301件中 81 - 90件表示
  • マキアレイベル

    マキアレイベルから見たコラーゲンコラーゲン

    メイン商品である『クリアエステヴェールシリーズ』は、美容液ファンデーション売上市場において、先のカテゴリで11年連続No.1を維持している。※クリアエステヴェール、薬用クリアエステヴェールを含んだシリーズ ※コラーゲン/コエンザイムQ10/ヒアルロン酸のいずれかを配合し、スキンケア効果を追求した液状ファンデーションにおける2004?2013年実績。 : (総合企画センター大阪調べ)マキアレイベル フレッシュアイペディアより)

  • ゼラチナーゼB

    ゼラチナーゼBから見たコラーゲンコラーゲン

    ゼラチナーゼB(Gelatinase B、)は、酵素である。I型とV型のゼラチンやIV型、V型のコラーゲンを切断する反応を触媒する。ゼラチナーゼB フレッシュアイペディアより)

  • 圧電効果

    圧電効果から見たコラーゲンコラーゲン

    骨 … 乾燥した骨は、いくらかのピエゾ電気特性を示す。深田栄一による研究は、アパタイト結晶(中心対称であり、非圧電性となる)が要因ではなく、コラーゲンにより圧電特性があることを示した。圧電効果 フレッシュアイペディアより)

  • 破骨細胞

    破骨細胞から見たコラーゲンコラーゲン

    破骨細胞は骨基質を溶かして吸収する。具体的には周りにコラゲナーゼや水素イオンその他のサイトカインを放出し、コラーゲンの分解やカルシウム塩結晶の融解を引き起こす。また、酵素によって浸食された部位ではハウシップ窩(Howship's lacuna)というくぼみができる。活発な破骨細胞の骨基質に接する表面、つまりハウシップ窩側は不規則なひだ状である。この突起は波状縁(ruffled border)と呼ばれ、この周囲はアクチンフィラメントが多く明帯とよばれる。破骨細胞 フレッシュアイペディアより)

  • 翼猫

    翼猫から見たコラーゲンコラーゲン

    猫皮膚無力症はコラーゲン欠陥によりおこる。コラーゲンは皮膚細胞をつなぎとめる効果があるたんぱく質である。この症状はdermatoproxy、遺伝性皮膚欠陥、弾性皮膚とも呼ばれ、同様のものが人間、犬、ミンク、馬、牛、羊においても現れる(エーラス・ダンロス症候群)。牛、羊のものはdermatosparaxisと呼ばれる。馬の類似した症状はcollagen dysplasiaと呼ばれる。皮膚は異常に壊れやすく、皮膚で出来た翼は怪我が原因で容易に裂けたり抜け落ちたりする。この例として「モルフ」がある。翼猫 フレッシュアイペディアより)

  • キサントプロテイン反応

    キサントプロテイン反応から見たコラーゲンコラーゲン

    ゼラチンやコラーゲンなど、芳香族アミノ酸をほとんど含まないタンパク質は、キサントプロテイン反応もほとんど陽性を示さない。キサントプロテイン反応 フレッシュアイペディアより)

  • フィブロイン

    フィブロインから見たコラーゲンコラーゲン

    特に、最近開発が進んでいるのが、食べるシルクである。パウダー状のものから錠剤まで、さまざまなフィブロインの栄養補助食品が開発されている。フィブロインの成分で最も多いグリシンは、コラーゲンや天然保湿因子の原料になる他、神経を静める作用、目覚めがよくなる作用、あるいはコレステロール値の抑制や免疫力の向上などの働きがあることが知られている。また、アラニンは、グリシン同様、コラーゲンや天然保湿因子の原料になる他、体内でエネルギーに変わるとともに、疲れにくく、肝機能をサポートする働き、体脂肪を分解する働きも認められている。さらに、セリンは表皮や爪、髪をつくるシステインの基でもある。こうしたフィブロインに含まれるアミノ酸に着目し、美容と健康のサポートを目的とした栄養補助食品の実用化が進んでいるのである。フィブロイン フレッシュアイペディアより)

  • 粘膜

    粘膜から見たコラーゲンコラーゲン

    膠原繊維が密に構成する結合組織の層。粘膜 フレッシュアイペディアより)

  • RGDモチーフ

    RGDモチーフから見たコラーゲンコラーゲン

    フィブロネクチンにRGD配列が発見されて以来、ビトロネクチン、コラーゲン、オステオポンチン、ラミニンなど数十種類の細胞接着性タンパク質にRGD配列が見つかり、その多くは、細胞接着能を発揮していた。つまり、RGDモチーフは各種細胞接着性タンパク質に共通の細胞接着配列であり、かつ、動物進化分類学上も多様な生物種に存在する普遍的な細胞接着配列と考えられた。RGDモチーフ フレッシュアイペディアより)

  • ポリプロリンヘリックス

    ポリプロリンヘリックスから見たコラーゲンコラーゲン

    (φ,ψ) = (-75°,150°) を代入するとΩ=-120°が得られ、ヘリックスが左巻きで3残基で1巻きすることが分かる。また1巻き当たり軸方向に3.1Å進む。この構造は、主にプロリン、ヒドロキシプロリンとグリシンから構成されるコラーゲンの構造といくらか似ている。ポリプロリンIIヘリックスはSH3 ドメインと結合しており、この結合はタンパク質間相互作用などに重要な役割を果たす。ポリプロリンヘリックス フレッシュアイペディアより)

301件中 81 - 90件表示

「コラーゲン」のニューストピックワード