56件中 31 - 40件表示
  • コモドオオトカゲ

    コモドオオトカゲから見た体重

    最大全長313センチメートル(セントルイス動物園の飼育個体)。頭胴長70 - 130センチメートル。最大体重166キログラム。全長約250センチメートルの個体で平均体重47キログラムという計測例があるが、食物が体内にあるかどうかで変動が非常に大きい。全長200-300cm、体重約70kg。頑丈な体型をしており、メスよりもオスの方が大型になる。最大全長はハナブトオオトカゲの方が大型だが、本種の方が尾の比率が短く(本種は尾長が頭胴長よりやや短いが、ハナブトオオトカゲは尾長が頭胴長の約2倍)体重が重い。分布域には数万年前まで肩高150センチメートルのゾウが分布していたため、それらを捕食するために大型化したとする説もある。体色は暗灰色で、頸部や背面では褐色を帯びる個体もいる。コモドオオトカゲ フレッシュアイペディアより)

  • コモドオオトカゲ

    コモドオオトカゲから見たメルボルン大学

    しかし、メルボルン大学のブライアン・フライらは、この説は誤りで、コモドオオトカゲは獲物の血液の凝固を阻害し、失血によるショック状態を引き起こす毒(ヘモトキシン)を持っているとの研究成果を発表した。毒は、ノコギリ状の歯で噛み付いて引っ張るような動作により、歯の間にある複数の毒管から流し込まれる。これは、毒の注入に特化した結果、牙としての強度や殺傷力が弱まってしまった毒蛇などと異なり、歯自体の強度と殺傷能力を保ったまま毒の注入を可能とする構造であると推測されている。コモドオオトカゲ フレッシュアイペディアより)

  • コモドオオトカゲ

    コモドオオトカゲから見たウミガメ科

    主にイノシシやシカ・野生化したスイギュウ・ヤギなどのウシ科などの大型哺乳類を食べるが、齧歯類・コウモリ・サル・ジャコウネコ類などの哺乳類、鳥類やその卵、クサリヘビ科・コブラ科・ウミガメ科などの爬虫類、ワニの卵や幼体、動物の死骸なども食べる。幼体は昆虫やヤモリ類などを食べる。獲物を待ち伏せ、通りかかった獲物を捕食する。コモドオオトカゲ フレッシュアイペディアより)

  • コモドオオトカゲ

    コモドオオトカゲから見た鳥類

    主にイノシシやシカ・野生化したスイギュウ・ヤギなどのウシ科などの大型哺乳類を食べるが、齧歯類・コウモリ・サル・ジャコウネコ類などの哺乳類、鳥類やその卵、クサリヘビ科・コブラ科・ウミガメ科などの爬虫類、ワニの卵や幼体、動物の死骸なども食べる。幼体は昆虫やヤモリ類などを食べる。獲物を待ち伏せ、通りかかった獲物を捕食する。コモドオオトカゲ フレッシュアイペディアより)

  • コモドオオトカゲ

    コモドオオトカゲから見たフローレス島 (インドネシア)

    インドネシア(ギリダサミ島、ギリモタン島、コモド島、フローレス島南部、リンチャ島)コモドオオトカゲ フレッシュアイペディアより)

  • コモドオオトカゲ

    コモドオオトカゲから見たハナブトオオトカゲ

    最大全長313センチメートル(セントルイス動物園の飼育個体)。頭胴長70 - 130センチメートル。最大体重166キログラム。全長約250センチメートルの個体で平均体重47キログラムという計測例があるが、食物が体内にあるかどうかで変動が非常に大きい。全長200-300cm、体重約70kg。頑丈な体型をしており、メスよりもオスの方が大型になる。最大全長はハナブトオオトカゲの方が大型だが、本種の方が尾の比率が短く(本種は尾長が頭胴長よりやや短いが、ハナブトオオトカゲは尾長が頭胴長の約2倍)体重が重い。分布域には数万年前まで肩高150センチメートルのゾウが分布していたため、それらを捕食するために大型化したとする説もある。体色は暗灰色で、頸部や背面では褐色を帯びる個体もいる。コモドオオトカゲ フレッシュアイペディアより)

  • コモドオオトカゲ

    コモドオオトカゲから見た有鱗目 (爬虫類)

    コモドオオトカゲ (Varanus komodoensis) は、有鱗目オオトカゲ科オオトカゲ属に分類されるトカゲ。コモドドラゴンとも呼ばれる。コモドオオトカゲ フレッシュアイペディアより)

  • コモドオオトカゲ

    コモドオオトカゲから見たネイチャー

    2006年12月21日付けの英科学誌ネイチャーに、イギリスの二つの動物園で雌が、雄との交尾なしで卵を産み、このうちの一カ所では子が孵ったと発表された。トカゲ類の中には雌単独の単為生殖を行う種もあるが、コモドオオトカゲで確認されたのは初めてとなる。コモドオオトカゲ フレッシュアイペディアより)

  • コモドオオトカゲ

    コモドオオトカゲから見た

    2006年12月21日付けの英科学誌ネイチャーに、イギリスの二つの動物園でが、雄との交尾なしで卵を産み、このうちの一カ所では子が孵ったと発表された。トカゲ類の中には雌単独の単為生殖を行う種もあるが、コモドオオトカゲで確認されたのは初めてとなる。コモドオオトカゲ フレッシュアイペディアより)

  • コモドオオトカゲ

    コモドオオトカゲから見た失血

    しかし、メルボルン大学のブライアン・フライらは、この説は誤りで、コモドオオトカゲは獲物の血液の凝固を阻害し、失血によるショック状態を引き起こす毒(ヘモトキシン)を持っているとの研究成果を発表した。毒は、ノコギリ状の歯で噛み付いて引っ張るような動作により、歯の間にある複数の毒管から流し込まれる。これは、毒の注入に特化した結果、牙としての強度や殺傷力が弱まってしまった毒蛇などと異なり、歯自体の強度と殺傷能力を保ったまま毒の注入を可能とする構造であると推測されている。コモドオオトカゲ フレッシュアイペディアより)

56件中 31 - 40件表示

「コモドオオトカゲ」のニューストピックワード