80件中 21 - 30件表示
  • 小松製作所

    小松製作所から見た東日本大震災

    船が侵入できないような浅瀬などの整地を行うための水陸両用ブルドーザである.小松製作所(コマツ)が1968年から旧建設省の指導の元で開発に着手した.操縦は陸地から無線で行い,動力は通常のエンジンであるが、吸排気用に長いパイプが上に伸びているのが特徴である.需要の低迷により1993年に製造中止したが,2013年に東日本大震災によって破損した橋脚工事の為、所有していた青木あすなろ建設はコマツに修理を依頼し,被災地での作業を行った.小松製作所 フレッシュアイペディアより)

  • 小松製作所

    小松製作所から見たチーム・ロータス

    1951年8月には本社機能を小松から東京に移転、屋上に巨大ブルドーザーがあった通称・コマツビル(1991年春に、このブルドーザーを撤去。)に移転して営業を始め、油圧ショベルやフォークリフト、ダンプトラックなどの建機製品を次々と手掛けていった。油圧ショベルは「パワーショベル」の商品名で発売されたが、この言葉は今日では油圧ショベルの一般的な呼び名として定着している。また、1990年代にはF1のチーム・ロータスおよびウィリアムズにデジタル技術やギアボックス周辺の部品の供与などを行った。小松製作所 フレッシュアイペディアより)

  • 小松製作所

    小松製作所から見た企業統治

    日本のものつくりを代表する企業の一つでもある。建設機械にとって最も重要なエンジン、トランスミッション、油圧機器、アクスル、コントローラー等の電子制御部品を全て自社開発・生産できる。2008年5月には、市販ベースの建設機械で世界初となるハイブリッド油圧ショベル「PC200-8ハイブリッド」を発表した。IR活動や企業統治にも比較的力を入れている。小松製作所 フレッシュアイペディアより)

  • 小松製作所

    小松製作所から見たコマツユーティリティ

    富士自動車(小松ゼノア(現・コマツユーティリティ及びハスクバーナ・ゼノア)の前身)小松製作所 フレッシュアイペディアより)

  • 小松製作所

    小松製作所から見たタイトー

    タイトー(かつてシミュレーションゲーム「パワーショベルに乗ろう!!」の開発協力に携わったことがある)小松製作所 フレッシュアイペディアより)

  • 小松製作所

    小松製作所から見たコーポレートアイデンティティ

    創立70周年にあたった1991年5月、社名表示と呼称がコマツになってからは新事業を続々展開、CIの導入と新たな経営戦略で立ち向かった。2003年1月、石川県出身と父・松井昌雄が以前勤めていたという縁から、プロ野球選手の松井秀喜とCMなどでライセンス契約した。ニッポン放送で日本のプロ野球シーズン中に放送されるラジオのMLBミニ情報番組「コマツ・メジャーショウアップ」を提供することとなった。(それ以前にも1996年頃よりマイク・ピアッツァ選手と契約を結んで宣伝活動を行なっていたことがある)また、70周年を記念して始められた女子柔道部の活動にも力を入れている。所属選手の谷本歩実が、2004年アテネ五輪、2008年北京五輪の2大会連続で金メダルを獲得した。(谷本選手は、2大会連続のオール一本勝ちである)小松製作所 フレッシュアイペディアより)

  • 小松製作所

    小松製作所から見た全国ラジオネットワーク

    コマツ・メジャーショウアップ(ナイターシーズンインに放送、ニッポン放送・NRN系、過去)小松製作所 フレッシュアイペディアより)

  • 小松製作所

    小松製作所から見たヴァルメット

    ヴァルメット(現コマツフォレスト)小松製作所 フレッシュアイペディアより)

  • 小松製作所

    小松製作所から見たコマツ教習所

    コマツ教習所株式会社(横浜市港北区)小松製作所 フレッシュアイペディアより)

  • 小松製作所

    小松製作所から見たコマツ産機

    コマツ産機株式会社(金沢市)小松製作所 フレッシュアイペディアより)

80件中 21 - 30件表示

「コマツ」のニューストピックワード