前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
573件中 1 - 10件表示
  • 石橋玄俊

    石橋玄俊から見たコレラコレラ

    コレラに罹り、大正5年(1916年)頃亡くなる。75歳であった。石橋玄俊 フレッシュアイペディアより)

  • マックス・フォン・ペッテンコーファー

    マックス・フォン・ペッテンコーファーから見たコレラコレラ

    マックス・ヨーゼフ・フォン・ペッテンコーファー(Max Josef von Pettenkofer、1818年12月3日 - 1901年2月9日)は、ドイツ(バイエルン王国)の衛生学者、化学者。姓はペッテンコーフェルとも表記される。化学的手法を用いて衛生学の発展に寄与し、ミュンヘン大学にドイツ初の衛生学講座を設立してその教授を務めた。「近代衛生学の父」「環境医学の父」「実験衛生学の父」とも呼ばれる。特に生活環境と病気発生との関係を重視して下水道整備の重要性を説き、下水道の普及と衛生行政の発展に多大な功績をおさめた。一方、病気の発生理論に関わる見解の違いから、ロベルト・コッホらと論争を行い、コレラの病因論争において、コレラ菌を自ら飲んだエピソードでも知られる。緒方正規、森林太郎(森鴎外)のドイツ留学時代の恩師であり、彼が祖となったドイツ式の近代衛生学が日本の衛生学に与えた影響も大きい。なお、鴎外の孫の名前である真樟(まくす)は、ペッテンコーファーの名前から名付けられた。マックス・フォン・ペッテンコーファー フレッシュアイペディアより)

  • 疫学

    疫学から見たコレラコレラ

    疫学の始まりはのコレラ研究にあると言われる。コレラのイギリス侵入(1831年10月)当時、コレラは空気感染すると考えられており恐れられていた。しかしスノウは同じ流行地域でも患者が出る家は飛び飛びである等の知見を得て空気感染説に疑問を持ち、「汚染された水を飲むとコレラになる」という「経口感染仮説」を立て、疫学的調査と防疫活動を行った。疫学 フレッシュアイペディアより)

  • アヘンチンキ

    アヘンチンキから見たコレラコレラ

    とある調査にこうある。「一時的なものであれ、咳や下痢や痛みを和らげる薬がなぜ一般受けするかを理解するには、その時代のでの生活がどのようなものであったかを考えなければならない」1850年代には、「コレラや赤痢が様々な地域で蔓延し、罹患者は下痢による衰弱でしばしば命を落とした」「また、浮腫や結核、マラリアそしてリューマチも一般に見られた」アヘンチンキ フレッシュアイペディアより)

  • レ・ミゼラブル 少女コゼット

    レ・ミゼラブル 少女コゼットから見たコレラコレラ

    その頃、パリではコレラが流行し、民衆から慕われていたラマルク将軍も危篤状態に陥っていた。フォルス監獄に収監されていたパトロン=ミネットの脱獄に加え、「ABCの友」など反体制派の活動も活発化など不穏な空気が漂う。レ・ミゼラブル 少女コゼット フレッシュアイペディアより)

  • ウェルシュ菌

    ウェルシュ菌から見たコレラコレラ

    イオタ毒素遺伝子はE型ウェルシュ菌のプラスミドDNAからクローニングされた。Ia遺伝子、Ib遺伝子の順に並び、同じ方向で転写され両者の間に存在する短い非コード領域が243b.p存在する。その塩基配列から推定されるIaのアミノ酸配列よりIaは454残基で発現する。N末側の41残基のシグナルペプチドが外れて、413残基の分子量47,605の蛋白質として産出される。このプロトキシンからN末端の13残基のプロペプチドがはずれ活性体は400残基である。Ibは876残基(分子量98,467)で発現され、N末側の39残基のシグナルペプチドがはずれ、836残基(分子量941.023)から成るプロトキシンとして菌体外に放出される。プロトキシンはタンパク分解酵素の作用で211残基のプロペプチドがはずれ664残基のアミノ酸からなる分子量74,147の成熟タンパクとなることが知られている。Iaの推定アミノ酸配列と他の蛋白質の配列を比較すると、スピロフォルム菌が産出するι毒素様毒素の酵素成分であるSaとは約80%と高いアミノ酸相同性を示す。さらに同じADPリボシル化毒素ファミリーの酵素成分(A成分)セレウス菌とバチルス・チューリンゲンシスのVIP2の配列とは32%の相同性が認められ、C2毒素のC2?とは10%の相同性である。百日咳毒素、大腸菌易熱性エンテロトキシン、コレラ毒素、ボツリヌスC2毒素、ボツリヌスC3毒素、セレウス菌殺虫毒素といった種々のADPリボシル化酵素のアミノ酸配列には芳香族アミノ酸-Arg、芳香族アミノ酸-疎水性アミノ酸-Ser-Thr-Ser-疎水性アミノ酸、Glu/Gln-x-Gluの配列はよく保存されている。この部位はNAD+の結合や触媒活性に関与する共通モチーフと考えられている。さらにADPリボシル化毒素の中で立体構造が明らかになっているジフテリア毒素やコレラ毒素などと比較するとアミノ酸配列に相同性は認められないがADPリボシル化活性に寄与する触媒cavityの構造は著しく類似している。コレラ毒素、百日咳毒素、ジフテリア毒素はA-B毒素として知られている。ウェルシュ菌 フレッシュアイペディアより)

  • 李光洙

    李光洙から見たコレラコレラ

    平安北道義州府定州郡出身。10歳の時に両親をコレラで亡くす。1905年に一進会の留学生に選抜され、日本の大成尋常中学校を経て、明治学院在学中に小説の執筆活動を始める。帰国後、五山学校に赴任。一時シベリアを放浪するが、ロシア帝国の第一次世界大戦を受け帰国。日本に再留学し、早稲田大学に入学。その後、「二・八独立宣言」の起草に加わり上海に亡命、大韓民国臨時政府樹立に加わり独立新聞の編集長に就任する。帰国後、逮捕されるが起訴されず釈放される。その後東亜日報に就職。後に編集長に就任する。後に朝鮮日報に移籍し、同社副社長となる。李光洙 フレッシュアイペディアより)

  • 感染経路

    感染経路から見たコレラコレラ

    前者の例としてBSE、後者の例として病原性大腸菌O157(ブドウ球菌)、好塩菌、ボツリヌス菌やサルモネラ、腸チフス、パラチフス、赤痢、コレラ、アメーバ赤痢、ポリオ、A型肝炎、ワイル病、角結膜炎など。感染経路 フレッシュアイペディアより)

  • ハートレー事件

    ハートレー事件から見たコレラコレラ

    この事件は当時の日本国民の大きな関心を引き起こし、同じ頃に流行したコレラよりも深刻だとする見解もあったほどである。ハートレー事件 フレッシュアイペディアより)

  • トマス・メトカーフ

    トマス・メトカーフから見たコレラコレラ

    知事としてのメトカーフの主要な関心事は内国改良の問題だった。メトカーフが提案した計画の中にはシェルビービルからルイビルまでの道路や、オハイオ川滝を通す運河があった。アメリカ合衆国大統領アンドリュー・ジャクソンがメイズビルとレキシントンを繋ぐ有料道路の建設に連邦予算を充てる法案に拒否権を使ったとき、メトカーフは州の予算で全工事費を払い建設した。知事の任期が明けると州上院議員となり、1848年にはアメリカ合衆国上院議員ジョン・クリッテンデンが辞任したあとの空席を埋めて任期満了まで務めた。その後はニコラス郡にある領地、「フォレスト・リトリート」に引退し、1855年にコレラのために死去した。ケンタッキー州メトカーフ郡はメトカーフの栄誉を称えて名付けられたものである。トマス・メトカーフ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
573件中 1 - 10件表示

「コレラ」のニューストピックワード