80件中 41 - 50件表示
  • 小松製作所

    小松製作所から見た中華人民共和国

    建設機械の日本でのシェアは1位。世界で2位。日本以外にも南北アメリカ、ヨーロッパ、CIS、中近東、アフリカ、東南アジア、オセアニア、中国にグループ企業を展開する。小松製作所 フレッシュアイペディアより)

  • 小松製作所

    小松製作所から見た小松短期大学

    小松短期大学(石川県小松市にある短期大学。2007年度より現場の中堅リーダー養成校・コマツ工業専門学院を共同運営)小松製作所 フレッシュアイペディアより)

  • 小松製作所

    小松製作所から見たTOPIX Core30

    TOPIX Core30銘柄の一社に選ばれている。アメリカにおいてニューヨーク証券取引所やNASDAQには上場していないが、米国預託証券(ADR)を発行している(証券コード:KMTUY)。小松製作所 フレッシュアイペディアより)

  • 小松製作所

    小松製作所から見た中近東

    建設機械の日本でのシェアは1位。世界で2位。日本以外にも南北アメリカ、ヨーロッパ、CIS、中近東、アフリカ、東南アジア、オセアニア、中国にグループ企業を展開する。小松製作所 フレッシュアイペディアより)

  • 小松製作所

    小松製作所から見た経営

    堅実な経営で比較的財務体質の良い会社として知られ、投資家やエコノミストからの評価は高い。好悪含めて新聞雑誌の経済欄を飾ることも多い。斜陽産業などと言われた時期もあったが、建機業界が活況を帯びていることもあって、最近では成長企業として見られている。小松製作所 フレッシュアイペディアより)

  • 小松製作所

    小松製作所から見たエコノミスト

    堅実な経営で比較的財務体質の良い会社として知られ、投資家やエコノミストからの評価は高い。好悪含めて新聞雑誌の経済欄を飾ることも多い。斜陽産業などと言われた時期もあったが、建機業界が活況を帯びていることもあって、最近では成長企業として見られている。小松製作所 フレッシュアイペディアより)

  • 小松製作所

    小松製作所から見たウィリアムズF1

    1951年8月には本社機能を小松から東京に移転、屋上に巨大ブルドーザーがあった通称・コマツビル(1991年春に、このブルドーザーを撤去。)に移転して営業を始め、油圧ショベルやフォークリフト、ダンプトラックなどの建機製品を次々と手掛けていった。油圧ショベルは「パワーショベル」の商品名で発売されたが、この言葉は今日では油圧ショベルの一般的な呼び名として定着している。また、1990年代にはF1のチーム・ロータスおよびウィリアムズにデジタル技術やギアボックス周辺の部品の供与などを行った。小松製作所 フレッシュアイペディアより)

  • 小松製作所

    小松製作所から見たトランスミッション

    日本のものつくりを代表する企業の一つでもある。建設機械にとって最も重要なエンジン、トランスミッション、油圧機器、アクスル、コントローラー等の電子制御部品を全て自社開発・生産できる。2008年5月には、市販ベースの建設機械で世界初となるハイブリッド油圧ショベル「PC200-8ハイブリッド」を発表した。IR活動や企業統治にも比較的力を入れている。小松製作所 フレッシュアイペディアより)

  • 小松製作所

    小松製作所から見た鹵獲

    1917年1月、石川県能美郡国府村(現・小松市)で銅山を経営していた竹内鉱業(吉田茂の実兄である竹内明太郎により創業)が自家用機械生産のため、同郡小松町の小松駅近傍に小松鉄工所を開設したのが始まりである。また太平洋戦争中に日本海軍が米軍のブルドーザーを鹵獲、日本でも同じものを生産可能にする為、同社に送られて実用化の研究が始まったが、これが同社とブルドーザーの関わりの始まりである(詳細は「ブルドーザー」を参照)。小松製作所 フレッシュアイペディアより)

  • 小松製作所

    小松製作所から見たものつくり

    日本のものつくりを代表する企業の一つでもある。建設機械にとって最も重要なエンジン、トランスミッション、油圧機器、アクスル、コントローラー等の電子制御部品を全て自社開発・生産できる。2008年5月には、市販ベースの建設機械で世界初となるハイブリッド油圧ショベル「PC200-8ハイブリッド」を発表した。IR活動や企業統治にも比較的力を入れている。小松製作所 フレッシュアイペディアより)

80件中 41 - 50件表示