377件中 91 - 100件表示
  • 近日息子

    近日息子から見たコレラコレラ

    近所の長屋では「あのアホンとこのおやっさん死なはったんかいな」と大騒ぎ。「何で死にはったんやろ」「私思いますに、こらイチコロやと」「そら、あんたトンコロ(コレラ)やろが」と、長屋の人たちもスカタンな事ばかり言って少しも話が進まない。近日息子 フレッシュアイペディアより)

  • シストロン

    シストロンから見たコレラコレラ

    1884年、シストロンはコレラ流行に見舞われ、8月23日から9月5日までの間に住民18人が死亡した。1889年、要塞が廃止された。シストロン フレッシュアイペディアより)

  • マノスク

    マノスクから見たコレラコレラ

    18世紀、マノスクでは市が開催されていた。この時代のマノスク旧市街は現在と同じ規模となり、東へ拡大していった。マノスクは、プロヴァンス全体を大きく損なった伝染病流行に影響を受けた(1720年はペスト、1834年はコレラ)。マノスク フレッシュアイペディアより)

  • 北急行

    北急行から見たコレラコレラ

    しかしこの計画は実現することはなかった。軌間可変車両の実用化には、ロシアとスペインが国防上の理由から強く抵抗したと推測されている。1884年のコレラの流行も、各国の国際列車に対する態度を消極的にしていた。またドイツも、ベルリンを通り過ぎるだけの列車に難色を示した。このため、列車はパリを境に北急行と南急行の2つに分断され、まず南急行が1887年から運転を始めた。軌間可変車両の開発も断念され、国境での乗り換えが必要となった。北急行 フレッシュアイペディアより)

  • カロリーネ・ア・ダンマーク

    カロリーネ・ア・ダンマークから見たコレラコレラ

    1848年以後、カロリーネは夫と共に父王フレゼリク6世が改築したベアンストーフ宮殿(Bernstorffs Palæ)で暮らしたが、宮廷では何の役割も果たさなかった。カロリーネは夫との静かで落ち着いた暮らしを好み、夫の浮気癖や借金にも目を瞑った。1839年に父王が死ぬと、カロリーネは父の思い出にこだわり、宮廷から遠ざかっていた。夫は宮廷で甥フレゼリク7世の妻ルイーセ・ラスムセンの付添役を務めたが、カロリーネ自身は国王ともその妻とも疎遠だった。1853年、コペンハーゲンでコレラが発生した時、カロリーネと夫フェアディナンは王家の他の人々と違い首都を離れなかったため、国民から大いに尊敬を集めた。カロリーネ・ア・ダンマーク フレッシュアイペディアより)

  • 粟粒熱

    粟粒熱から見たコレラコレラ

    1528年、4回目の大発生が生じ、この時はよりひどかった。最初に5月の終わりにロンドンで確認できた後、イングランド北部、スコットランド、アイルランドを除く、イングランド全体に急速に広がった。ロンドンでの死者は膨大であった。宮廷は酷い状態となり、ヘンリー8世はロンドンから逃げ出し、頻繁に居場所を変えた。アン・ブーリンはこの病気にかかって生存したと信じられている。この病気での最も特筆すべき事実は、ヨーロッパ全体で突然に大発生したことである。ハンブルクで突然発生し、急速に広がり、千人以上の死者を数週間で出した。このように猛烈な粟粒熱は、東ヨーロッパで猛烈な死亡率で、破壊的な被害を与えていった。この病気はコレラと同様に大きく広がり、12月にはスイスに、その後北に向かって、デンマーク、スウェーデン、ノルウェー、そして、東に向かって、リトアニア、ポーランド、ロシアへと広がった。この病気はフランスとイタリアには広まらなかった。ベルギーとオランダでは、9月28日の朝にアントウェルペンとアムステルダムの両方の都市で確認がされ、恐らくイングランドから直接来たものだと考えられる。感染した場所ではどこも、それは短時間の流行で、通常2週間より長引くことはなかった。この病気は、次の年まで持ち越したスイスの東部を除いて、その年の終わりには完全に消滅した。この後、ヨーロッパ本土では現れなかった。粟粒熱 フレッシュアイペディアより)

  • 邪教

    邪教から見たコレラコレラ

    日本では、江戸時代にキリシタン(隠れキリシタン)を邪宗と呼んで弾圧した。また明治時代にも、コレラの治療として神水を配布した蓮門教が淫祠邪教として徹底的に批判され衰退した。1935年(昭和10年)には、大本教などが淫祠邪教として政府から弾圧、全国紙でもそのように断定して批判、報道された。邪教 フレッシュアイペディアより)

  • 仁丹

    仁丹から見たコレラコレラ

    医療水準が十分でなかった当時の日本において、創業者の森下博が「病気は予防すべきものである」という考えに基づき、毎日いつでも服用できるようにと、台湾出兵に同行した際、現地の住民が服用していた丸薬をヒントに開発したものである。発売当時は、謳い文句として「完全なる懐中薬・最良なる毒消し(もしくは最良なる口中香剤)」という二文がついていた(なお、ここでいう「毒」とはコレラや梅毒のことを指しており、特にコレラは明治・大正期においては致死率の非常に高い病気であった)。仁丹 フレッシュアイペディアより)

  • 坂本乙女

    坂本乙女から見たコレラコレラ

    晩年は独(どく)と改名し、養子の坂本直寛(のち北海道北見市の開拓に従事)と共に暮らす。1879年(明治12年)、壊血病に罹り死去した。享年48(満47歳)。当時、死の病でもあったコレラの感染を恐れて野菜を食べなかったことが原因といわれる。坂本乙女 フレッシュアイペディアより)

  • SIDOOH/士道

    SIDOOH/士道から見たコロリコレラ

    主人公。上総国出身。愛称は「翔(しょう)」。コロリで亡くなった母の「腕を磨け」という言葉に、父の形見の剣を取り、弟と共に強くなるために江戸へ向けて旅立つ。途中で出会った清蔵により源太郎と共に白心郷に売られ、生き様(いきためし)の為の生贄に捧げられるも見事朝路を打ち破り瑠儀に認められる。以降は白心郷の童連として剣の修行を積む。二年後、立派に成長した翔は白心郷の刺客集団(白連隊)として黒船・ワシングトンを襲撃。黒船を撃沈した後、白心郷に裏切られ処刑された清蔵に変わり、白連隊の長となる。さらに一年後、各々の武士道を見つけ瑠儀を討ち取るべく江戸、会津では佐川官兵衛の元にて修行を積む。その腕前は新撰組の土方歳三と互角、怪我をしていた高杉晋作と対峙するときには、わざと自分も傷を負いながら打ち倒すほど成長した。根は優しい性格で武士としての礼儀を重んじる。SIDOOH/士道 フレッシュアイペディアより)

377件中 91 - 100件表示

「コレラ」のニューストピックワード