33件中 11 - 20件表示
  • 猛獣

    猛獣から見たコモドオオトカゲコモドオオトカゲ

    「獣」とは(ヒト以外の)哺乳類ということであるが、場合によってはワニ、コモドオオトカゲ、大きなヘビといった爬虫類を含めることもある猛獣 フレッシュアイペディアより)

  • ダグラス・アダムズ

    ダグラス・アダムズから見たコモドドラゴンコモドオオトカゲ

    アダムズは環境保護活動家でもあり、いくつかの絶滅危惧種の保護活動を行っていた。例えば、ノンフィクションのラジオ番組 Last Chance to See では動物学者 Mark Carwardine と共にフクロウオウムやヨウスコウカワイルカといった希少種を見に行き、1990年には同名の本も出版している。アイアイやコモドドラゴン、ゴリラ、サイなどの現状と保護を現地取材して述べており、この書籍とBBCの4シリーズに基づくCD2枚組が The Voyager Company として1992年に出ている。ダグラス・アダムズ フレッシュアイペディアより)

  • フローレス島 (インドネシア)

    フローレス島 (インドネシア)から見たコモドオオトカゲコモドオオトカゲ

    クリムトゥ山(ケリムトゥ山とも書かれる)、エゴン山、エブロボ山、レウォトビ山、レロボレン山、イリムダ山などの火山がある。エゴン山は有史以来噴火のない火山であったが、2008年4月15日に噴火した。1992年12月12日に、マグニチュード7.8を記録する地震が起こり、マウメレで2,000人が死亡している。島の西部にはコモドオオトカゲが生息している。また、固有種として、フローレス大ネズミも生息している。2003年、ヒト属の新種ではないかとされる身長1mほどのホモ・フローレシエンシスの骨が発見され、翌年の公表以降話題を呼んだ。フローレス島 (インドネシア) フレッシュアイペディアより)

  • ラブハンバジョ

    ラブハンバジョから見たコモドオオトカゲコモドオオトカゲ

    ラブハンバジョ () は、インドネシア、東ヌサ・トゥンガラ州、フローレス島 (インドネシア)の最西端の港町。ラブアンバジョ(Labuanbajo|とも書く。西マンガライ県の県都。インドネシア語で、バジャウ人(BajoまたはBaja)の港(Labuhan)という意。バジャ人とは、舟で一生を過ごす漂海民のこと。周辺の漁師はバジャウ人の血が流れているといわれている。コモドオオトカゲの生息するコモド島、リンチャ島への船が出ており、その中継点となり空港(コモド空港)もある。付近の海には、ジンベイザメが生息し、ダイビングのポイントとなっている。ラブハンバジョ フレッシュアイペディアより)

  • シェッド水族館

    シェッド水族館から見たコモドオオトカゲコモドオオトカゲ

    「Lizards and the Komodo King」(2008年夏) - 「ファウスト」と名づけられたコモドオオトカゲを展示。シェッド水族館 フレッシュアイペディアより)

  • 晴れのちシンデレラ

    晴れのちシンデレラから見たコモドドラゴンコモドオオトカゲ

    お気に入りの後輩がいないということが学内で噂になっていたが、自身が主催した茶会に晴と伊織を参加させた後、晴に「私の宝石姫」というあだ名をつけ、お気に入りであることを公言した。コモドドラゴンが好き、共に世界を革命しようと晴に誘いかけるなど、性格は個性的。真偽の定かでない逸話がいくつもある。晴れのちシンデレラ フレッシュアイペディアより)

  • ドン・サバティーニ

    ドン・サバティーニから見たコモドオオトカゲコモドオオトカゲ

    渋々この仕事を引き受けたクラークは、ある日サバティーニから、空港である荷物を受け取る仕事を任される。なんとか仕事を無事に終わらせたクラークだったが、なんと荷物の中は絶滅危惧種に指定されている「コモドオオトカゲ」であり、あろうことかサバティーニはそれを食べてしまおうというのだ。この秘密を知ったクラークは、とんでもない事件に巻き込まれる。ドン・サバティーニ フレッシュアイペディアより)

  • サンディエゴ動物園

    サンディエゴ動物園から見たコモドドラゴンコモドオオトカゲ

    主な飼育動物 - コブラ、アメリカドクトカゲ、コモドドラゴンサンディエゴ動物園 フレッシュアイペディアより)

  • 有鱗目 (爬虫類)

    有鱗目 (爬虫類)から見たコモドオオトカゲコモドオオトカゲ

    トカゲ亜目 Lacertilia Owen, 1842:20もの科とおよそ4500以上の種を含む爬虫類中最大のグループ。有鱗目の祖先的グループであり、他の2亜目はトカゲ亜目から進化した。全長3mを超す肉食性のコモドオオトカゲなどもいるが、基本的には小型の虫食性動物が多い。ミミズトカゲを亜目として分けない場合は、トカゲ亜目の下に多数存在する下目の一つとして分類される。詳細はトカゲを参照。有鱗目 (爬虫類) フレッシュアイペディアより)

  • ヴァラヌス・ビタタワ

    ヴァラヌス・ビタタワから見たコモドオオトカゲコモドオオトカゲ

    コモドオオトカゲなどと同じオオトカゲ科だが、肉食のコモドオオトカゲと違い進化の過程で草食化した。ヴァラヌス・ビタタワ フレッシュアイペディアより)

33件中 11 - 20件表示