301件中 31 - 40件表示
  • 日本皮革研究所

    日本皮革研究所から見たコラーゲンコラーゲン

    マトリックス生化学研究グループ - 皮革および、コラーゲンなど関連分野の基礎研究や、医薬への応用などの研究を行う。日本皮革研究所 フレッシュアイペディアより)

  • コンクールリペリオ

    コンクールリペリオから見たコラーゲンコラーゲン

    湿潤剤/OIM(オーガニックイオニックミネラライズ)加水分解コンキオリン - コラーゲン等の増殖促進コンクールリペリオ フレッシュアイペディアより)

  • 象牙質

    象牙質から見た膠原繊維コラーゲン

    70%が無機質(ヒドロキシアパタイト)、20%が有機物(膠原繊維(コラーゲン繊維)と非膠原性タンパク質)、10%が水分である。エナメル質よりは硬度が低く、モース硬度は5?6である。象牙質 フレッシュアイペディアより)

  • 白体

    白体から見たコラーゲンコラーゲン

    白体()とは黄体が退行した構造物。黄体がマクロファージ、線維芽細胞により破壊され、I型コラーゲンへと変性して白体が形成される。この過程を黄体退行(:en:Luteolysis)と呼ぶ。白体は瘢痕組織として卵巣に残ることがある。ウシの白体は妊娠黄体が退行したものを指し、生涯にわたり存在するものがほとんどである。白体 フレッシュアイペディアより)

  • エラスターゼ

    エラスターゼから見たコラーゲンコラーゲン

    エラスターゼは、コラーゲンとともに結合組織の機械特性を決定している弾性繊維のエラスチンを分解する。好中球の形で、大腸菌やその他のグラム陰性菌のOuter membrane protein A(OmpA)を分解する。またペプチド結合を切断することで赤痢菌の毒性も分解する。C末端側のグリシン、アラニン、バリン等の小さな疎水的アミノ酸の位置が切断される。それ以外の詳しい機構については、セリンプロテアーゼを参照のこと。エラスターゼ フレッシュアイペディアより)

  • ノルゾアンタミン

    ノルゾアンタミンから見たコラーゲンコラーゲン

    ノルゾアンタミンはコラーゲン繊維に結合し、その二次構造を安定化する。このことで骨に存在するコラーゲンにヒドロキシアパタイトが沈着し、骨形成が起こると考えられている。また、ノルゾアンタミンはエラスチン・血清アルブミンなどの細胞外マトリックスとも相互作用する。ノルゾアンタミン フレッシュアイペディアより)

  • ヒドロキシル化

    ヒドロキシル化から見たコラーゲンコラーゲン

    プロリンのヒドロキシル化はタンパク質において重要で、Cγ原子に起こり、ヒドロキシプロリンとなる。これは、コラーゲンの架橋結合にとって必須要素である。プロリンのヒドロキシル化反応は、低酸素誘導因子(英:HIFs)にとっても必要不可欠な反応である。また、プロリンのヒドロキシル化反応がCβで起こる場合もある。リシンにヒドロキル化反応が起こると、C5の位置で反応し、ヒドロキシリシンとなる。ヒドロキシル化 フレッシュアイペディアより)

  • ヒドロキシリシン

    ヒドロキシリシンから見たコラーゲンコラーゲン

    ヒドロキシリシン (Hydroxylysine) は、化学式 C6H14N2O3 のアミノ酸である。リシンのヒドロキシル化によって生成する物質で、コラーゲンの構成要素として広く知られている。ヒドロキシリシン フレッシュアイペディアより)

  • リシルヒドロキシラーゼ

    リシルヒドロキシラーゼから見たコラーゲンコラーゲン

    リシルヒドロキシラーゼ(lysyl hydroxylase)は、リシンをヒドロキシル化し、ヒドロキシリシンにする酸化還元酵素である。この酵素反応はコラーゲンの形成・安定に必須であり、翻訳後修飾として、タンパク質の合成のあとで起こる。この酵素は膜結合性二量体酵素で、粗面小胞体のルーメン(内腔)に局在している。リシルヒドロキシラーゼ フレッシュアイペディアより)

  • ヴォン・ヴィレブランド因子

    ヴォン・ヴィレブランド因子から見たコラーゲンコラーゲン

    血管が傷害され出血をきたしたときに、vWFは傷害された血管内皮の下に存在するコラーゲンに結合する。結合したvWFに対して血小板が接着し、血小板はADPなどの伝達物質を放出する。さらなる血小板を接着させることで、血小板血栓を形成する。(一次止血)ヴォン・ヴィレブランド因子 フレッシュアイペディアより)

301件中 31 - 40件表示

「コラーゲン」のニューストピックワード