217件中 81 - 90件表示
  • ヒドロキシプロリン

    ヒドロキシプロリンから見たコラーゲンコラーゲン

    ヒドロキシプロリンはコラーゲンの主要な成分であり、プロリンとともにコラーゲンの安定性を担っている。これらは、コラーゲンのらせんをきつく巻くことを可能にし、また水素結合を作ることで、コラーゲンの三本鎖らせんを安定化している。コラーゲン以外には滅多に見られないが、哺乳類の持つタンパク質で他に唯一含まれているのはエラスチンである。このため、ヒドロキシプロリンはコラーゲンやゼラチンの量を測定する指標となりうる。ヒドロキシプロリン フレッシュアイペディアより)

  • 薬事法と食品表示・食品広告

    薬事法と食品表示・食品広告から見たコラーゲンコラーゲン

    【変更前】素肌いきいき/アミノ酸は、コラーゲンやエラスチン、ケラチン等の皮膚に多く存在するたんぱく質を構成する成分であり、プリプリ肌のための栄養素です。薬事法と食品表示・食品広告 フレッシュアイペディアより)

  • 歯の発生

    歯の発生から見たコラーゲンコラーゲン

    歯小嚢からの細胞が歯根膜を形成する。乳歯、永久歯、そして多くの種類の動物で歯根膜の形成に関する条件は異なる。それにもかかわらず、歯根膜の形成は歯小嚢からの靱帯繊維芽細胞から始まる。これらの繊維芽細胞はコラーゲンを産生する。このコラーゲンが歯槽骨とセメント質表面の繊維と相互に作用する。この相互作用が歯が口に萌出するときに連結となる。反対の顎の歯とどのように互いに咬合するかは歯根膜の形成に影響を与える。この絶え間ない歯根膜の形成が、水平的や傾斜した歯根膜のように異なった方向の繊維群の形成を導く。歯の発生 フレッシュアイペディアより)

  • 歯の発生

    歯の発生から見た膠原繊維コラーゲン

    歯根とセメント質の形成が始まるとともに、隣接した区域にて、骨の形成が始まる。骨を作る細胞は骨芽細胞と呼ばれる。歯槽骨の場合、骨芽細胞は歯小嚢から作られる。無細胞セメント質同様、膠原繊維は歯に最も近い面にて作られ、歯根膜につくまではそこに残る。歯の発生 フレッシュアイペディアより)

  • ニッピ

    ニッピから見たコラーゲンコラーゲン

    株式会社ニッピは、東京都足立区に本社を置くゼラチン、コラーゲン、皮革などを主力事業とする日本の企業である。ニッピ フレッシュアイペディアより)

  • エオシン

    エオシンから見た膠原線維コラーゲン

    顕微鏡検査の際に細胞質、膠原線維、筋線維の染色に用いられる。このエオシンに染まりやすい組織をエオシン好性と呼ぶ。エオシンYとエオシンBの2つの誘導体がある。エオシン フレッシュアイペディアより)

  • ラックス (ヘアケア・ボディケア)

    ラックス (ヘアケア・ボディケア)から見たコラーゲンコラーゲン

    「ビューティリファイン」:2012年8月発売。コエンザイムQ10・コラーゲン・スクワランなどを含有し、加齢による髪のうねりやパサつきをケアする。ラックス (ヘアケア・ボディケア) フレッシュアイペディアより)

  • 靭帯

    靭帯から見たコラーゲンコラーゲン

    靭帯(じんたい)は、強靭な結合組織の短い束で、骨と骨を繋ぎ関節を形作る。主成分は長いコラーゲンの線維である。靭帯には関節の可動域を制限する働きもある。なお、骨と骨格筋を繋ぐのは靱帯ではなく腱である。靭帯 フレッシュアイペディアより)

  • 世田谷自然食品

    世田谷自然食品から見たコラーゲンコラーゲン

    ギュッとコラーゲンゼリー世田谷自然食品 フレッシュアイペディアより)

  • ウォーターブルー

    ウォーターブルーから見たコラーゲンコラーゲン

    ウォーターブルー () は、染色に使われる有機化合物である。コラーゲンを青く染色する。ウォーターブルー フレッシュアイペディアより)

217件中 81 - 90件表示

「コラーゲン」のニューストピックワード