301件中 71 - 80件表示
  • 靭帯

    靭帯から見たコラーゲンコラーゲン

    靭帯(じんたい)は、強靭な結合組織の短い束で、骨と骨を繋ぎ関節を形作る。主成分は長いコラーゲンの線維である。靭帯には関節の可動域を制限する働きもある。なお、骨と骨格筋を繋ぐのは靱帯ではなく腱である。靭帯 フレッシュアイペディアより)

  • 粗

    から見たコラーゲンコラーゲン

    近年、マグロなどに多く含まれるDHA(ドコサヘキサエン酸)や、骨を加工した健康食品のサメ軟骨(コンドロイチン・グルコサミン・コラーゲンなど)、菓子(カルシウム)やサケの中骨が人気となったこともあり、各地域でも独自の製品が販売されるようになった。 フレッシュアイペディアより)

  • 結節性筋膜炎

    結節性筋膜炎から見た膠原線維コラーゲン

    病理組織学的には紡錘形筋線維芽細胞の錯綜増殖が基調である。典型例はconfluent phaseの培養細胞を位相差顕微鏡で観察したときのようなパターンと形容される。細胞間の膠原線維の介在は線維腫や線維腫症に比較して乏しい。旺盛な増殖能を反映して核分裂像が強拡大1視野で1-2個存在するが,真の肉腫に認められるような異常核分裂像は観察されない。症例によっては核の大型化や多核化した細胞が混在する。種々の程度に赤血球成分の病変内漏出が認められる。炎症細胞(リンパ球,組織球)の浸潤が目立つ例も多い。毛細血管分布も豊富であるが肉芽組織で観察されるような内皮細胞の腫大した血管は稀である。増殖細胞のほとんどは平滑筋原性アクチンが陽性であり筋線維芽細胞に分化していると理解されている。結節性筋膜炎 フレッシュアイペディアより)

  • 肝細胞

    肝細胞から見たコラーゲンコラーゲン

    肝細胞の細胞核は分散したクロマチンと明確な核小体を持ち球形である。四倍性、多倍性が通常50%以上の肝細胞において起こっているため、核の大きさにはばらつきが見られる。二核細胞もまた良く見られる。肝細胞は平板状に整列しており、レチクリン(コラーゲン タイプ III)ネットワークで支えられた脈管構造(類洞()で区切られている。肝細胞板は哺乳類においては一細胞層であり、ニワトリにおいては二細胞層である。類洞は不連続で有窓の血管内皮細胞からなる。この血管内皮細胞は基底膜を持たず、リンパ液をリンパ系へと送りだすディッセ腔により肝細胞から離されている。内皮細胞間には、細網内皮系の一部である食作用をもつ単球由来のクッパー細胞が散見される。ビタミンAを貯蔵し、細胞外マトリックスとコラーゲンを生成する伊東細胞も内皮細胞間に存在するが、光学顕微鏡で発見することは難しい。 さらに肝細胞は肝小葉と言われる集合体を形成し分葉構造を呈する。肝細胞 フレッシュアイペディアより)

  • コラーゲンマシーン

    コラーゲンマシーンから見たコラーゲンコラーゲン

    もともとは、医療用、または日照時間が少ない地域での健康のために使用する装置として開発された。コラーゲンという単語が使われているが、コラーゲンそのものが発生する機器ではない。現在は、オランダ製の機器の輸入が主流。コラーゲンマシーン フレッシュアイペディアより)

  • 桜湯

    桜湯から見たコラーゲンコラーゲン

    サクラの花の抽出物には、肌のシワやたるみの原因になるコラーゲンの糖化を抑制する抗糖化作用や、線維芽細胞のコラーゲン格子形成増加作用が備わっている。老化を抑制する抗糖化食品として注目されている。桜湯 フレッシュアイペディアより)

  • ビタミンC誘導体

    ビタミンC誘導体から見たコラーゲンコラーゲン

    APは、ニキビ跡の赤みや色素沈着、窪み、皮脂分泌の抑制、コラーゲンの生成の促進など効果が報告されている。ビタミンC誘導体 フレッシュアイペディアより)

  • スポンジン

    スポンジンから見たコラーゲンコラーゲン

    スポンジン (Spongin) は、コラーゲンの1種のタンパク質であり、海綿動物の多くの繊維状骨格を形成する。スポンゴサイトと呼ばれるスポンジ細胞から分泌される。スポンジン フレッシュアイペディアより)

  • アルポート症候群

    アルポート症候群から見たコラーゲンコラーゲン

    アルポート症候群はIV型コラーゲンの異常に基づく先天性疾患であり、原因となる遺伝子はIV型コラーゲンのα鎖に関わっているCOL4A3, COL4A4, COL4A5の3つが知られるが、COL4A3とCOL4A4は第2染色体上に、COL4A5はX染色体上にあり、それぞれ常染色体劣性遺伝、伴性優性遺伝の形式を示す。アルポート症候群の約80%が伴性優性遺伝を示すCOL4A5が原因である。IV型コラーゲンは腎臓の糸球体基底膜や蝸牛のらせん靭帯にあり、これらが障害されることにより腎障害や感音性難聴をきたすとされている。アルポート症候群 フレッシュアイペディアより)

  • 脱細胞

    脱細胞から見たコラーゲンコラーゲン

    アニオン性界面活性剤 (ドデシル硫酸ナトリウム)、酵素 (トリプシン)、ノニオン性界面活性剤 (Triton X-100) がコラーゲンとエラスチンのを保つことによって細胞外マトリックスの強度と機能を保ったまま細胞を除去することのできる薬剤である。アニオン性界面活性剤は脂質間の相互作用に、ノニオン性界面活性剤は重要なタンパクの機能を阻害することにより、細胞を剥離する。脱細胞 フレッシュアイペディアより)

301件中 71 - 80件表示

「コラーゲン」のニューストピックワード