1 2 3 4 5 6 次へ
56件中 51 - 56件表示
  • コモドオオトカゲ

    コモドオオトカゲから見たオオトカゲ科

    コモドオオトカゲ (Varanus komodoensis) は、有鱗目オオトカゲ科オオトカゲ属に分類されるトカゲ。コモドドラゴンとも呼ばれる。コモドオオトカゲ フレッシュアイペディアより)

  • コモドオオトカゲ

    コモドオオトカゲから見た落葉樹林

    乾燥した落葉樹林やサバンナ・雨期にのみ水がある河辺林などに生息する。幼体は樹上棲傾向が強い、成体も大型個体を除けば木に登ることもある。薄明時から日光浴を行って体温を上げてから活動する。水中を泳ぐこともあり、450メートルの距離を泳いだり水深4メートルまで潜水した例もある。全長75センチメートル以下の個体は主に樹洞や樹皮の下などを巣穴とし、全長75 - 150センチメートル以下の個体は地表の穴も利用するようになり、全長150センチメートル以上の個体は自分で掘ったりイノシシ類やジャコウネコ類の古巣を巣穴として利用する。外敵に襲われると噛みついたり、尾を打ちつけて応戦する。コモドオオトカゲ フレッシュアイペディアより)

  • コモドオオトカゲ

    コモドオオトカゲから見た敗血症

    口中には食べ残しを栄養とする7種類以上の腐敗菌が増殖しており、噛み付かれた獲物は敗血症を発症して死亡すると長年考えられてきた。コモドオオトカゲ フレッシュアイペディアより)

  • コモドオオトカゲ

    コモドオオトカゲから見た単為生殖

    2006年12月21日付けの英科学誌ネイチャーに、イギリスの二つの動物園で雌が、雄との交尾なしで卵を産み、このうちの一カ所では子が孵ったと発表された。トカゲ類の中には雌単独の単為生殖を行う種もあるが、コモドオオトカゲで確認されたのは初めてとなる。コモドオオトカゲ フレッシュアイペディアより)

  • コモドオオトカゲ

    コモドオオトカゲから見たリンチャ島

    インドネシア(ギリダサミ島、ギリモタン島、コモド島、フローレス島南部、リンチャ島コモドオオトカゲ フレッシュアイペディアより)

  • コモドオオトカゲ

    コモドオオトカゲから見た東京都

    恩賜上野動物園(東京都):1995年11月 - 2008年4月1日(返却済み)コモドオオトカゲ フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 5 6 次へ
56件中 51 - 56件表示

「コモドオオトカゲ」のニューストピックワード