301件中 131 - 140件表示
  • 一次構造

    一次構造から見たコラーゲンコラーゲン

    プロリン残基は2か所で、リシンは1か所で水酸化されうる。ヒドロキシプロリンはコラーゲンを安定化される主要成分である。水酸化はアスコルビン酸を必要とする酵素によって触媒されており、これが不足すると壊血病など関節組織の障害を引き起こす。一次構造 フレッシュアイペディアより)

  • 細胞培養

    細胞培養から見たコラーゲンコラーゲン

    浮遊培養もしくは接着培養にて細胞を増殖することができる。血液中に存在する類の細胞は表面に接着することなく自然に懸濁液中で生存する。また浮遊培養向け培地中で生き続けるように改変された細胞株は、接着培養よりも高い密度で生育させることができる。接着培養系細胞は表面を必要とするため、接着性を高め、成長と分化に必要なその他のシグナルを与えるために、(コラーゲンやラミニンなどの)細胞外マトリックスの構成物質で覆われた組織培養用プラスチックやマイクロキャリアなどの材料が用いられる。固体組織から得たほとんどの細胞は接着性である。接着培養のもう一つの種類は器官培養である。これは、2次元的なシャーレでの培養に対して、3次元の環境で細胞を培養する方法である。3次元培養システムは生物学的、生理学的により生体組織に近いが、多くの要因(例えば分散など)があるため、技術的に保持が困難である。細胞培養 フレッシュアイペディアより)

  • アルデヒド

    アルデヒドから見たコラーゲンコラーゲン

    多くの生物にとって有害で、ホルミル基がタンパク質の側鎖のアミノ基と反応を起こし、さらには架橋反応に進むため、これを凝固させる作用を持つ。それを利用したものに生物学研究におけるホルマリン固定やグルタールアルデヒド固定があり、ブドウ糖のようなアルドースが糖尿病において、次第に血管のコラーゲンやエラスチン、水晶体のクリスタリンなどといった高寿命タンパク質を蝕み、こうしたタンパク質を多く含む器官に損傷を与えるのも、同じ原理による。また、アルデヒドの一種であるアセトアルデヒドはエタノールがアルコールデヒドロゲナーゼの触媒作用によって生成し、アルデヒドデヒドロゲナーゼの働きで酢酸となる。弱い型のアルデヒドデヒドロゲナーゼを持つ人はアセトアルデヒドの中毒(=二日酔い)になりやすい。アルデヒド フレッシュアイペディアより)

  • ヒドロキシプロリン

    ヒドロキシプロリンから見たコラーゲンコラーゲン

    ヒドロキシプロリンはコラーゲンの主要な成分であり、プロリンとともにコラーゲンの安定性を担っている。これらは、コラーゲンのらせんをきつく巻くことを可能にし、また水素結合を作ることで、コラーゲンの三本鎖らせんを安定化している。コラーゲン以外には滅多に見られないが、哺乳類の持つタンパク質で他に唯一含まれているのはエラスチンである。このため、ヒドロキシプロリンはコラーゲンやゼラチンの量を測定する指標となりうる。ヒドロキシプロリン フレッシュアイペディアより)

  • プロリン

    プロリンから見たコラーゲンコラーゲン

    プロリン (proline) はアミノ酸の一つ。ピロリジン-2-カルボン酸のこと。略号はProまたはP。環状アミノ酸で、タンパク質を構成する。糖原性を持つ。タンパク質を構成するアミノ酸は通常一級アミンであるが、唯一環状の二級アミンである。表皮細胞増殖促進活性、コラーゲン合成促進活性、角質層保湿作用などの生理活性を示す。一度破壊されたコラーゲンを修復する力をもつアミノ酸。体の結合組織、心筋の合成時の主な材料でもある。最近では、アルドール反応の安全かつ効果的な触媒として注目されつつある。プロリン フレッシュアイペディアより)

  • 食品廃材

    食品廃材から見たコラーゲンコラーゲン

    また化粧品・医薬品の原料となるコラーゲンや、グミキャンディー・ゼリーの原料となるゼラチンもこれら家畜の皮革および食品としての価値が低い筋や骨などから抽出される。食品廃材 フレッシュアイペディアより)

  • 常盤薬品工業

    常盤薬品工業から見たコラーゲンコラーゲン

    なめらか本舗 - 元々は「サナ」のサブブランドの一つとしてスキンケアアイテムを発売してきたが、2015年(平成27年)3月にイソフラボンにコラーゲンやヒアルロン酸を配合した美容ドリンク「なめらか本舗 イソフラボン」を発売し、同年6月には炭酸入り美容ドリンク「なめらか本舗 イソフラボン」を発売した。なお、「なめらか本舗」のドリンク類は当社が発売元となるため、「SANA」ロゴではなく「常盤薬品」ロゴとなる。常盤薬品工業 フレッシュアイペディアより)

  • 皮膚

    皮膚から見たコラーゲンコラーゲン

    表皮の下層にある真皮は中胚葉由来であり、表皮との接触面である凸凹した乳頭層(真皮乳頭)と、その下の網状層に分けられる。網状層は皮下組織と明瞭な境界を持たず、密なコラーゲン繊維の結合体の中に弾性繊維が網状に分布し、皮膚本体に強靭さを与える。動物の皮革繊維はこのコラーゲン繊維部分に防腐処理や柔軟化を施したものである。コラーゲンの種類は、成人の場合I型がIII型の3倍程度あるが、15週前後の新生児では、III型の方が多い。また、水分を維持する糖類の一種ヒアルロン酸も含まれる。皮膚 フレッシュアイペディアより)

  • ナマコ

    ナマコから見たコラーゲンコラーゲン

    多くは細長い芋虫型で、腹と背の区別がある。前端に口、後端には肛門がある。ナマコの体表は主にコラーゲンから成る厚い体壁に覆われている。体壁は柔軟で、伸縮性に富む。表面はクチクラに覆われ、内側には環状筋と5列の縦走筋があり、これらを使って呼吸や運動を行う。体重の90%以上は水分である。深海の浮遊性ナマコは寒天質の体をしており、重量を減らすことで浮力を得ているとみられる。ナマコ フレッシュアイペディアより)

  • 筋膜炎脂肪織炎症候群

    筋膜炎脂肪織炎症候群から見た膠原線維コラーゲン

    筋膜炎-脂肪織炎症候群(Fasciitis pannicultis syndrome:FPS)は1996年にNaschitzらが提唱した病理組織学的疾患概念で,皮下脂肪組織の葉間結合織、筋膜、筋周囲の炎症性細胞浸潤と膠原線維の増生を特徴とする。1974年にShulmanが高γグロブリン血症と好酸球増多を伴うびまん性筋膜炎としてはじめて報告した古典的な好酸球性筋膜炎はこの中に含まれるが、現在好酸球増多は必須ではないとされている。皮膚硬化やCK値の上昇がある場合は強皮症や多発性筋炎と鑑別を要する。筋膜炎脂肪織炎症候群 フレッシュアイペディアより)

301件中 131 - 140件表示

「コラーゲン」のニューストピックワード