前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
217件中 1 - 10件表示
  • フィブロネクチン

    フィブロネクチンから見たコラーゲンコラーゲン

    フィブロネクチン(英:Fibronectin)は高分子(約440kDa)の糖タンパク質であり細胞外マトリックスのひとつ。細胞膜上の受容体タンパク質であるインテグリンと結合する。またコラーゲン、フィブリン、ヘパラン硫酸プロテオグリカン(たとえばシンデカン)などの細胞外マトリックスとも結合する。フィブロネクチン フレッシュアイペディアより)

  • 細胞外マトリックス

    細胞外マトリックスから見たコラーゲンコラーゲン

    脊椎動物、無脊椎動物にも細胞外マトリックスが見られる。ヒトを含めた脊椎動物に顕著な成分は、コラーゲン、プロテオグリカン、フィブロネクチンやラミニンといった糖タンパク質(一部は細胞接着分子)である。細胞外マトリックス フレッシュアイペディアより)

  • 染色 (生物学)

    染色 (生物学)から見た膠原線維コラーゲン

    過ヨウ素酸シッフ反応とも呼ばれる。主に糖原を染める染色であり、細胞質内糖原顆粒、アポクリン腺などからの分泌物、細菌や寄生虫などの生体内異生物、ケラトヒアリン顆粒などがPAS反応陽性とされる。また、膠原線維、血管内皮などはPAS反応弱陽性である。病理組織学的には細胞内異生物の検出、グリコーゲン変性の証明、血管内皮の検出などに用いられる。染色 (生物学) フレッシュアイペディアより)

  • 染色 (生物学)

    染色 (生物学)から見たコラーゲンコラーゲン

    マッソン・トリクローム(Masson's trichrome)は3色染めの手順である。そのレシピはマッソンの最初の異なった特有の利用法から発展したものだが、全てが周囲の結合組織から細胞を見分けるのに適している。殆どのレシピは、扁平上皮細胞のケラチン、筋細胞の筋原繊維、線維素を赤くし、コラーゲン基質と骨基質を青や緑に染め、大抵の細胞の細胞質を明るい赤に、細胞核を黒く染める。染色 (生物学) フレッシュアイペディアより)

  • 結合組織

    結合組織から見たコラーゲンコラーゲン

    コラーゲンは動物の結合組織を構成する主要なタンパク質であり、哺乳類では全タンパク質含有量の25%を占める、最も豊富なタンパク質となっている。結合組織 フレッシュアイペディアより)

  • ゼリー

    ゼリーから見たコラーゲンコラーゲン

    ゼリーは、コラーゲンに富んだ動物質の素材を煮込んだ肉汁や魚汁が冷えて、コラーゲンが変性して生じたゼラチンの作用で煮こごりとなったもの、または果汁やワインなどに砂糖などで甘味を加え、ゼラチンなどのゲル化剤を添加して固めたものを言う。ゼリー フレッシュアイペディアより)

  • ゼラチン

    ゼラチンから見たコラーゲンコラーゲン

    ゼラチン()は、動物の皮膚や骨、腱などの結合組織の主成分であるコラーゲンに熱を加え、抽出したもの。タンパク質を主成分とする。ゼラチン フレッシュアイペディアより)

  • 牛肉

    牛肉から見たコラーゲンコラーゲン

    高たんぱく質でコラーゲンが多い。:シチュー、スープ牛肉 フレッシュアイペディアより)

  • 肌研

    肌研から見たコラーゲンコラーゲン

    2004年8月 - 極潤シリーズ4アイテム(ヒアルロン液、スーパーヒアルロン酸+ビタミンC美容液、スーパーヒアルロン酸+コラーゲン美容液、スーパーヒアルロン酸+レチノール美容液)を発売。肌研 フレッシュアイペディアより)

  • 骨形成不全症

    骨形成不全症から見たコラーゲンコラーゲン

    骨形成不全症の原因は、一般的には結合組織の主要成分であるI型コラーゲンが生まれつき少なかったり(量的異常)、しっかりしていなかったり(質的異常)する様々な異常による。I型コラーゲン遺伝子の異常が原因であるが、この遺伝子に異常を認めない症例もある。骨形成不全症 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
217件中 1 - 10件表示

「コラーゲン」のニューストピックワード