409件中 11 - 20件表示
  • 75式ドーザ

    75式ドーザから見た小松製作所小松製作所

    75式ドーザ(ななごしきドーザ)は、陸上自衛隊の施設科が使用している装甲付のブルドーザーである。製造は小松製作所、愛称はビッグブルの他に、部隊内では「装甲ドーザ」や、単に「ドーザ」とも呼ばれる。75式ドーザ フレッシュアイペディアより)

  • ブルドーザー

    ブルドーザーから見た小松製作所小松製作所

    現在、ブルドーザーを生産している主な会社は、アメリカのキャタピラー社と日本の小松製作所(コマツ)であり、2社で世界市場をほぼ寡占する状態となっている。ブルドーザー フレッシュアイペディアより)

  • ブルドーザー

    ブルドーザーから見たコマツ小松製作所

    日本では小松製作所(現コマツ)が1968年から旧建設省の指導の元で開発に着手した。当初から無線操縦が念頭に置かれており、現場投入が「遠隔操作による施工」の最初の例でもあるという。ブルドーザー フレッシュアイペディアより)

  • 金沢港

    金沢港から見た小松製作所小松製作所

    1970年(昭和45年)に開港(関税法上の開港年)。釜山、上海などを結ぶ外貿定期コンテナ航路が就航するほか、小松製作所の建機輸出用に北米向け多目的船が不定期寄港する。係留施設総延長 5,188m(2000年)。金沢港 フレッシュアイペディアより)

  • ピオリア (イリノイ州)

    ピオリア (イリノイ州)から見た小松製作所小松製作所

    この頃、農業機具の生産量が減退し、土木機械やトラクターの会社が急成長してピオリアはこの分野で世界のリーダーになった。1925年、キャタピラー・トラクター社がベンジャミン・ホルト社とC・L・ベスト・トラクター社を合わせて結成された。1935年にロバート・G・ルトゥルノーの土木機械会社が地均し機やブルドーザーの生産を始め、これが後にコマツ・ドレッサー、ホールパク事業部に発展した。ピオリア (イリノイ州) フレッシュアイペディアより)

  • 富士自動車

    富士自動車から見た小松製作所小松製作所

    1947年に日造木工株式会社として東京都に設立、1948年に東京瓦斯電気工業と合併し、富士自動車と社名変更。1955年に三輪自動車フジキャビンを発売した。変遷を経て、1973年にゼノア株式会社、1979年小松ゼノア株式会社と社名を変更している。コマツゼノア(小松ゼノア株式会社(現・コマツユーティリティ株式会社))は2002年からコマツ(株式会社小松製作所)の完全子会社となっている。富士自動車 フレッシュアイペディアより)

  • 坂根正弘

    坂根正弘から見た小松製作所小松製作所

    坂根 正弘(さかね まさひろ、1941年1月7日 - )は日本の実業家。小松製作所相談役特別顧問。広島県広島市生まれ、島根県浜田市育ち。坂根正弘 フレッシュアイペディアより)

  • 常陸那珂港

    常陸那珂港から見たコマツ小松製作所

    将来は北関東自動車道によって北関東を中心に各地へ直結され、東京湾の過密航路を避ける、関東地方における海運の拠点となることが期待されている。既にそれを見越して、コマツが2007年1月、急増する需要に対応した新工場(面積:19万平方メートル)の稼動を開始。日立建機も、常陸那珂臨港工場(面積:18万3千平方メートル)を2008年4月から稼働している。これら2社は、分解せずに大型機器を輸出できる点や陸上輸送のコストの大幅な削減が可能な点などで進出。今後も企業進出が期待されている。常陸那珂港 フレッシュアイペディアより)

  • 東京瓦斯電気工業

    東京瓦斯電気工業から見た小松製作所小松製作所

    東京瓦斯電気工業(とうきょうがすでんきこうぎょう、Tokyo Gas Electric Engineering Co.,Ltd. 、TGE)は、大正?昭和初期に鉄道車両、自動車、航空機、その他を手がけた機械製造会社。航研機を組み立てた航空機メーカーでもある。いすゞ自動車、日野自動車、ハスクバーナ・ゼノアの前身で、小松製作所やDMG森精機にも事業の一部が引き継がれている。略称瓦斯電(ガスデン)。日立航空機も参照のこと。東京瓦斯電気工業 フレッシュアイペディアより)

  • DMF11系エンジン

    DMF11系エンジンから見た小松製作所小松製作所

    元はコマツが開発した建設・産業機械用の高速エンジンSA6D125エンジンを鉄道車両用に横型化し改設計したものであり、開発設計に関わるコストが抑えられている。また、基本設計が旧いDMH17系・DMF15系と比べ各国へも輸出されている実績のあるディーゼルエンジンをベースとしており、小型高出力、低燃費、良好な始動性、排気ガス規制対応にも優れたものとなっている。採用している会社によってコマツでの機種・商品名である「SA6D125H」をそのまま使用している社もある。DMF11系エンジン フレッシュアイペディアより)

409件中 11 - 20件表示

「コマツ」のニューストピックワード