コラーゲン ニュース&Wiki etc.

コラーゲン(、)は、真皮、靱帯、腱、骨、軟骨などを構成するタンパク質のひとつで、多細胞動物の細胞外基質(細胞外マトリクス)の主成分である。体内に存在しているコラーゲンの総量は、ヒトでは、全タンパク質のほぼ30%を占める程多い。また、コラーゲンは体内で働くだけでなく人間生活に様々に利用されている。ゼラチンの原料はコラーゲン… (出典:Wikipedia)

「コラーゲン」Q&A

  • Q&A

    膝が痛いのを治すサプリで効果があったもの(タマゴサミン、北国の恵み、ロコモプロ、キユ…

    [続きを読む]

    回答数:1質問日時 - 2017年3月13日 21:45

  • Q&A

    部活で野球(準硬式)をしている中学2年の息子が先日練習試合で右手人差し指付け根付近(…

    [続きを読む]

    回答数:5質問日時 - 2017年3月12日 21:38

  • Q&A

    サプリメントと便秘薬を一緒に飲むと何かリスクはありますか? 昔から便秘がちなのでマグ…

    [続きを読む]

    回答数:2質問日時 - 2017年3月9日 18:57

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「コラーゲン」のつながり調べ

  • アルデヒド

    アルデヒドから見たコラーゲン

    多くの生物にとって有害で、アルデヒド基がタンパク質の側鎖のアミノ基と反応を起こし、さらには架橋反応に進むため、これを凝固させる作用を持つ。それを利用したものに生物学研究におけるホルマリン固定やグルタールアルデヒド固定があるし、ブドウ糖のようなアルドースが、糖尿病において次第に血管のコラーゲンやエラスチン、水晶体のクリスタリンなどといった高寿命タンパク質を蝕み、こうしたタンパク質を多く含む器官に損傷を与えるのも、同じ原理による。また、アルデヒドの一種であるアセトアルデヒドはエタノールがアルコールデヒドロゲナーゼの触媒作用によって生成し、アルデヒドデヒドロゲナーゼの働きで酢酸となる。弱い型のアルデヒドデヒドロゲナーゼを持つ人はアセトアルデヒドの中毒(=二日酔い)になりやすい。(アルデヒド フレッシュアイペディアより)

  • 日本皮革研究所

    日本皮革研究所から見たコラーゲン

    マトリックス生化学研究グループ - 皮革および、コラーゲンなど関連分野の基礎研究や、医薬への応用などの研究を行う。(日本皮革研究所 フレッシュアイペディアより)

「コラーゲン」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「コラーゲン」のニューストピックワード

  • 静岡工場向けオンサイトエネルギー供給プロジェクト

  • 株式会社ゴールドウイン

  • C3fitアスリート 田中陽希と行く、トレッキングツアー キャンペーン