301件中 111 - 120件表示
  • 顔のたるみ

    顔のたるみから見たコラーゲンコラーゲン

    上記の顔のたるみ形成要因に則した改善法が有用と考えられる。皮膚の粘弾性の低下に対しては、その要因となる紫外線や乾燥からの防御や喫煙量の低減、また皮膚のコラーゲン、エラスチン等、粘弾性形成に寄与すると考えられる細胞外マトリックスの産生を高めるサプリメント等である。また表情筋機能の低下に対しては、エクササイズが有用と考えられている。また、過度のたるみにおいては、顔のたるみは美容皮膚科や外科で治療することができます。顔のたるみ フレッシュアイペディアより)

  • フランジ

    フランジから見たコラーゲンコラーゲン

    オランウータンの群れの中で喧嘩の強い雄にだけ顔の周りに膨らみが存在するが、これもフランジ(頬胼胝とも)という。中身は脂肪やコラーゲンである。フランジを持った雄が死ぬか喧嘩で負けるかすると、次に喧嘩の強い雄が1年近くかけてフランジを発達させる。群れに混じらず人間に単頭飼育されて大人になった雄は皆フランジを有する。フランジ フレッシュアイペディアより)

  • ウィリアム・アストベリー

    ウィリアム・アストベリーから見たコラーゲンコラーゲン

    1928年、彼はリーズ大学で教職に就いた。彼はここで、繊維業界から財政的な支援を受け、ケラチンやコラーゲンなどの繊維状タンパク質の研究を行った。これらのサンプルは純粋な結晶の様な明瞭なスポットを作らなかったが、これらのパターンから今まで提案されてきたモデルに物理的な限界があることが読み取れた。ウィリアム・アストベリー フレッシュアイペディアより)

  • ニッピ

    ニッピから見たコラーゲンコラーゲン

    株式会社ニッピは、東京都足立区に本社を置くゼラチン、コラーゲン、皮革などを主力事業とする日本の企業である。ニッピ フレッシュアイペディアより)

  • 脂肪融解レーザー

    脂肪融解レーザーから見たコラーゲンコラーゲン

    独特の波長を持つレーザーを脂肪組織に直接照射して脂肪を溶解、体外に排出させる。コラーゲン生成を促進出来る長さの波長のため、皮膚のタイトニング効果が期待出来る。単一の波長で一方方向のみに照射する方法。施術回数は1回で良い。脂肪融解レーザー フレッシュアイペディアより)

  • カーシェールの食べ物

    カーシェールの食べ物から見たコラーゲンコラーゲン

    ゼラチンは動物の結合組織の主要なタンパク質であるコラーゲンを加熱、変性したものであるため、ブタの皮膚のようなカーシェールでない原料から作られている可能性がある。ゼラチンは歴史的に膠の良質な原料であり、楽器、刺繍、乳濁液の形で化粧品と写真フィルム、医薬品カプセルのコーティング材、またゼリー、トライフル、マシュマロを含む様々な食品に至るまで、幅広く使われており、カシュルートにおけるゼラチンの立場は結果としてかなり議論の的になっている。カーシェールの食べ物 フレッシュアイペディアより)

  • 若返り

    若返りから見たコラーゲンコラーゲン

    美容外科学や運動生理学、医薬品や化粧品に配合されるユビキノン、コラーゲン等のサプリメントの服用、そしてエステやアロマテラピー、ハーブなど幅広い分野を包括するアンチエイジングと「若返り」に、はっきりした区別はなく実に曖昧に使用されているのが現状である。若返り フレッシュアイペディアより)

  • デュア層

    デュア層から見たコラーゲンコラーゲン

    デュア層(デュアそう)は、2013年9月に雑誌で紹介された角膜中の新しい層のことである。角膜6層のうちの固有層とデスメ膜の間にあるタイプIコラーゲンに富む厚さ15umの層で、筆頭著者であるの名前からデュア層と名付けられた。デュア層 フレッシュアイペディアより)

  • アキレス腱

    アキレス腱から見たコラーゲンコラーゲン

    ウシのアキレス腱は、牛筋(ぎゅうすじ)と称して、各種煮込み料理に利用される。他の動物のものも同様に食用になるが、大きさが小さいものは、わざわざ分けて料理にされる事は少ない。健康食品として広く認識されるコラーゲンが主成分であるため、栄養価値が強調されることがある。アキレス腱 フレッシュアイペディアより)

  • ジュラヴェナトル

    ジュラヴェナトルから見たコラーゲンコラーゲン

    徐の解釈はジュラヴェナトルの化石についての後続の研究でも支持された。原記載の最初の追加研究では、おそらく原羽毛とみられるかすかな単繊維構造が尾の先と臀部に存在することが報告された。さらに2010年に発表された論文では、 Helmut Tischlingerによる紫外線下での標本の調査が行われた。この調査ではシノサウロプテリクスなどの他のコンプソグナトゥス科の原羽毛に似た単繊維状構造がより広範に見つかった。この調査ではまた、吻部、下脚に追加の鱗が発見され、尾椎のの間に垂直のコラーゲン繊維も見つかった。2012年にAchim Reisdorf およびMichael Wuttkeは Juravenator starki のホロタイプの状況についての記載を行った。ジュラヴェナトル フレッシュアイペディアより)

301件中 111 - 120件表示

「コラーゲン」のニューストピックワード