前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
377件中 1 - 10件表示
  • 石橋玄俊

    石橋玄俊から見たコレラコレラ

    コレラに罹り、大正5年(1916年)頃亡くなる。75歳であった。石橋玄俊 フレッシュアイペディアより)

  • マックス・フォン・ペッテンコーファー

    マックス・フォン・ペッテンコーファーから見たコレラコレラ

    マックス・ヨーゼフ・フォン・ペッテンコーファー(Max Josef von Pettenkofer、1818年12月3日 - 1901年2月9日)は、ドイツ(バイエルン王国)の衛生学者、化学者。姓はペッテンコーフェルとも表記される。化学的手法を用いて衛生学の発展に寄与し、ミュンヘン大学にドイツ初の衛生学講座を設立してその教授を務めた。「近代衛生学の父」「環境医学の父」「実験衛生学の父」とも呼ばれる。特に生活環境と病気発生との関係を重視して下水道整備の重要性を説き、下水道の普及と衛生行政の発展に多大な功績をおさめた。一方、病気の発生理論に関わる見解の違いから、ロベルト・コッホらと論争を行い、コレラの病因論争において、コレラ菌を自ら飲んだエピソードでも知られる。緒方正規、森林太郎(森鴎外)のドイツ留学時代の恩師であり、彼が祖となったドイツ式の近代衛生学が日本の衛生学に与えた影響も大きい。なお、鴎外の孫の名前である真樟(まくす)は、ペッテンコーファーの名前から名付けられた。マックス・フォン・ペッテンコーファー フレッシュアイペディアより)

  • 神田下水

    神田下水から見たコレラコレラ

    江戸時代末期から明治時代初頭に断続的に発生したコレラの大流行は、東京府下でもその都度数千人規模の死者を出す猛威をふるった(詳細はコレラを参照)。このため1883年、明治政府は東京府に対して下水道網の整備を指示(水道溝渠等改良ノ儀)。1884年より神田駅西口周辺において総延長614mの下水道網が整備された。整備に当たっては、お雇い外国人であるヨハニス・デ・レーケが指導を行っている。神田下水 フレッシュアイペディアより)

  • 三河島水再生センター

    三河島水再生センターから見たコレラコレラ

    明治維新後、都市部での急激な近代化に伴う人口・工場の増加によって、下水の処理が深刻な問題となってきた。コレラ等の伝染病の流行もあって政府は衛生工学の専門家としてイギリスからウィリアム・K・バートンを招聘し、東京帝国大学教授・内務省顧問技師・東京市区改正委員会上水下水設計取調主任に任命。1889年(明治22年)にバートンらによって東京市下水設計第一報告書が提出され、この時の候補地の一つとして三河島が挙げられた。処理方法としては間歇砂ろ過が提案されたが、財政的な問題からこの計画は実行されなかった。三河島水再生センター フレッシュアイペディアより)

  • 東アフリカ大旱魃 (2011年)

    東アフリカ大旱魃 (2011年)から見たコレラコレラ

    世界保健機関(WHO)は、人口密集と不衛生のため、エチオピアで880万人がマラリア感染の危機にあり、5百万人がコレラ感染の危機にあると報告している。実例は無いが、ポリオ流行の可能性もあると指摘している。子供たちの栄養失調は、ケニアとエチオピアの一部地域で30%、ソマリア南部で50%に達したとも報じられている。国境なき医師団は自身の施設の中で、極度に栄養失調の子供1万人を治療している。東アフリカ大旱魃 (2011年) フレッシュアイペディアより)

  • 最近の出来事 2010年11月

    最近の出来事 2010年11月から見たコレラコレラ

    (社会)・(医療)米フロリダ州衛生局は、最近ハイチから帰国した女性がコレラに感染していると、発表した。ハイチ保健省は、17日までに1110人がコレラで死亡したと発表した。CNN、朝日新聞最近の出来事 2010年11月 フレッシュアイペディアより)

  • プリマハム

    プリマハムから見たコレラコレラ

    1967年 - コレラワクチン製造所からの払下げ豚肉(病菌豚)を原材料に使用及び食用肉として販売していた事実が発覚し、血清豚事件として社会問題になった。プリマハム フレッシュアイペディアより)

  • 李光洙

    李光洙から見たコレラコレラ

    平安北道義州府定州郡出身。10歳の時に両親をコレラで亡くす。1905年に一進会の留学生に選抜され、日本の大成尋常中学校を経て、明治学院在学中に小説の執筆活動を始める。帰国後、五山学校に赴任。一時シベリアを放浪するが、ロシア帝国の第一次世界大戦を受け帰国。日本に再留学し、早稲田大学に入学。その後、「二・八独立宣言」の起草に加わり上海に亡命、大韓民国臨時政府樹立に加わり独立新聞の編集長に就任する。帰国後、逮捕されるが起訴されず釈放される。その後東亜日報に就職。後に編集長に就任する。後に朝鮮日報に移籍し、同社副社長となる。李光洙 フレッシュアイペディアより)

  • 病原体

    病原体から見たコレラコレラ

    一方、環境説を支持していたペッテンコーファーは、コレラの病原体が細菌であるとする説に異を唱えて、1892年にコレラ菌を自ら飲む自己実験を行うことで自説の正しさを証明しようとした。この結果、ペッテンコーファー自身は激しい下痢を起こしたものの、コレラの主症状とされる脱水症状を起こさなかったため、細菌説の正しさに対してクレームがつけられる結果となった。しかしその後、他の研究者による追試の結果などから、最終的には、病原菌の毒性と宿主の抵抗性の、力のバランスによって発病するかどうかが決まることが次第に明らかになり、さらにその欠点を補いながら、細菌説の方がより正しい学説であることが証明されていくことになり、長く続いた環境説やミアズマ説との論争に決着がつけられた。病原体 フレッシュアイペディアより)

  • ヴェニスに死す

    ヴェニスに死すから見たコレラコレラ

    20世紀初頭のミュンヘン。著名な作家グスタフ・フォン・アッシェンバハは、執筆に疲れて英国式庭園を散策した帰り、異国風の男の姿を見て旅への憧憬をかきたてられる。いったんアドリア海沿岸の保養地に出かけたが、嫌気がさしてヴェネツィアに足を向ける。ホテルには長期滞在している上流階級のポーランド人家族がおり、その十代初めと思われる息子タージオの美しさにアッシェンバハは魅せられてしまう。やがて海辺で遊ぶ少年の姿を見るだけでは満足できなくなり、後をつけたり家族の部屋をのぞきこんだりするようになる。様々な栄誉に包まれた「威厳ある」作家である彼は、こうして美少年への恋によって放埒な心情にのめりこんでいく。だが、ヴェネツィアにはコレラが迫っていた。滞在客たちが逃げ出し閑散とするなか、しかしアッシェンバハは美少年から離れたくないためにこの地を去ることができない。そして、少年とその家族がついにヴェネツィアを旅立つ日、アッシェンバハはコレラに感染して死を迎えるのであった。ヴェニスに死す フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
377件中 1 - 10件表示

「コレラ」のニューストピックワード