決勝でヌンイラに敗れるも2位になった。体重別団体では優勝を飾った。さらに講道館杯でも3位となった。3年の時には優勝大会でチームの初優勝に貢献するが、体重別団体では3位だった。学生体重別では決勝でヌンイラに再び敗れた。4年の時には優勝大会で2連覇すると、体重別団体には出場しなかったがチームは優勝を飾った。学生体重別では決勝でヌンイラに敗れて3年連続で2位に終わった。2014年には国体要員として和歌山県庁の所属となると、選抜体重別では決勝まで進み了徳寺学園職員のヌンイラと対戦するが指導2で敗れた。その後階級を78kg級に上げると、2015年の選抜体重別では初戦でコマツの佐藤瑠香を裏投げで破って3位になった。また、和歌山県で開催された国体成年女子の部ではチームメイトの山部佳苗とともに活躍して3位となった。その後オージー技研の所属となると、2017年の東アジア選手権で国際大会初優勝を飾った。高橋ルイ フレッシュアイペディアより)

  • 英仏海峡トンネル

    英仏海峡トンネルから見たコマツ小松製作所

    通常、トンネルの両端から掘り進むTBMは、トンネル中央部まで来ると、自身をトンネル構造物の一部にしたり、左右に掘り進んでトンネル経路を外れそのまま埋めて投棄する。TBMが各建設事業ごとのオーダーメイドで他の工事では使えないこと、地上まで運び出すよりは埋めてしまったほうが安上がりなことなどから、このような方法がとられる。イギリス側のTBMは掘削完了後、トンネル経路より下方向に潜り込ませ投棄されたが、フランス側のロビンス/コマツ、ロビンス/川崎重工業のTBMはイギリスまで進み、地上に記念展示されたのち分解された。英仏海峡トンネル フレッシュアイペディアより)

  • 国道408号

    国道408号から見たコマツ小松製作所

    栃木県に入ると、すぐに右手に道の駅にのみやが現れる。2車線の状態が田園風景の中しばらく続く。道の駅を過ぎたあたりから道沿いに建物が多くなり、店舗や真岡工業団地の工場も現れる。寺内南交差点手前には並木道がしばらく続いている。その寺内南交差点を左手に折れると4車線に変わるが、1車線あたりの幅員が一般的な4車線国道に比べて狭く、トレーラーや大型トラックは車線いっぱいに走行してくる。道沿いには本田技研工業やコマツなどの工場団地が現れる。国道408号 フレッシュアイペディアより)

409件中 111 - 120件表示

「コマツ」のニューストピックワード