573件中 91 - 100件表示
  • イスラ・クリスティナ

    イスラ・クリスティナから見たコレラコレラ

    1834年、グアディアナ河口付近からコレラの大流行が始まり、瞬く間にアンダルシアから遠く離れたエストレマドゥーラ、グラナダにまで広がった。同年4月12日、摂政マリア・クリスティーナは、住民の請願を受けて、レアル・イスラ・デ・ラ・イゲリータに自らの名を与えイスラ・クリスティナと改名させた。イワシ漁業は繁栄し、以後15年あまりで人口は2倍に増えた。19世紀後半にはマグロの囲い込み漁が導入され、漁船同士で650m四方の網を二重にして漁をするタラファ(es)も始まり、漁業技術が進化した。イスラ・クリスティナ フレッシュアイペディアより)

  • 熊谷蓮心

    熊谷蓮心から見たコレラコレラ

    現代まで続く筆墨業を扱う京都鳩居堂の4代目当主。家業のかたわら、相次ぐ飢饉や疫病に心を痛め、文政12年(1829年)以来、「麦飯のすすめ草」「飢饉用心書」「食物用心書」「飢饉せざる心得」などを頒布、天保の大飢饉に際しては京都三条の賀茂川河岸にお救い小屋を立てて援護活動にあたった。嘉永2年(1849年)には京都で種痘を実施するなど、コレラ対策の重要性を説いていたが、安政の大流行で援護活動中に自らも罹患して命を落とした。熊谷蓮心 フレッシュアイペディアより)

  • ダダーブ

    ダダーブから見たコレラコレラ

    キャンプ設営当初は深刻な問題が山積みされていた。例えば1998年まではハンガーなど粗末な器具での堕胎が20件以上行われていた。これも避妊具の配布などでかなり改善されている。2009年にはコレラの発生があった。ダダーブ フレッシュアイペディアより)

  • アントン・ヨハネス・ゲールツ

    アントン・ヨハネス・ゲールツから見たコレラコレラ

    その後、1877年から1879年(明治12年)にかけてコレラが日本で大流行した際、伝染病予防規則の制定を促すなど衛生行政の基礎確立に寄与した。アントン・ヨハネス・ゲールツ フレッシュアイペディアより)

  • ルーク・ブラックバーン

    ルーク・ブラックバーンから見たコレラコレラ

    ブラックバーンは地元公立学校で初期の教育を受けた。16歳のときに叔父で医師のチャーチル・ブラックバーンの下で医療の修業を始めた。その修行中にレキシントンやパリスで流行したコレラの患者を治療することで叔父を助けた。その後レキシントンのトランシルベニア大学に入学し、1835年3月に医学の学位を得た。卒業後はレキシントンで医療を開始し、近くのバーセイルズで流行ったコレラと戦う推進役になった。この疫病の間、治療に対する報酬を受け取らなかった。ルーク・ブラックバーン フレッシュアイペディアより)

  • 山根孝中

    山根孝中から見たコレラコレラ

    文政6年(1823年)、周防国吉敷郡矢原村(現在の山口市)にて医家・重嶺泰安の次男として出生。後に藩の一代雇医で叔父の山根文季の養子となる。安政5年(1858年)、吉田松陰の松下村塾に36歳で入塾。吉田松陰時代の松下村塾の塾生としては最年長だった。しかし同年に萩にもコレラが流行し、コレラに罹患した文季が1858年8月に57歳で他界。このため家督を継ぎ、萩・香川津の自宅に村医者として開業した。文久3年(1863年)眼科医としての評判により、養父と同じく藩から一代雇医に取り立てられる。翌元治元年(1864年)赤間関に医師として出張する傍ら、4ヵ国連合艦隊との激戦に参加し、講和成立後、宮市(現在の防府市)に転陣する奇兵隊に従った。軍医として活動はその後も及び、慶応元年(1865年)になると第二次長州征討に備えて徳地に駐屯していた干城隊や狙撃兵、諸兵の隊付医師として勤務した。そして慶応4年(1868年)に勃発した戊辰戦争では、干城隊・奇兵隊の一員として会津に向かい、会津城籠城戦においては、野戦病院で敵味方を問わず、戦傷者の治療や婦女子の救護にあたった。  山根孝中 フレッシュアイペディアより)

  • 鳴瀧幸恭

    鳴瀧幸恭から見たコレラコレラ

    市長就任当時、神戸市は急速な都市化への対応を迫られており、とりわけ飲料水確保のため上水道の建設が課題として持ち上がっていた。神戸では1877年(明治10年)以降、度々コレラが発生していたが、そのことと飲料水の確保を井戸水に頼っていたこととの関連が指摘され続けていた。鳴瀧幸恭 フレッシュアイペディアより)

  • 国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態

    国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態から見たコレラコレラ

    国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態(こくさいてきにけねんされるこうしゅうえいせいじょうのきんきゅうじたい、、)とは、大規模な疾病発生のうち、国際的な対応を特に必要とするもの。従来は黄熱病、コレラ、ペストの流行を指していたが、新興再興感染症やバイオテロに対応する必要性や、伝染病検知の隠蔽防止の観点からが2005年に改定され、原因を問うことなく国際的な公衆衛生上の脅威となりうるあらゆる事象が対象となった。国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態 フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・フォウルズ

    ジョン・フォウルズから見たコレラコレラ

    1939年にコレラに感染してカルカッタにて落命。ジョン・フォウルズ フレッシュアイペディアより)

  • 田沼健

    田沼健から見たコレラコレラ

    1893年(明治26年)3月21日、山梨県知事に就任。1894年(明治27年)にコレラ・赤痢が山梨県内に流行し、その防疫に尽力。また、1895年(明治28年)6月に甲府測候所を新設した。1896年(明治29年)8月12日に山梨県知事を依願免本官となり退官。その後、横浜に閑居した。田沼健 フレッシュアイペディアより)

573件中 91 - 100件表示

「コレラ」のニューストピックワード