コラーゲン ニュース&Wiki etc.

コラーゲン(、)は、主に脊椎動物の真皮、靱帯、腱、骨、軟骨などを構成するタンパク質のひとつ。多細胞動物の細胞外基質(細胞外マトリクス)の主成分である。体内に存在しているコラーゲンの総量は、ヒトでは、全タンパク質のほぼ30%を占める程多い。また、コラーゲンは体内で働くだけでなく人間生活に様々に利用されている。ゼラチンはコラ… (出典:Wikipedia)

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「コラーゲン」のつながり調べ

  • 皮膚

    皮膚から見たコラーゲン

    表皮の下層にある真皮は中胚葉由来であり、表皮との接触面である凸凹した乳頭層(真皮乳頭)と、その下の網状層に分けられる。網状層は皮下組織と明瞭な境界を持たず、密なコラーゲン繊維の結合体の中に弾性繊維が網状に分布し、皮膚本体に強靭さを与える。動物の皮革繊維はこのコラーゲン繊維部分に防腐処理や柔軟化を施したものである。コラーゲンの種類は、成人の場合I型がIII型の3倍程度あるが、15週前後の新生児では、III型の方が多い。また、水分を維持する糖類の一種ヒアルロン酸も含まれる。(皮膚 フレッシュアイペディアより)

  • 豚足

    豚足から見たコラーゲン

    肉質の部分は少なく、大部分が皮と筋、軟骨から構成され、コラーゲンを多く含み、加熱によってゼラチン質となる。沖縄県を除く日本では、毛の処理や下茹での終わった状態で販売されることが多い。主に皮とその周りの肉を食べる。軟骨も柔らかく煮込まれていれば可食である。(豚足 フレッシュアイペディアより)

「コラーゲン」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「コラーゲン」のニューストピックワード