217件中 11 - 20件表示
  • ビタミンC

    ビタミンCから見たコラーゲンコラーゲン

    ビタミンCは、コラーゲンの合成に深く関与している。プロリン・リジンを含めた形でコラーゲンのタンパク質が合成され、タンパク鎖が形成された後で酸化酵素によりプロリン・リジンがそれぞれヒドロキシ化を受けてヒドロキシプロリン・ヒドロキシリジンに変化し、これらは水素結合によってタンパク鎖同士を結び、コラーゲンの3重螺旋構造を保つ働きがある。またこの反応の際にはビタミンCを補酵素として必要とするため、ビタミンCを欠いた食事を続けていると正常なコラーゲン合成ができなくなり、壊血病を引き起こすものである。ビタミンC フレッシュアイペディアより)

  • サメ

    サメから見たコラーゲンコラーゲン

    モロの多くは宮城県気仙沼漁港で水揚げされたネズミザメで、尾びれと背びれは高級食材のフカヒレ、頭は健康食品のコラーゲンやコンドロイチンになる一方、魚肉は関東地方などに出荷される。サメ フレッシュアイペディアより)

  • 創傷

    創傷から見たコラーゲンコラーゲン

    繊維芽細胞が分泌するコラーゲンを主とした肉芽組織(にくげそしき・granulation tissue)による収縮。創傷 フレッシュアイペディアより)

  • クラシエフーズ

    クラシエフーズから見たコラーゲンコラーゲン

    天然のドライフルーツに栄養素を含む砂糖をコーティングした菓子。これまではコラーゲンとビタミンCをコーティングした「果実をコラーゲンで包みました」のみだったが、2013年3月にパインアップルをビタミンCでコーティングした「パインをビタCで包みました」を発売し「包みました」としてシリーズ化。同時に「果実をコラーゲンで包みました」はパッケージをリニューアルし、内容量を15gに減らして食べきりサイズとなった。クラシエフーズ フレッシュアイペディアより)

  • メイラード反応

    メイラード反応から見たコラーゲンコラーゲン

    糖尿病患者に見られる褐色斑の形成にも、生体内で起きるメイラード反応の関与が示唆されている。褐色斑の原因となる色素にはAGEs (advanced glycation end-products) と呼ばれるものが含まれているが、これらはメラノイジンの前駆物質だと考えられている。なお、糖尿病患者の症状として見られる白内障や血管組織の劣化は、正にメイラード反応におけるブドウ糖のアルデヒド基とクリスタリンやエラスチン、コラーゲンのような高寿命タンパク質のアミノ基の重合反応によって起きるタンパク質の変性に起因する。メイラード反応 フレッシュアイペディアより)

  • フィジーウォーター

    フィジーウォーターから見たコラーゲンコラーゲン

    水溶性のシリカは人体にも微妙ながら含まれており、毛髪・爪・血管・骨・関節・細胞壁などに含まれ、特に骨形成の細胞層に集中している。生体中には約29ppmが存在し、免疫力に影響を与えたり、肌の保湿、骨や髪、爪、コラーゲンの再生・構築・補強・維持を手助けしている。成人1日あたり10?40mgのシリカが消耗される。現在、1日あたりの摂取量は定められていない。通常はケイ素を多く含む食品(玄米、あわ、ひえ、バナナ、レーズンなど)を十分摂取することで補えるが、現代人はこれらの食材をあまり食べなくなったため、慢性的に不足している人が増えているともいわれ、シリカ(ケイ素)が豊富に含まれる水は注目を集めている。フィジーウォーター フレッシュアイペディアより)

  • 頭皮

    頭皮から見たコラーゲンコラーゲン

    L (loose areolar connective tissue) : 疎性輪紋状結合組織。上3層と頭蓋骨膜をゆるく分ける面である。スカルピング (:en:scalping) を行なう際、頭皮はこの層から剥がされる。この層は頭蓋顔面外科や脳神経外科でも扱われる。この層はしばしば「危険地帯」と呼ばれる。なぜなら感染した媒介物がここから導出静脈に広がり、さらにそこから頭蓋内へ吸い込まれるというケースが容易に起こるからである。この層の疎性輪紋状組織は、不規則なコラーゲン I の繊維束とコラーゲン III からなる。この層には頭皮の主要な血管が含まれ、受傷時の出血にはおびただしいものがあるが、これは首から下の循環系にあるような静脈弁が(頭皮に)無いことも一因である。この層にはグリコサミノグリカン (GAGs) も多く含まれ、繊維状である以上に格子状に構成されている。頭皮 フレッシュアイペディアより)

  • アミノ酸年代測定法

    アミノ酸年代測定法から見たコラーゲンコラーゲン

    100℃程度の高温下でも、6時間程度であれば化学反応によるラセミ化はほとんど発生せず、誤差の要因になりにくい。歯が変色している場合にはサンプル表面だけで評価すると誤差が大きくなる場合がある。焼死体の歯であっても、コラーゲン性ではないタンパク質で評価すれば誤差は少ない。アミノ酸年代測定法 フレッシュアイペディアより)

  • リシルヒドロキシラーゼ

    リシルヒドロキシラーゼから見たコラーゲンコラーゲン

    リシルヒドロキシラーゼ(lysyl hydroxylase)は、リシンをヒドロキシル化し、ヒドロキシリシンにする酸化還元酵素である。この酵素反応はコラーゲンの形成・安定に必須であり、翻訳後修飾として、タンパク質の合成のあとで起こる。この酵素は膜結合性二量体酵素で、粗面小胞体のルーメン(内腔)に局在している。リシルヒドロキシラーゼ フレッシュアイペディアより)

  • 古譚 (ラーメン店)

    古譚 (ラーメン店)から見たコラーゲンコラーゲン

    厳選された素材の養分を引き出すまで、強火でじっくり煮込ませてからコラーゲンを豊富に含んだスープにこだわっている古譚 (ラーメン店) フレッシュアイペディアより)

217件中 11 - 20件表示

「コラーゲン」のニューストピックワード