217件中 61 - 70件表示
  • 椎間板

    椎間板から見たコラーゲンコラーゲン

    椎間板(ついかんばん)、または椎間円板(ついかんえんばん)は、椎骨と呼ばれる脊柱を構成している一つ一つの骨の間に存在する円形の線維軟骨。ゼラチン状の髄核とコラーゲンを含む線維輪から成っており、椎骨にかかる衝撃を吸収する。また、椎骨の微妙な動きを可能にする軟骨関節を形成し、靭帯とともに脊椎を保持する役割を持つ。椎間板 フレッシュアイペディアより)

  • 蛍光顕微鏡

    蛍光顕微鏡から見たコラーゲンコラーゲン

    試料によっては、観察対象となる部位以外から蛍光が発生し、これが背景ノイズとなって観察の邪魔になることがある。この現象を“自家蛍光”と呼ぶ。生物試料で特に問題になるのはクロロフィル b・コラーゲン・フィブリリン・フラビン・インドールアミン類・NADH・NADPH・ポリフェノール類・トリプトファンなどが挙げられる。この現象をクリアするために、対象物質を化学的に除く、問題となる物質が蛍光しない波長で励起を行うなどの手法がある。蛍光顕微鏡 フレッシュアイペディアより)

  • 粘膜

    粘膜から見たコラーゲンコラーゲン

    膠原繊維が密に構成する結合組織の層。粘膜 フレッシュアイペディアより)

  • スジ肉

    スジ肉から見たコラーゲンコラーゲン

    なお、スジ肉およびその煮汁は多量のゼラチン質が含まれており、味をつけて煮た野菜などと一緒に冷やすと固まり、ゼリー寄せ、あるいは煮凝りができる。ゼラチン質はコラーゲンの塊のようなものであることから、美容を意識して食べる事も勧められるが、その場合は前述した脂について留意したほうが良い。スジ肉 フレッシュアイペディアより)

  • メチルブルー

    メチルブルーから見たコラーゲンコラーゲン

    メチルブルー(Methyl Blue)は、C37H27N3Na2O9S3の化学式で表される化合物である。コットンブルー(Cotton blue)、ヘルベチカブルー(Helvetia blue)、アシッドブルー93(Acid blue 93)、C.I. 42780などの別称がある。メチルブルーは組織学的な研究の際に、膠原線維などの結合組織やコラーゲンを青く染める染料として用いられる。メチルブルーは水溶性で、エタノールにも多少溶ける。アザン・マロリー染色などで、膠原線維を青く染色する際に用いることがある。メチルブルー フレッシュアイペディアより)

  • メチルブルー

    メチルブルーから見た膠原線維コラーゲン

    メチルブルー(Methyl Blue)は、C37H27N3Na2O9S3の化学式で表される化合物である。コットンブルー(Cotton blue)、ヘルベチカブルー(Helvetia blue)、アシッドブルー93(Acid blue 93)、C.I. 42780などの別称がある。メチルブルーは組織学的な研究の際に、膠原線維などの結合組織やコラーゲンを青く染める染料として用いられる。メチルブルーは水溶性で、エタノールにも多少溶ける。アザン・マロリー染色などで、膠原線維を青く染色する際に用いることがある。メチルブルー フレッシュアイペディアより)

  • 地球大進化〜46億年・人類への旅

    地球大進化〜46億年・人類への旅から見たコラーゲンコラーゲン

    南アフリカ・ナミビアの迷子石から説き起こし、赤道付近にも氷河が発達していた事を示して22億年前と6億年前に赤道までが完全に氷に覆われた全球凍結が起こった事を紹介する。この現象には、藍藻などの生命の活動が大きく関わっており、炭酸ガスを吸収して酸素を放出し地球環境を作り替えるまでに至ったと説く。また、高い酸素濃度がコラーゲン繊維の合成を可能とし、大型の生物の誕生を可能とした。地球大進化〜46億年・人類への旅 フレッシュアイペディアより)

  • ノルゾアンタミン

    ノルゾアンタミンから見たコラーゲンコラーゲン

    ノルゾアンタミンはコラーゲン繊維に結合し、その二次構造を安定化する。このことで骨に存在するコラーゲンにヒドロキシアパタイトが沈着し、骨形成が起こると考えられている。また、ノルゾアンタミンはエラスチン・血清アルブミンなどの細胞外マトリックスとも相互作用する。ノルゾアンタミン フレッシュアイペディアより)

  • ビタミンC誘導体

    ビタミンC誘導体から見たコラーゲンコラーゲン

    APは、ニキビ跡の赤みや色素沈着、窪み、皮脂分泌の抑制、コラーゲンの生成の促進など効果が報告されている。ビタミンC誘導体 フレッシュアイペディアより)

  • 果汁グミ

    果汁グミから見たコラーゲンコラーゲン

    果汁グミ(かじゅうグミ)は、明治が製造・販売しているグミである。果汁の多さをセールスポイントにしてきたが、近年は無着色やコラーゲン配合量の多さも共に謳っている。もとは明治製菓から発売されていた。果汁グミ フレッシュアイペディアより)

217件中 61 - 70件表示

「コラーゲン」のニューストピックワード