49件中 11 - 20件表示
  • チェリーヒル (ニュージャージー州)

    チェリーヒル (ニュージャージー州)から見たコモドオオトカゲコモドオオトカゲ

    1990年の映画『ドン・サバティーニ』で、登場人物のクラーク・ケロッグ(俳優はマシュー・ブロデリック)コモドオオトカゲを配達するためにチェリーヒルに派遣されるチェリーヒル (ニュージャージー州) フレッシュアイペディアより)

  • ポリロ島

    ポリロ島から見たコモドオオトカゲコモドオオトカゲ

    コモドオオトカゲと同じくオオトカゲ科に属しているグレイオオトカゲが生息する。また、ヒムネバトも生息している。ポリロ島 フレッシュアイペディアより)

  • 電波少年INTERNATIONAL

    電波少年INTERNATIONALから見たコモドドラゴンコモドオオトカゲ

    ライオン(アフリカ)、熊(カナダ)、ワニ(オーストラリア)、マウンテンゴリラ(アフリカ)、コモドドラゴン(ジャカルタ)とシリーズ化した。松村がハリセンを持って立ち向かうのだが、追いかけられたり至近距離に接近したり危険な目にあって戦意喪失して終わるのが定番であった。コモドドラゴンのロケでは、コモドドラゴンに追いかけられ死の恐怖を味わったうえ〆谷ディレクターの方へ逃げたことでディレクターにも本気で怒られるなど散々なロケだったようで、様々な危険なロケを経験してきた松村でさえ一番きついロケだったと回顧している。電波少年INTERNATIONAL フレッシュアイペディアより)

  • フローレス島 (インドネシア)

    フローレス島 (インドネシア)から見たコモドオオトカゲコモドオオトカゲ

    島の西部にはコモドオオトカゲが生息している。また、固有種として、フローレス大ネズミも生息している。フローレス島 (インドネシア) フレッシュアイペディアより)

  • コモド島

    コモド島から見たコモドオオトカゲコモドオオトカゲ

    面積は 390 km、人口は約 2000 人。島の住民は、島に追放された元囚人の子孫や、スラウェシ島から来たブギス族との混血で構成されている。住民の多くはイスラム教徒で、キリスト教徒やヒンズー教徒は少数である。コモド島はコモド国立公園の一部となっている。野生のコモドオオトカゲが生息することで特に知られており、ダイビングでも人気がある。また島には古い囚人の施設があり、数多くの観光客が訪れる。コモド島 フレッシュアイペディアより)

  • Far Cry 3

    Far Cry 3から見たコモドオオトカゲコモドオオトカゲ

    コモドオオトカゲ、クロコダイル、ガラパゴスゾウガメ、ウミガメ、ヘビ、トカゲ、ブラッドコモド、アルビノクロコダイルFar Cry 3 フレッシュアイペディアより)

  • コモド国立公園

    コモド国立公園から見たコモドオオトカゲコモドオオトカゲ

    コモド国立公園は、小スンダ列島に位置し主要な3島のコモド島、リンチャ島、パダール島を含む、173.5km2の面積を有する公園である。世界最大のトカゲであるコモドオオトカゲが棲息していることで有名である。コモドオオトカゲは肉食性であり、普段は大人しいとされるが時に人間の様な大型哺乳動物を襲うこともある。西洋人が1911年に発見した時は、恐竜の生き残りと思われた。また、イルカやウミガメなどの他の希少生物も棲息している。コモド国立公園 フレッシュアイペディアより)

  • 猛獣

    猛獣から見たコモドオオトカゲコモドオオトカゲ

    「獣」とは(ヒト以外の)哺乳類ということであるが、場合によってはワニ、コモドオオトカゲ、大きなヘビといった爬虫類を含めることもある猛獣 フレッシュアイペディアより)

  • 腐肉

    腐肉から見たコモドドラゴンコモドオオトカゲ

    腐肉は生態系において、様々な肉食動物や雑食動物の重要な食料源である。腐肉食を行う動物の例としては、ハゲワシ、タカ、ワシ、ハイエナ、キタオポッサム、タスマニアデビル、コヨーテ、コモドドラゴン、シデムシなどがいる。シデムシのような多くの無脊椎動物はクロバエやニクバエの幼虫である蛆と同様に腐肉を食料源とし、動物に残留する窒素や炭素を再利用可能にする重要な役割を果たしている。腐肉 フレッシュアイペディアより)

  • アクロン (オハイオ州)

    アクロン (オハイオ州)から見たコモドオオトカゲコモドオオトカゲ

    ダウンタウンから州道59号線を隔てたすぐ西側にはアクロン動物園が立地している。同園は1900年に市の創設者の1人であるサイモン・パーキンスの子孫、ジョージ・パーキンスおよびアン・パーキンスが寄付した79エーカー(320,000m2)の土地で、寄贈された2匹のヒグマを飼育したことに始まった。やがて同園は時代が下るにつれて敷地を広げ、サル、ジャガー、ワシ、レッサーパンダ、スマトラトラ、ライオン、フンボルトペンギン、ユキヒョウ、コモドオオトカゲ、ガラパゴスゾウガメ、ハイイログマといった具合に飼育する動物の種を増やし、「トラの谷」、「野生の伝説」、「コモド王国」といったテーマ化を進めていった。また、園内にはクラゲやタコなどを飼育する、「礁への旅」と名付けられた水族館や、地元オハイオ州の花木を植えた庭園もある。アクロン (オハイオ州) フレッシュアイペディアより)

49件中 11 - 20件表示

「コモドオオトカゲ」のニューストピックワード