301件中 41 - 50件表示
  • アリシン (アミノ酸)

    アリシン (アミノ酸)から見たコラーゲンコラーゲン

    アリシンはリシルオキシダーゼによって細胞外基質から合成され、エラスチンやコラーゲンの安定化のための交差結合に使われる。アリシン (アミノ酸) フレッシュアイペディアより)

  • 細網細胞

    細網細胞から見たコラーゲンコラーゲン

    細網細胞(さいもうさいぼう、英:Reticular cell)は、細網線維と細胞質とともにその繊維周辺の組織を生成し、組織や細胞の他のコンポーネントから繊維組織を分離させる。細網細胞は、脾臓、リンパ節、リンパ小節を含む多くの組織で見られる。網状繊維はまた、線維芽細胞によって生産されている。 III型コラーゲンは、(細網線維を構成しているが)また、細網細胞により合成される。細網細胞は、リンパ組織内で特定の部位にBリンパ球とTリンパ球を導く。細網細胞 フレッシュアイペディアより)

  • 類骨

    類骨から見たコラーゲンコラーゲン

    類骨は骨量の50%、骨重量の25%を占める。類骨は線維と基質により構成される。主な線維はコラーゲン1型であり、類骨の90%を構成する。基質はコンドロイチン硫酸やオステオカルシンがほとんどである。類骨 フレッシュアイペディアより)

  • 線維軟骨

    線維軟骨から見たコラーゲンコラーゲン

    線維軟骨(せんいなんこつ、英:fibro cartilage)とは、仙腸関節、顎関節、胸鎖関節、椎間円板、恥骨結合、関節半月、関節円板などを構成する軟骨。結合組織と軟骨の中間型で軟骨基質の大部分には密なコラーゲンが束となって多く含まれ、波状で走る。機能は関節の適合、緩衝、可動性の適正、関節内圧の均等、滑液の分散などをする。軸圧を受ける部位に多く存在していて、軸圧を直に受ける。線維軟骨 フレッシュアイペディアより)

  • 線維芽細胞

    線維芽細胞から見たコラーゲンコラーゲン

    線維芽細胞(せんいがさいぼう、)は、結合組織を構成する細胞の1つ。コラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸といった真皮の成分を作り出す。線維芽細胞 フレッシュアイペディアより)

  • マトリリシン

    マトリリシンから見たコラーゲンコラーゲン

    マトリリシン(Matrilysin、)は、酵素である。インスリンB鎖のAra14-Leu結合を選択的に切断し、I型、II型、III型、IV型のコラーゲンには作用しない。マトリリシン フレッシュアイペディアより)

  • プソイドリシン

    プソイドリシンから見たコラーゲンコラーゲン

    プソイドリシン(Pseudolysin、)は、酵素である。エラスチン、III型及びIV型コラーゲン、フィブロネクチン、免疫グロブリンA等、P1'に嵩高い疎水性基を持つタンパク質を加水分解する反応を触媒する。インスリンB鎖の切断パターンはテルモリシンと同じだが、他の基質特異性は異なる。プソイドリシン フレッシュアイペディアより)

  • ストロマリシン2

    ストロマリシン2から見たコラーゲンコラーゲン

    ストロマリシン2(Stromelysin 2、)は、酵素である。この酵素は、ストロマリシン1と同様の基質特異性を持つが、III型、IV型、V型のコラーゲンにも弱い活性を持つ。ストロマリシン2 フレッシュアイペディアより)

  • ブラキウリン

    ブラキウリンから見たコラーゲンコラーゲン

    ブラキウリン(Brachyurin、)は、酵素である。この酵素は、幅広い特異性でペプチド結合を加水分解する反応を触媒する。コラーゲンは、N末端から75%の長さで切断される。ブラキウリン フレッシュアイペディアより)

  • テルミターゼ

    テルミターゼから見たコラーゲンコラーゲン

    テルミターゼ(Thermitase、)は、酵素である。この酵素は、コラーゲンを含むタンパク質の加水分解を触媒する。テルミターゼ フレッシュアイペディアより)

301件中 41 - 50件表示

「コラーゲン」のニューストピックワード