272件中 21 - 30件表示
  • 国鉄キハ40系気動車 (2代)

    国鉄キハ40系気動車 (2代)から見た小松製作所小松製作所

    形式と番台の変更を伴う改造は、キハ40形・キハ47形の座席のロングシート化による改番とキハ47形の両運転台化によるキハ41形への改形式、イベント用列車への改造に伴うもののみであるが、多くのローカル線を抱える事情から1989年度よりワンマン運転対応化改造が実施され、キハ40形の全車とキハ47形の大半に施行されている。また、1991年度から日本電装(1996年以降はデンソー)製のサブエンジン方式冷房装置AU34による冷房改造が、1995年度からエンジンをコマツ製SA6D125H-1H(換装工事実施中は旧エンジン車との併結との関係で出力を265PS/2,000rpmに制限し、換装完了後順次330PSへ引き上げ)に、液体変速機を同じくコマツ製のKTF3335A-1A(変速2段・直結3段、自動式)または新潟コンバータ製TACN-22系(変速1段・直結2段、自動式)へそれぞれ換装する工事が実施されており、どちらも全車に対して施工が、2000年度をもって完了している。国鉄キハ40系気動車 (2代) フレッシュアイペディアより)

  • 石川県

    石川県から見た小松製作所小松製作所

    建設機械では小松市を創業地とするコマツがある。建設機械の国内シェアで1位、世界シェアではキャタピラーに次いで2位を誇る。市内にはコマツの工場やその関連企業も多く、企業城下町を形成している。石川県 フレッシュアイペディアより)

  • 油圧ショベル

    油圧ショベルから見た小松製作所小松製作所

    パワーショベル : 小松製作所が商品名として用いた言葉が一般に広く普及したものである。油圧ショベル フレッシュアイペディアより)

  • 谷本歩実

    谷本歩実から見たコマツ小松製作所

    谷本 歩実(たにもと あゆみ、1981年8月4日 - )は、愛知県安城市出身の柔道家、柔道指導者。段位は四段。身長158cm。血液型はA型。現在はコマツに所属してコーチを務めている。谷本歩実 フレッシュアイペディアより)

  • 富士自動車・ガスデンミニバン

    富士自動車・ガスデンミニバンから見た小松製作所小松製作所

    富士自動車自体は小松製作所(コマツ)と業務提携し、1973年にゼノア株式会社、1979年小松ゼノア株式会社と社名を変更、現在はコマツユーティリティとして、2002年から小松製作所の完全子会社となっている。富士自動車・ガスデンミニバン フレッシュアイペディアより)

  • 富士自動車

    富士自動車から見た小松製作所小松製作所

    1947年に日造木工株式会社として東京都に設立、1948年に東京瓦斯電気工業と合併し、富士自動車と社名変更。1953年に三輪自動車フジキャビンを発売した。変遷を経て、1973年にゼノア株式会社、1979年小松ゼノア株式会社と社名を変更している。コマツゼノア(小松ゼノア株式会社(現・コマツユーティリティ株式会社))は2002年からコマツ(株式会社小松製作所)の完全子会社となっている。富士自動車 フレッシュアイペディアより)

  • 常陸那珂港

    常陸那珂港から見たコマツ小松製作所

    将来は北関東自動車道によって北関東を中心に各地へ直結され、東京湾の過密航路を避ける、関東地方における海運の拠点となることが期待されている。既にそれを見越して、コマツが2007年1月、急増する需要に対応した新工場(面積:19万平方メートル)の稼動を開始。日立建機も、常陸那珂臨港工場(面積:18万3千平方メートル)を2008年4月から稼働している。これら2社は、分解せずに大型機器を輸出できる点や陸上輸送のコストの大幅な削減が可能な点などで進出。今後も企業進出が期待されている。常陸那珂港 フレッシュアイペディアより)

  • コマツ

    コマツから見た小松製作所小松製作所

    コマツ フレッシュアイペディアより)

  • KOMATSU

    KOMATSUから見た小松製作所小松製作所

    KOMATSU フレッシュアイペディアより)

  • ウェルテクノ

    ウェルテクノから見た小松製作所小松製作所

    株式会社ウェルテクノは、建設機械の燃料タンク・作動油タンクなどを製造している。富山県富山市興人町にあり主要取引先は株式会社小松製作所・株式会社竹内製作所・石川島建機株式会社で、新規成長分野であるハイブリッド発電システムにも取り組んでいる。ウェルテクノ フレッシュアイペディアより)

272件中 21 - 30件表示