573件中 101 - 110件表示
  • 集団墓地

    集団墓地から見たコレラコレラ

    伝染病でも、極めて感染性が高く死亡率も高いもの(ペストやコレラなど)などでは、都市部を中心に爆発的な感染を見せ、都市周辺部の墓所は飽和する。加えて、遺体処置が不十分であった場合には、更にそこから病原体が撒き散らされるなど、被害を拡大させる要因ともなった。集団墓地 フレッシュアイペディアより)

  • 黒野義文

    黒野義文から見たコレラコレラ

    ロシア革命が起こった翌1917年、コレラにかかり病没。黒野義文 フレッシュアイペディアより)

  • 工藤卓爾

    工藤卓爾から見たコレラコレラ

    当時の青森の飲料水は非常に水質が悪く、それの対応として上水道の設備に取り掛かっていた。当時青森市では1886年にコレラ、1891年には腸チフスが大流行していた。だが、日露戦争の影響で着工が出来なくなり、1907年4月まで工事が開始されず、やっと完成したのは1909年の事であった。また、1901年には青森第三中学校(現:青森県立青森高等学校)を開校させている。工藤卓爾 フレッシュアイペディアより)

  • 長崎みなとメディカルセンター成人病センター

    長崎みなとメディカルセンター成人病センターから見たコレラコレラ

    1885年(明治18年)12月 - 長崎県が長崎区内外でのコレラ大流行を受け、竹ノ久保に「長崎伝染病院」を開設。長崎みなとメディカルセンター成人病センター フレッシュアイペディアより)

  • ヤン・ブリューゲル (父)

    ヤン・ブリューゲル (父)から見たコレラコレラ

    彼はアントウェルペンに工房を持ち、その地でコレラにより死去した。ヤン・ブリューゲル (父) フレッシュアイペディアより)

  • ネルハ

    ネルハから見たコレラコレラ

    しかし、19世紀初頭のスペイン独立戦争、19世紀を通じたカルリスタ戦争でネルハ経済は打撃を受けた。19世紀末にはフィロキセラの流行でブドウが作れなくなった。職を求めて南アメリカ大陸へ渡る住民が急増し、人口が約7,000人に落ち込んだ。20世紀初頭にはコレラ、チフスが流行した。統計調査では住民のうち約400人が貧困にあえぎ家もない状態で、次第に自治体内は無秩序に陥り、グアルディア・シビルが介入した。ネルハ フレッシュアイペディアより)

  • 難民キャンプ

    難民キャンプから見たコレラコレラ

    支援が受けられないキャンプでは飢餓が発生するほか、支援があったとしても公衆衛生の改善は後回しになることが多いため、コレラなどの伝染病が蔓延することもある。難民キャンプ フレッシュアイペディアより)

  • 鹿野武左衛門

    鹿野武左衛門から見たコレラコレラ

    当時1693年(元禄6年)コレラが流行し1万数千人以上が死亡した、南天と梅干の実が良く効くという風評が広がり、めぐりめぐって鹿野はこの事件に連座して召し捕られ大島に流罪(島流し)になる。鹿野武左衛門 フレッシュアイペディアより)

  • ヴォルブランツハウゼン

    ヴォルブランツハウゼンから見たコレラコレラ

    1855年、町の境界部分にあるヘーアーベルクに十四救難聖人を讃える霊場が設けられた。ここへの巡礼は、1850年からアイスフェルトで流行していたコレラをヴォルブランツハウゼンに持ち込み、30人の死者を出す原因となった。6月の第2日曜日に「小巡礼」が行われており、6月21日の後最初の日曜日に行われていた「大巡礼」は廃れていった。この他、9月の最終日曜日には聖エウスタキウスを讃える騎士のミサが行われる。ヴォルブランツハウゼン フレッシュアイペディアより)

  • クレーベック

    クレーベックから見たコレラコレラ

    ウンターアイヒスフェルトの他の集落同様、クレーベックも三十年戦争と七年戦争で甚大な被害を受けた。さらに1850年にウンターアイヒスフェルト地方で流行したコレラがこの村を襲った。両大戦で49人の住民が亡くなり、9人が行方不明のままとなった。近代には火災もしばしばこの町を苦しめた。1917年5月の大火は10軒の住居と14棟の納屋を焼き、1934年8月には4件の納屋が火災の犠牲となった。1973年からクレーベックは新たに合併したレンスハウゼンとともにザムトゲマインデ・ギーボルデハウゼンの一員となった。クレーベック フレッシュアイペディアより)

573件中 101 - 110件表示

「コレラ」のニューストピックワード