301件中 61 - 70件表示
  • ヒポデルミンC

    ヒポデルミンCから見たコラーゲンコラーゲン

    天然のコラーゲンを含むタンパク質を-Ala結合で加水分解し、75%のN末端断片と25%のC末端断片を生成する。ヒポデルミンC フレッシュアイペディアより)

  • 生体材料

    生体材料から見たコラーゲンコラーゲン

    絹糸が縫合糸として古くから用いられているのをはじめとして、多くの生体由来材料が用いられている。コラーゲンのように、一旦素材化したものだけでなく、細胞を取り除いた組織 (脱細胞組織) をそのまま用いることも行われている (例:人工心臓弁)生体材料 フレッシュアイペディアより)

  • 異物反応

    異物反応から見たコラーゲンコラーゲン

    体内に異物が侵入すると補体系が活性化され、アナフィラトキシンが生成される。アナフィラトキシンは肥満細胞の脱顆粒を促し、炎症を引き起こす。この時放出されるヒスタミンには貪食細胞に対する走化性を持つ。誘導された貪食細胞は異物表面に吸着するが、異物が10μmより大きい場合はマクロファージは異物巨細胞へと合一する。吸着したマクロファージおよび異物巨細胞は、異物表面に細胞膜で囲われた微小環境を形成し、ここに活性酸素種などを放出することにより異物の分解を試みる。また、これらの単球系細胞はTGF-βを産生し、線維芽細胞によるコラーゲンの産生を促す。異物反応 フレッシュアイペディアより)

  • スルフィルイミン

    スルフィルイミンから見たコラーゲン コラーゲン

    スルフィルイミン結合は、細胞外マトリクスに見られるIV型コラーゲン内にみられ、その安定化に一定の役割を果たしている。隣接する2鎖のポリペプチド上に存在する、ヒドロキシリシンの側鎖のアミンとメチオニンの側鎖のスルフィドがスルフィルイミン結合を形成することで、IV型コラーゲンのトリマー形成を補助している。スルフィルイミン フレッシュアイペディアより)

  • メチルブルー

    メチルブルーから見た膠原線維コラーゲン

    メチルブルー(Methyl Blue)は、C37H27N3Na2O9S3の化学式で表される化合物である。コットンブルー(Cotton blue)、ヘルベチカブルー(Helvetia blue)、アシッドブルー93(Acid blue 93)、C.I. 42780などの別称がある。メチルブルーは組織学的な研究の際に、膠原線維などの結合組織やコラーゲンを青く染める染料として用いられる。メチルブルーは水溶性で、エタノールにも多少溶ける。アザン・マロリー染色などで、膠原線維を青く染色する際に用いることがある。メチルブルー フレッシュアイペディアより)

  • メチルブルー

    メチルブルーから見たコラーゲンコラーゲン

    メチルブルー(Methyl Blue)は、C37H27N3Na2O9S3の化学式で表される化合物である。コットンブルー(Cotton blue)、ヘルベチカブルー(Helvetia blue)、アシッドブルー93(Acid blue 93)、C.I. 42780などの別称がある。メチルブルーは組織学的な研究の際に、膠原線維などの結合組織やコラーゲンを青く染める染料として用いられる。メチルブルーは水溶性で、エタノールにも多少溶ける。アザン・マロリー染色などで、膠原線維を青く染色する際に用いることがある。メチルブルー フレッシュアイペディアより)

  • アミノ酸年代測定法

    アミノ酸年代測定法から見たコラーゲンコラーゲン

    100℃程度の高温下でも、6時間程度であれば化学反応によるラセミ化はほとんど発生せず、誤差の要因になりにくい。歯が変色している場合にはサンプル表面だけで評価すると誤差が大きくなる場合がある。焼死体の歯であっても、コラーゲン性ではないタンパク質で評価すれば誤差は少ない。アミノ酸年代測定法 フレッシュアイペディアより)

  • ヒストリサイン

    ヒストリサインから見たコラーゲンコラーゲン

    基底膜のコラーゲンやアゾカゼインを含むタンパク質を加水分解する。特にZ-Arg-Arg-!NHMecを含む小分子基質のArg-Arg-を好んで切断する。ヒストリサイン フレッシュアイペディアより)

  • 線維状タンパク質

    線維状タンパク質から見たコラーゲンコラーゲン

    線維状タンパク質は、棒や針金の様な形をした長い線維状の構造を作る。これらは通常不活性であるか貯蔵用のタンパク質である。水には溶けず、疎水性のアルキル基を外側に向けて凝集している。アミノ酸配列には短い残基の繰り返しがしばしば見られ、またコラーゲンの三重らせんのような珍しい二次構造を取ることがある。ケラチンのジスルフィド結合の様な主鎖間の架橋構造が見られることもある。線維状タンパク質 フレッシュアイペディアより)

  • プロコラーゲンNエンドペプチダーゼ

    プロコラーゲンNエンドペプチダーゼから見たコラーゲンコラーゲン

    プロコラーゲンNエンドペプチダーゼ(Procollagen peptidase、)は、procollagen N-terminal peptidase、procollagen aminopeptidase、aminoprocollagen peptidase、aminoterminal procollagen peptidase、procollagen aminoterminal protease、procollagen N-terminal proteinase、type I/II procollagen N-proteinase、type III procollagenとも呼ばれる、コラーゲンの分解に関連するエンドペプチダーゼである。このプロテアーゼは、プロコラーゲンの末端のペプチドを除去する。この酵素の欠乏は、エーラス・ダンロス症候群を引き起こす。プロコラーゲンNエンドペプチダーゼ フレッシュアイペディアより)

301件中 61 - 70件表示

「コラーゲン」のニューストピックワード