301件中 101 - 110件表示
  • 髄膜

    髄膜から見た膠原線維コラーゲン

    脳および脊髄は、他の組織と異なり、膠原線維を組織内部にわずかしか持たないために、その外部には結合組織より成る特有の保護構造を持っている。髄膜 フレッシュアイペディアより)

  • ゼラチナーゼA

    ゼラチナーゼAから見たコラーゲンコラーゲン

    ゼラチナーゼA(Gelatinase A、)は、酵素である。I型のゼラチンやIV型、V型、VII型、X型のコラーゲン、またPro-Gln-Gly-Ile-Ala-Gly-Glnのコラーゲン類似配列を切断する反応を触媒する。ゼラチナーゼA フレッシュアイペディアより)

  • 薬事法と食品表示・食品広告

    薬事法と食品表示・食品広告から見たコラーゲンコラーゲン

    【変更前】素肌いきいき/アミノ酸は、コラーゲンやエラスチン、ケラチン等の皮膚に多く存在するたんぱく質を構成する成分であり、プリプリ肌のための栄養素です。薬事法と食品表示・食品広告 フレッシュアイペディアより)

  • ポリオール経路

    ポリオール経路から見たコラーゲンコラーゲン

    ポリオール経路の活性化は、還元型NADPHと酸化型NAD+の減少をもたらす。これらの分子は、全身での酸化還元反応における必須補因子であり、正常な条件下では互いに交換できない。NADPH濃度の低下は還元型グルタチオン、一酸化窒素、myo-イノシトール、タウリン合成の低下をもたらす。myo-イノシトールは神経の正常な機能に特に必要である。ソルビトールもまた、コラーゲンといったタンパク質上の窒素を糖化し、これらの糖化産物はAGEs(終末糖化産物)と呼ばれている。AGEsは人体に病気を引き起こすと考えられており、その1つの効果はRAGE(終末糖化産物受容体)によって媒介され、続いて炎症応答が誘導される。これらは、グルコースコントロールのレベルを検査するために糖尿病に対して行われるヘモグロビンA1Cテストで見られる。ポリオール経路 フレッシュアイペディアより)

  • 基底膜

    基底膜から見たコラーゲンコラーゲン

    代表的な成分は、IV型コラーゲン、ラミニン、ヘパラン硫酸プロテオグリカン(パールカン)、エンタクチンなどである。基底膜 フレッシュアイペディアより)

  • テネイシン

    テネイシンから見たコラーゲンコラーゲン

    右のC末端側にフィブリノーゲン(FG)領域がある。フィブロネクチンIII型モジュール領域とフィブリノーゲン(FG)領域は、インテグリン、プロテオグリカン、アネキシン?レセプタータンパク質、ヘパリン、免疫グロブリン系細胞接着分子、フィブロネクチン、コラーゲンなど、たくさんの分子と結合する。テネイシン フレッシュアイペディアより)

  • ケイ素水

    ケイ素水から見たコラーゲンコラーゲン

    コラーゲンを作り出し、細胞の結合組織を強化するらしい。単純にコラーゲンを摂取するだけでなく、ケイ素も合わせて摂取するすると効果があるという。ケイ素水 フレッシュアイペディアより)

  • アストロサイト

    アストロサイトから見た膠原線維コラーゲン

    アストロサイトの多数の突起の間に、近傍を走行する神経線維が配置される。脳や脊髄などの神経組織では、他の通常組織において支持のために存在する膠原線維は乏しく、神経線維の保持にはこのような支持細胞がその役を果たしている。アストロサイト フレッシュアイペディアより)

  • ゴルジ腱器官

    ゴルジ腱器官から見たコラーゲンコラーゲン

    ゴルジ腱器官(ゴルジけんきかん)とは骨格筋と腱の移行部にあるコラーゲン線維の皮膜に覆われた構造を持つ長さ500-1200μm、直径100-120μの腱の感覚器である。ゴルジ腱器官 フレッシュアイペディアより)

  • スジ肉

    スジ肉から見たコラーゲンコラーゲン

    また、スジ肉およびその煮汁は多量のゼラチン質が含まれており、味をつけて煮た野菜などと一緒に冷やすと固まり、ゼリー寄せ、あるいは煮こごりができる。ゼラチン質はコラーゲンの塊のようなものであることから、美容を意識して食べる事も勧められるが、その場合は前述した脂について留意したほうが良い。スジ肉 フレッシュアイペディアより)

301件中 101 - 110件表示

「コラーゲン」のニューストピックワード