33件中 21 - 30件表示
  • タカマガハラ (漫画)

    タカマガハラ (漫画)から見たコモドドラゴンコモドオオトカゲ

    大木の下でパシらされていた不良。全員、坊主頭に神業の頭文字を模した剃りこみを入れている。コモドドラゴンやサーベルタイガーといった猛獣に変身する者、火を噴く者、巨大なハンマーや鎌やスパナやボウリングの玉を武器に使う者、釘バットを使用し床に釘を生やす者など数多の直接攻撃系能力者が控えている。作中では札付悪(フダツキノワル)というお札を武器にして戦う不良のみ、神業名が明かされた。タカマガハラ (漫画) フレッシュアイペディアより)

  • アロサウルス

    アロサウルスから見たコモドオオトカゲコモドオオトカゲ

    21世紀初頭の研究によれば、アロサウルスを含む獣脚類は他の双弓類と同じように種内の別の個体と共同することはなく、大抵は互いにライバル関係にあったと推測されている。また、自分より大型の動物に対して仲間同士で狩りを行うことは脊椎動物全体を見渡しても稀なことで、実際にトカゲ・ワニ・鳥のような現生の双弓類が共同で狩りを行うことはほとんどないことを強調する論文もある。現生の双弓類はテリトリーを侵すものを殺すことさえあり、たとえそれが子供の個体であっても自分の餌場に侵入すれば同じように扱う。これはクリーブランド・ロイド発掘地でアロサウルスの個体が多く発見されたことの証左となりうる事実でもあり、活動できなくなったり死亡したりして空きとなったアロサウルスのテリトリーに餌を求めて他の個体が集まり、お互いに殺しあったというシナリオを想定することもできる。また現生のワニやコモドオオトカゲのようにテリトリー侵犯で死亡する幼体が多いとすれば、発見されたアロサウルスの化石に幼体や未成体のものが多かったことも説明できる。同様の解釈はバッカーの巣穴形成説の端緒となった発掘地(Bakker's lair sites)における出土状況にも適用されている。共食いが行われていた場合もあるようで、アロサウルスの肋骨から他の個体の歯の化石が発見されたり、肩甲骨に他の個体の歯の跡らしきものが残っていた例がある。またバッカーの発掘地からは共食いされたアロサウルスの骨が見つかっている。アロサウルス フレッシュアイペディアより)

  • ハナブトオオトカゲ

    ハナブトオオトカゲから見たコモドオオトカゲコモドオオトカゲ

    最大全長475cmに達するとされるトカゲ亜目最長種(全長が同じならばコモドオオトカゲの方が体重は重いとされる)。平均全長は250cmほどとされる。和名の通り吻端は太く、丸みを帯びる。尾は非常に長く、全長の3分の2以上を占める。体色は黒で、黄色い斑点が全身に入る。ハナブトオオトカゲ フレッシュアイペディアより)

  • 札幌市円山動物園

    札幌市円山動物園から見たコモドオオトカゲコモドオオトカゲ

    インドネシア「タマン・サファリ」よりコモドオオトカゲ2匹を借り受け展示。展示は国内唯一となる。札幌市円山動物園 フレッシュアイペディアより)

  • 恩賜上野動物園

    恩賜上野動物園から見たコモドオオトカゲコモドオオトカゲ

    主な動物 - ガラパゴスゾウガメ、イリエワニ、マレーガビアル、コモドオオトカゲ、アミメニシキヘビ、オオサンショウウオ、モリアオガエル等恩賜上野動物園 フレッシュアイペディアより)

  • 進め!電波少年

    進め!電波少年から見たコモドドラゴンコモドオオトカゲ

    電波少年INTERNATIONALではターゲットは動物。ライオン(アフリカ)、熊(カナダ)、ワニ(オーストラリア)、マウンテンゴリラ(アフリカ)、コモドドラゴン(ジャカルタ)とシリーズ化した。松村がハリセンを持って立ち向かうのだが、追いかけられたり至近距離に接近したり危険な目にあって戦意喪失して終わるのが定番であった。コモドドラゴンのロケでは、コモドドラゴンに追いかけられ死の恐怖を味わったうえ〆谷ディレクターの方へ逃げたことでディレクターにも本気で怒られるなど散々なロケだったようで、様々な危険なロケを経験してきた松村でさえ一番きついロケだったと回顧している。進め!電波少年 フレッシュアイペディアより)

  • GODZILLA

    GODZILLAから見たコモドオオトカゲコモドオオトカゲ

    動き・姿勢なども含め、映画『ジュラシック・パーク』シリーズに登場するティラノサウルスに似ているという指摘がある。日本版第1作と本作のゴジラは共に製作時点における恐竜の復元図を元にしているが、恐竜研究の進歩に伴い復元図も大きく変化しており、両者のデザインが大きく異なった要因の一つとなっている。小説版および『ゴジラ FINAL WARS』のパンフレットでは「ワニに似た怪獣」と明記されている。小説版の説明によれば複数の遺伝子が入り混じった雑種の突然変異体であり、その中でもワニが色濃く反映されているとする(産卵に関してもタトプロスはワニに例えている)。これ以外にもコモドオオトカゲ、さらには鳥類の特徴も備えていると語られている。またカメレオンのように体色を変化させる事が出来るとも説明され、ビル群の中ではダークグレイ気味の体色となっている(“ビルの配色に溶け込むゴジラ”を映像化する予定もあったが中止された)。GODZILLA フレッシュアイペディアより)

  • タカアンドトシ

    タカアンドトシから見たコモドオオトカゲコモドオオトカゲ

    また中盤から終盤まではモジったツッコミボケをする(「子供か!」のツッコミに対して「衣か!」や「児玉か!」「コモドか!」など)。この形式でのネタを作る際は、ツッコミのフレーズ(「○○か!」の○○の部分)を先に作ってから、それに合ったボケを付けるという形をとっている。タカアンドトシ フレッシュアイペディアより)

  • コモド国立公園

    コモド国立公園から見たコモドオオトカゲコモドオオトカゲ

    コモド国立公園は、小スンダ列島に位置し主要な3島のコモド島、リンチャ島、パダール島を含む、173.5km²の面積を有する公園である。世界最大のトカゲであるコモドオオトカゲが棲息していることで有名である。コモドオオトカゲは肉食性であり、普段は大人しいとされるが時に人間の様な大型哺乳動物を襲うこともある。西洋人が1911年に発見した時は、恐竜の生き残りと思われた。また、イルカやウミガメなどの他の希少生物も棲息している。コモド国立公園 フレッシュアイペディアより)

  • ゴジラ ザ・シリーズ

    ゴジラ ザ・シリーズから見たコモドオオトカゲコモドオオトカゲ

    コモドオオトカゲが突然変異した巨大怪獣で、性別は雌。口からはゴジラの熱属性のパワーブレスと逆の冷気属性のパワーブレスを放つ。ゴジラに近い種族であり、ニック達を助けるために来たゴジラと島で出会い恋に落ち、卵を授かる。しかし、ニックとオードリーを助ける為に現れた米軍のミサイル攻撃を受け、さらに襲撃してきたジャイアントタートルの攻撃を受けて一度はダウンする。その後、ゴジラを助けるべく再び立ちあがり怪力でジャインアトタートルを圧倒、崖から叩き落とすが、道連れにされてしまい卵もろとも転落死する。身長はゴジラよりも大きいが背鰭が無く、戦闘能力もゴジラを上回る。ゴジラ ザ・シリーズ フレッシュアイペディアより)

33件中 21 - 30件表示