217件中 91 - 100件表示
  • エラスターゼ

    エラスターゼから見たコラーゲンコラーゲン

    エラスターゼは、コラーゲンとともに結合組織の機械特性を決定している弾性繊維のエラスチンを分解する。好中球の形で、大腸菌やその他のグラム陰性菌のOuter membrane protein A(OmpA)を分解する。またペプチド結合を切断することで赤痢菌の毒性も分解する。C末端側のグリシン、アラニン、バリン等の小さな疎水的アミノ酸の位置が切断される。それ以外の詳しい機構については、セリンプロテアーゼを参照のこと。エラスターゼ フレッシュアイペディアより)

  • ミミガー

    ミミガーから見たコラーゲンコラーゲン

    野菜などと一緒に炒めた「ミミガーイリチー」もある。この場合は、こりこりした食感で、歯ごたえがある。また違った風味が味わえる。コラーゲンが多く健康や美容に良いとされている。ミミガー フレッシュアイペディアより)

  • タカノフーズ

    タカノフーズから見たコラーゲンコラーゲン

    糸の強さを増した製品など、多品種を展開させることでスーパーマーケットの売り場の大半を占めることに成功している。2006年には、コラーゲンを低分子化(特許技術)させた納豆を投入している。タカノフーズ フレッシュアイペディアより)

  • ハイチュウ

    ハイチュウから見たコラーゲンコラーゲン

    栄養機能食品。Fe、ファイバー、コラーゲンの3種が発売された。ハイチュウ フレッシュアイペディアより)

  • 若返り

    若返りから見たコラーゲンコラーゲン

    美容外科学や運動生理学、医薬品や化粧品に配合されるユビキノン、コラーゲン等のサプリメントの服用、そしてエステやアロマテラピー、ハーブなど幅広い分野を包括するアンチエイジングと「若返り」に、はっきりした区別はなく実に曖昧に使用されているのが現状である。若返り フレッシュアイペディアより)

  • プロテオグリカン

    プロテオグリカンから見たコラーゲンコラーゲン

    生体成分として多様な機能性を持つと考えられるプロテオグリカンは、もっとも重要な生体成分であり、主要な各種臓器、脳、皮膚を始めとした体全体の組織中の細胞外マトリックスや細胞表面に存在するほか、関節軟骨の主成分としても存在している。プロテオグリカンは、組織形成や伝達物質としての役割など、組織維持修復に関係する成分である。また、プロテオグリカンは、コラーゲンやヒアルロン酸とマトリックスを作ることで身体組織や皮膚組織を維持している。プロテオグリカン フレッシュアイペディアより)

  • アリシン (アミノ酸)

    アリシン (アミノ酸)から見たコラーゲンコラーゲン

    アリシンはリシルオキシダーゼによって細胞外基質から合成され、エラスチンやコラーゲンの安定化のための交差結合に使われる。アリシン (アミノ酸) フレッシュアイペディアより)

  • 真皮

    真皮から見たコラーゲンコラーゲン

    真皮()とは表皮と皮下組織の間の乳頭層と真皮網状層から構成される皮膚の層で、繊維性結合組織から構成される。真皮の約70%をコラーゲンで占め、他に弾性線維(エラスチン)、細胞外マトリックス(以前は基質と呼ばれていた)、ヒアルロン酸といった線維から構成される。真皮 フレッシュアイペディアより)

  • アストロサイト

    アストロサイトから見た膠原線維コラーゲン

    アストロサイトは多数の突起を持ち、その間に近傍を走行する神経線維が配置される。脳や脊髄などの神経組織では、他の通常組織において支持のために存在する膠原線維が乏しいため、神経線維の保持には、このような支持細胞がその役を果たしている。アストロサイト フレッシュアイペディアより)

  • 肝細胞

    肝細胞から見たコラーゲンコラーゲン

    肝細胞の細胞核は分散したクロマチンと明確な核小体を持ち球形である。四倍性、多倍性が通常50%以上の肝細胞において起こっているため、核の大きさにはばらつきが見られる。二核細胞もまた良く見られる。肝細胞は平板状に整列しており、レチクリン(コラーゲン タイプ III)ネットワークで支えられた脈管構造(類洞()で区切られている。肝細胞板は哺乳類においては一細胞層であり、ニワトリにおいては二細胞層である。類洞は不連続で有窓の血管内皮細胞からなる。この血管内皮細胞は基底膜を持たず、リンパ液をリンパ系へと送りだすディッセ腔により肝細胞から離されている。内皮細胞間には、細網内皮系の一部である食作用をもつ単球由来のクッパー細胞が散見される。ビタミンAを貯蔵し、細胞外マトリックスとコラーゲンを生成する伊東細胞も内皮細胞間に存在するが、光学顕微鏡で発見することは難しい。 さらに肝細胞は肝小葉と言われる集合体を形成し分葉構造を呈する。肝細胞 フレッシュアイペディアより)

217件中 91 - 100件表示

「コラーゲン」のニューストピックワード