217件中 51 - 60件表示
  • マトリックスメタロプロテアーゼ

    マトリックスメタロプロテアーゼから見たコラーゲンコラーゲン

    マトリックスメタロプロテアーゼ(英:Matrix metalloproteinase、MMP)はメタロプロテアーゼ(活性中心に金属イオンが配座しているタンパク質分解酵素の総称)の一群でありMMPの活性中心には亜鉛イオン(Zn2+)が含まれる。コラーゲンやプロテオグリカン、エラスチンなどから成る細胞外マトリックスの分解をはじめとし、細胞表面に発現するタンパク質の分解、生理活性物質のプロセシングなどその作用は多岐にわたる。1962年にジェロム・グロスとチャールズ・ラピエールによりオタマジャクシの変態において尾が吸収される過程に関与する酵素として発見され、1968年にはヒトの皮膚に存在することが示された。MMPファミリーに属する酵素は分泌型と膜結合型の二種類に分類される。分泌型MMPは産生後、分泌細胞から離れたところにおいても働くが、膜結合型は細胞表面に発現しているので活動範囲は狭い。マトリックスメタロプロテアーゼ フレッシュアイペディアより)

  • エミネット

    エミネットから見たコラーゲンコラーゲン

    2000年3月から販売を開始したフィッシュコラーゲン「天使のララ」は、魚の鱗からコラーゲンを抽出する技術について鳥取大学と鳥取県産業技術センターの協力を得るなど産学官の密接な連携の下で開発され、アンチエイジング商品としてインターネットで注目を集めている。エミネット フレッシュアイペディアより)

  • 線維芽細胞

    線維芽細胞から見たコラーゲンコラーゲン

    線維芽細胞(せんいがさいぼう、)は、結合組織を構成する細胞の1つ。コラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸といった真皮の成分を作り出す。線維芽細胞 フレッシュアイペディアより)

  • 線維軟骨

    線維軟骨から見たコラーゲンコラーゲン

    線維軟骨(せんいなんこつ、英:fibro cartilage)とは、仙腸関節、顎関節、胸鎖関節、椎間円板、恥骨結合、関節半月、関節円板などを構成する軟骨。結合組織と軟骨の中間型で軟骨基質の大部分には密なコラーゲンが束となって多く含まれ、波状で走る。機能は関節の適合、緩衝、可動性の適正、関節内圧の均等、滑液の分散などをする。軸圧を受ける部位に多く存在していて、軸圧を直に受ける。線維軟骨 フレッシュアイペディアより)

  • キサントプロテイン反応

    キサントプロテイン反応から見たコラーゲンコラーゲン

    ゼラチンやコラーゲンなど、芳香族アミノ酸をほとんど含まないタンパク質は、キサントプロテイン反応もほとんど陽性を示さない。キサントプロテイン反応 フレッシュアイペディアより)

  • ゴルジ腱器官

    ゴルジ腱器官から見たコラーゲンコラーゲン

    ゴルジ腱器官とは骨格筋と腱の移行部にあるコラーゲン線維の皮膜に覆われた構造を持つ長さ500-1200μm、直径100-120μの腱の感覚器である。ゴルジ腱器官 フレッシュアイペディアより)

  • ヒドロキシル化

    ヒドロキシル化から見たコラーゲンコラーゲン

    プロリンのヒドロキシル化はタンパク質において重要で、Cγ原子に起こり、ヒドロキシプロリンとなる。これは、コラーゲンの架橋結合にとって必須要素である。プロリンのヒドロキシル化反応は、低酸素誘導因子(英:HIFs)にとっても必要不可欠な反応である。また、プロリンのヒドロキシル化反応がCβで起こる場合もある。リシンにヒドロキル化反応が起こると、C5の位置で反応し、ヒドロキシリシンとなる。ヒドロキシル化 フレッシュアイペディアより)

  • 細網線維

    細網線維から見たコラーゲンコラーゲン

    細網線維(さいもうせんい、英:Reticular fiber)またはレチクリンは、III型コラーゲンで構成される結合組織の線維の種類を記述するために使用されている組織学用語である。細網線維は、網状の繊維が細かい網(レチクリン)を形成するために架橋している。この網目は、肝臓、骨髄などの軟組織の支持網やリンパ系の組織や臓器として機能する。細網線維 フレッシュアイペディアより)

  • 一次構造

    一次構造から見たコラーゲンコラーゲン

    プロリン残基は2か所で、リシンは1か所で水酸化されうる。ヒドロキシプロリンはコラーゲンを安定化される主要成分である。水酸化はアスコルビン酸を必要とする酵素によって触媒されており、これが不足すると壊血病など関節組織の障害を引き起こす。一次構造 フレッシュアイペディアより)

  • オステオカルシン

    オステオカルシンから見たコラーゲンコラーゲン

    オステオカルシン (osteocalcin) は骨の非コラーゲン性タンパク質として25%を占めるタンパク質である。オステオカルシン フレッシュアイペディアより)

217件中 51 - 60件表示

「コラーゲン」のニューストピックワード