217件中 21 - 30件表示
  • ELIXIR

    ELIXIRから見たコラーゲンコラーゲン

    ブランド誕生当初は、スキンケアからメーキャップまでトータルで商品を展開していたが、後年は、近年拡大するアンチエイジングケア市場へ向けて、「コラーゲンエキス」を配合し素肌のハリ改善機能をアップさせた「リフトアップスキンケアブランド」に特化していた。ELIXIR フレッシュアイペディアより)

  • ポリプロリンヘリックス

    ポリプロリンヘリックスから見たコラーゲンコラーゲン

    (φ,ψ) = (-75°,150°) を代入するとΩ=-120°が得られ、ヘリックスが左巻きで3残基で1巻きすることが分かる。また1巻き当たり軸方向に3.1Å進む。この構造は、主にプロリン、ヒドロキシプロリンとグリシンから構成されるコラーゲンの構造といくらか似ている。ポリプロリンIIヘリックスはSH3 ドメインと結合しており、この結合はタンパク質間相互作用などに重要な役割を果たす。ポリプロリンヘリックス フレッシュアイペディアより)

  • ヒドロキシリシン

    ヒドロキシリシンから見たコラーゲンコラーゲン

    ヒドロキシリシン (Hydroxylysine) は、化学式 C6H14N2O3 のアミノ酸である。リシンのヒドロキシル化によって生成する物質で、コラーゲンの構成要素として広く知られている。ヒドロキシリシン フレッシュアイペディアより)

  • 蒸し煮

    蒸し煮から見たコラーゲンコラーゲン

    蒸し煮は、加熱、時間、および水分により肉のコラーゲン結合組織を分解する調理法であり、固い肉の料理に適している。コッコーヴァンなどの多くの伝統的な蒸し煮料理は、固くて食べにくい食材の調理法として考案された。加圧調理やスロークッカーは蒸し煮の方式である。蒸し煮 フレッシュアイペディアより)

  • 顔のたるみ

    顔のたるみから見たコラーゲンコラーゲン

    上記の顔のたるみ形成要因に則した改善法が有用と考えられる。皮膚の粘弾性の低下に対しては、その要因となる紫外線や乾燥からの防御や喫煙量の低減、また皮膚のコラーゲン、エラスチン等、粘弾性形成に寄与すると考えられる細胞外マトリックスの産生を高めるサプリメント等である。また表情筋機能の低下に対しては、エクササイズが有用と考えられている。顔のたるみ フレッシュアイペディアより)

  • 細網細胞

    細網細胞から見たコラーゲンコラーゲン

    細網細胞(さいもうさいぼう、英:Reticular cell)は、細網線維と細胞質とともにその繊維周辺の組織を生成し、組織や細胞の他のコンポーネントから繊維組織を分離させる。細網細胞は、脾臓、リンパ節、リンパ小節を含む多くの組織で見られる。網状繊維はまた、線維芽細胞によって生産されている。 III型コラーゲンは、(細網線維を構成しているが)また、細網細胞により合成される。細網細胞は、リンパ組織内で特定の部位にBリンパ球とTリンパ球を導く。細網細胞 フレッシュアイペディアより)

  • ボーマン膜

    ボーマン膜から見たコラーゲンコラーゲン

    角膜の上皮と固有層(実質)の間にある、コラーゲンで構成された約10μmの薄い膜である。再生力は無く、一旦取り除くと生涯再生しない。医学的には、何の働きもしない、あるいは角膜実質を保護するためだけの存在であり、取り除いても視覚に影響は無いとされている。近視矯正手術において、このボーマン膜を除去する術式が存在する。ボーマン膜 フレッシュアイペディアより)

  • 線維状タンパク質

    線維状タンパク質から見たコラーゲンコラーゲン

    線維状タンパク質は、棒や針金の様な形をした長い線維状の構造を作る。これらは通常不活性であるか貯蔵用のタンパク質である。水には溶けず、疎水性のアルキル基を外側に向けて凝集している。アミノ酸配列には短い残基の繰り返しがしばしば見られ、またコラーゲンの三重らせんのような珍しい二次構造を取ることがある。ケラチンのジスルフィド結合の様な主鎖間の架橋構造が見られることもある。線維状タンパク質 フレッシュアイペディアより)

  • たるみ

    たるみから見たコラーゲンコラーゲン

    加齢によるコラーゲンなどの減少・変質で皮膚の弾力が失われることに加え、筋肉の減少によりたるみが起こる。とくに目元・顎・頬・二の腕・太もも・尻といった部分が目立つ。ただ、これには肥満・運動不足・生活習慣なども大きく影響している。若い女性でも、急激なダイエットが原因で皮膚がたるむことがある。たるみ フレッシュアイペディアより)

  • ディッセ腔

    ディッセ腔から見たコラーゲンコラーゲン

    ディッセ腔はビタミンAのような脂溶性ビタミンを貯蔵する伊東細胞も含む。過剰な脂溶性ビタミンの摂取は伊東細胞の病的な肥大を引き起こし、コラーゲンの形成、肝線維症、肝硬変を引き起こすことがある。ディッセ腔 フレッシュアイペディアより)

217件中 21 - 30件表示

「コラーゲン」のニューストピックワード