56件中 41 - 50件表示
  • コモドオオトカゲ

    コモドオオトカゲから見た毒蛇

    しかし、メルボルン大学のブライアン・フライらは、この説は誤りで、コモドオオトカゲは獲物の血液の凝固を阻害し、失血によるショック状態を引き起こす毒(ヘモトキシン)を持っているとの研究成果を発表した。毒は、ノコギリ状の歯で噛み付いて引っ張るような動作により、歯の間にある複数の毒管から流し込まれる。これは、毒の注入に特化した結果、牙としての強度や殺傷力が弱まってしまった毒蛇などと異なり、歯自体の強度と殺傷能力を保ったまま毒の注入を可能とする構造であると推測されている。コモドオオトカゲ フレッシュアイペディアより)

  • コモドオオトカゲ

    コモドオオトカゲから見たシカ科

    主にイノシシやシカ・野生化したスイギュウ・ヤギなどのウシ科などの大型哺乳類を食べるが、齧歯類・コウモリ・サル・ジャコウネコ類などの哺乳類、鳥類やその卵、クサリヘビ科・コブラ科・ウミガメ科などの爬虫類、ワニの卵や幼体、動物の死骸なども食べる。幼体は昆虫やヤモリ類などを食べる。獲物を待ち伏せ、通りかかった獲物を捕食する。コモドオオトカゲ フレッシュアイペディアより)

  • コモドオオトカゲ

    コモドオオトカゲから見た王女

    ある王女が双子の子供を生んだ。一人は人間の男の子でGerong(オラン)、もう片方はコモドオオトカゲの女の子でOrah(オラ)と言った。生まれた時にその兄妹は別れた。数年後のある日、成長したGerongは、森で巨大なトカゲに遭遇する。Gerongがトカゲを殺そうとしたちょうどその時、実の母親である王女が現れ、二人が兄妹であったことをGerongに明かした。コモドオオトカゲ フレッシュアイペディアより)

  • コモドオオトカゲ

    コモドオオトカゲから見た齧歯目

    主にイノシシやシカ・野生化したスイギュウ・ヤギなどのウシ科などの大型哺乳類を食べるが、齧歯類・コウモリ・サル・ジャコウネコ類などの哺乳類、鳥類やその卵、クサリヘビ科・コブラ科・ウミガメ科などの爬虫類、ワニの卵や幼体、動物の死骸なども食べる。幼体は昆虫やヤモリ類などを食べる。獲物を待ち伏せ、通りかかった獲物を捕食する。コモドオオトカゲ フレッシュアイペディアより)

  • コモドオオトカゲ

    コモドオオトカゲから見た特定動物

    一方で1974年に成人男性が襲われ食べられた記録がある。コモド国立公園によると1974年以降30人がコモドオオトカゲにかまれ、うち5人が死亡している。。家畜が襲撃された例もある。日本ではヴァラヌス・コモドエンスィスとして特定動物に指定されている。コモドオオトカゲ フレッシュアイペディアより)

  • コモドオオトカゲ

    コモドオオトカゲから見たインドネシア

    インドネシア(ギリダサミ島、ギリモタン島、コモド島、フローレス島南部、リンチャ島)コモドオオトカゲ フレッシュアイペディアより)

  • コモドオオトカゲ

    コモドオオトカゲから見た哺乳類

    主にイノシシやシカ・野生化したスイギュウ・ヤギなどのウシ科などの大型哺乳類を食べるが、齧歯類・コウモリ・サル・ジャコウネコ類などの哺乳類、鳥類やその卵、クサリヘビ科・コブラ科・ウミガメ科などの爬虫類、ワニの卵や幼体、動物の死骸なども食べる。幼体は昆虫やヤモリ類などを食べる。獲物を待ち伏せ、通りかかった獲物を捕食する。コモドオオトカゲ フレッシュアイペディアより)

  • コモドオオトカゲ

    コモドオオトカゲから見たウシ科

    主にイノシシやシカ・野生化したスイギュウ・ヤギなどのウシ科などの大型哺乳類を食べるが、齧歯類・コウモリ・サル・ジャコウネコ類などの哺乳類、鳥類やその卵、クサリヘビ科・コブラ科・ウミガメ科などの爬虫類、ワニの卵や幼体、動物の死骸なども食べる。幼体は昆虫やヤモリ類などを食べる。獲物を待ち伏せ、通りかかった獲物を捕食する。コモドオオトカゲ フレッシュアイペディアより)

  • コモドオオトカゲ

    コモドオオトカゲから見た侍従武官

    1942年(昭和17年)10月30日、捕獲された2匹が日本海軍より昭和天皇と香淳皇后に献上される。当時侍従武官だった城英一郎海軍大佐は、天皇の反応について以下のように記録した。コモドオオトカゲ フレッシュアイペディアより)

  • コモドオオトカゲ

    コモドオオトカゲから見た日光浴

    乾燥した落葉樹林やサバンナ・雨期にのみ水がある河辺林などに生息する。幼体は樹上棲傾向が強い、成体も大型個体を除けば木に登ることもある。薄明時から日光浴を行って体温を上げてから活動する。水中を泳ぐこともあり、450メートルの距離を泳いだり水深4メートルまで潜水した例もある。全長75センチメートル以下の個体は主に樹洞や樹皮の下などを巣穴とし、全長75 - 150センチメートル以下の個体は地表の穴も利用するようになり、全長150センチメートル以上の個体は自分で掘ったりイノシシ類やジャコウネコ類の古巣を巣穴として利用する。外敵に襲われると噛みついたり、尾を打ちつけて応戦する。コモドオオトカゲ フレッシュアイペディアより)

56件中 41 - 50件表示

「コモドオオトカゲ」のニューストピックワード