301件中 91 - 100件表示
  • ケーシング

    ケーシングから見たコラーゲンコラーゲン

    主に動物の腸を用いるほか、人工(コラーゲン、プラスチック、セルロース製)のものもある。ケーシングの中に調味した挽肉を入れてソーセージを作る。ケーシング フレッシュアイペディアより)

  • ディッセ腔

    ディッセ腔から見たコラーゲンコラーゲン

    ディッセ腔はビタミンAのような脂溶性ビタミンを貯蔵する伊東細胞も含む。過剰な脂溶性ビタミンの摂取は伊東細胞の病的な肥大を引き起こし、コラーゲンの形成、肝線維症、肝硬変を引き起こすことがある。ディッセ腔 フレッシュアイペディアより)

  • マトリックスメタロプロテアーゼ

    マトリックスメタロプロテアーゼから見たコラーゲンコラーゲン

    マトリックスメタロプロテアーゼ(英:Matrix metalloproteinase、MMP)はメタロプロテアーゼ(活性中心に金属イオンが配座しているタンパク質分解酵素の総称)の一群でありMMPの活性中心には亜鉛イオン(Zn2+)やカルシウムイオン(Ca2+)が含まれる。コラーゲンやプロテオグリカン、エラスチンなどから成る細胞外マトリックスの分解をはじめとし、細胞表面に発現するタンパク質の分解、生理活性物質のプロセシングなどその作用は多岐にわたる。1962年にジェロム・グロスとチャールズ・ラピエールによりオタマジャクシの変態において尾が吸収される過程に関与する酵素として発見され、1968年にはヒトの皮膚に存在することが示された。MMPファミリーに属する酵素は分泌型と膜結合型の二種類に分類される。分泌型MMPは産生後、分泌細胞から離れたところにおいても働くが、膜結合型は細胞表面に発現しているので活動範囲は狭い。マトリックスメタロプロテアーゼ フレッシュアイペディアより)

  • ビオチン

    ビオチンから見たコラーゲンコラーゲン

    ビオチンは、抗炎症物質を生成する事によってアレルギー症状を緩和する作用がある。また、ビオチンはタンパク質の生成にも関係し、皮膚を作る細胞を活性化させ、老廃物の排泄を促し、皮膚の機能を正常に保つ働きもある。皮膚疾患で代表的なアトピー性皮膚炎や掌蹠膿疱症の治療にもビオチンが使われることがある。ビオチンにはコラーゲンやセラミド(細胞間脂質)などの生合成を高める働きがあり、骨などに炎症や変形をともなう病気の治癒を促す。ビオチン フレッシュアイペディアより)

  • たるみ

    たるみから見たコラーゲンコラーゲン

    加齢によるコラーゲンなどの減少・変質で皮膚の弾力が失われることに加え、筋肉の減少によりたるみが起こる。とくに目元・顎・頬・二の腕・太もも・尻といった部分が目立つ。ただ、これには肥満・運動不足・生活習慣なども大きく影響している。若い女性でも、急激なダイエットが原因で皮膚がたるむことがある。たるみ フレッシュアイペディアより)

  • 急速進行性糸球体腎炎

    急速進行性糸球体腎炎から見たコラーゲンコラーゲン

    抗糸球体基底膜抗体(抗GBM抗体)によるII型アレルギーが原因。抗GBM抗体は、糸球体基底膜(Type IVコラーゲン)の\alpha_{3}鎖NC1ドメインに対する抗体で、蛍光抗体法では糸球体毛細血管に沿って線状(liner)に IgGの沈着が認められる。急速進行性糸球体腎炎 フレッシュアイペディアより)

  • 自家蛍光

    自家蛍光から見たコラーゲンコラーゲン

    自家蛍光が観察される最も一般的な分子はNADPHおよびフラビン類である。細胞外マトリックスもまたコラーゲンやエラスチンの固有特性によって自家蛍光に寄与する。自家蛍光 フレッシュアイペディアより)

  • 土筍凍

    土筍凍から見たコラーゲンコラーゲン

    閩南語では「トースンタン、thô?-sún-tàng」という。浙江省から海南省にかけての近海の砂地に生息する星口動物サメハダホシムシ目サメハダホシムシ科の「土筍」(別名「塗筍」、「塗蚯」、「海沙虫」、「沙虫」、「泥蒜」、「可口革囊星虫」。学名 Phascolosoma esculenta。)を1日ほど泥を吐かせ、さらに押して内臓の中から異物を出した後、繰り返し洗い、水でぐらぐら煮てから、碗やバットに入れ、冷やし固めたもの。この「土筍」にはコラーゲンが多く、煮ることによって煮汁に溶け出してゼラチンとなり、冷やすとゼリーのように固まる。貝の出汁と塩などで薄味を付けておき、そのまま、または酢、酢醤油をつけて食べる他、唐辛子味噌、おろしまたは刻みニンニク、辛子などの調味料や、コリアンダー、トマト、酢漬けのダイコン、ニンジン(膾)などの薬味と合わせて食べることも行われている。土筍凍 フレッシュアイペディアより)

  • 近位尿細管

    近位尿細管から見たコラーゲンコラーゲン

    また、PTECsは糸球体腎炎、虚血、尿細管間質性腎症、糖尿病にも関連している。これらの状況では、タンパク質(ex.腎炎におけるアルブミン尿症)、グルコース(糖尿病における)、またはサイトカイン(ex.インターフェロン、腫瘍壊死因子)が直接PTECsに影響する。サイトカイン、ケモカイン、およびコラーゲンを作り出すことによってPTECsが反応する可能性がある(上皮組織は間葉系幹細胞によって壊死やアポトーシスを受ける)。近位尿細管 フレッシュアイペディアより)

  • ウナギのゼリー寄せ

    ウナギのゼリー寄せから見たコラーゲンコラーゲン

    伝統的なレシピでは、材料に使うウナギは、イギリス国内産の生きたヨーロッパウナギである。通常、ウナギは身を筒状にぶつ切りにされた後、酢と水にレモン汁やナツメグを加えたもので煮込まれ、さらに煮汁ごと冷やされる。ウナギは煮込めばコラーゲンなどのタンパク質が溶け出すので、冷やせば自然にゼリー状に固まった煮こごりとなる。もっとも、ゼラチンを加えて固まりやすくすることもある。レシピは店ごとに異なるが、ヴィクトリア朝以来の伝統的なレシピでは主材料と調理法は共通しており、ただ風味付けに使うハーブとスパイスの配合に違いがみられる。ウナギのゼリー寄せ フレッシュアイペディアより)

301件中 91 - 100件表示

「コラーゲン」のニューストピックワード