前へ 1 2 3 4
33件中 1 - 10件表示
  • オオトカゲ科

    オオトカゲ科から見たコモドオオトカゲコモドオオトカゲ

    最長種はハナブトオオトカゲで元になった個体の標本および計測記録そのものが行方不明だが全長475cmの記録がある。最大種はハナブトオオトカゲと全長が同じ場合は、体重がより重いとされるコモドオオトカゲで最大全長313cm、体重166kg。最小種はV. brevicaudaで、最大でも全長20cmほど。オオトカゲ科 フレッシュアイペディアより)

  • トカゲ

    トカゲから見たコモドオオトカゲコモドオオトカゲ

    最長種はハナブトオオトカゲで最大全長475cm(最大種はコモドオオトカゲとされる)。最小種はミクロヒメカメレオンで、体長は最大でおよそ29mm程度。トカゲ フレッシュアイペディアより)

  • イモト アヤコ

    イモトアヤコから見たコモドドラゴンコモドオオトカゲ

    『世界の果てまでイッテQ!』の珍獣ハンターの企画で一躍注目を浴びる。イモトの父は娘がコモドドラゴンに追いかけられているのをテレビで見て初めて芸人になったことを知った。芸人になることに反対だった父は「鳥取に帰って来い!」と叱責したという。しかし後に両親は芸人という職業を受け入れており、イモトが掲載された雑誌などの切り抜きを集めている。イモトアヤコ フレッシュアイペディアより)

  • コモドドラゴン

    コモドドラゴンから見たコモドオオトカゲコモドオオトカゲ

    コモドドラゴン フレッシュアイペディアより)

  • 高田榮一

    高田榮一から見たコモドオオトカゲコモドオオトカゲ

    1960年ごろ、爬虫類研究のために、東京・根津の自宅に「高田爬虫類研究所」(爬虫類友の会/高田爬虫類研究所/高田動物生態研究所)を創設。日本人専門家として初のコモド島調査を成功させ、コモドオオトカゲの紹介に尽くし、マダガスカルではマダガスカル・ボアやカメレオンの生態を調査する。高田榮一 フレッシュアイペディアより)

  • 真・異種格闘大戦

    真・異種格闘大戦から見たコモドオオトカゲコモドオオトカゲ

    ブッドゥー(コモドオオトカゲ)444cm 222kg真・異種格闘大戦 フレッシュアイペディアより)

  • レベル (模型メーカー)

    レベル (模型メーカー)から見たコモドオオトカゲコモドオオトカゲ

    1985年にイマイ、アリイおよびタカラからのOEMによるマクロス、オーガス、ダグラムのキットを組み合わせた、ロボテックシリーズを発売している。1985年には映画デューン/砂の惑星に登場するメカやモンスター、1998年にはジュラシックパークに登場する恐竜などのキットを発売している。また1974年にはオーロラの恐竜シリーズと同様のスタイルで、ゴリラやコモドドラゴンのような絶滅危惧動物のキットを発売している。レベル (模型メーカー) フレッシュアイペディアより)

  • ドクトカゲ科

    ドクトカゲ科から見たコモドオオトカゲコモドオオトカゲ

    有鱗目トカゲ亜目で本科の構成種のみ毒を持つとされてきた(しかしコモドオオトカゲなど、近縁のオオトカゲ科の種も広範に毒を持つとする説がある)。ドクトカゲ科 フレッシュアイペディアより)

  • リンチャ島

    リンチャ島から見たコモドオオトカゲコモドオオトカゲ

    リンチャ島(RincaまたはRincah)は、インドネシアの小スンダ列島にある島である。コモド島の近くにあり、東にはフローレス島がある。行政的には東ヌサ・トゥンガラ州に属する。コモドオオトカゲで生息することで有名で、他に野生の豚や牛、鳥類などが生息する。フローレス島のラブハンバジョより小船で到着することができ、日帰りもできる。リンチャ島 フレッシュアイペディアより)

  • コモド島

    コモド島から見たコモドオオトカゲコモドオオトカゲ

    コモド島はコモド国立公園の一部となっている。野生のコモドオオトカゲが生息することで特に知られており、ダイビングでも人気がある。また島には古い囚人の施設があり、数多くの観光客が訪れる。コモド島 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4
33件中 1 - 10件表示