377件中 11 - 20件表示
  • パンデミック

    パンデミックから見たコレラコレラ

    これまでヒトの世界でパンデミックを起こした感染症には、天然痘、インフルエンザ、AIDSなどのウイルス感染症、ペスト、梅毒、コレラ、結核、発疹チフスなどの細菌感染症、原虫感染症であるマラリアなど、さまざまな病原体によるものが存在する。現在も、AIDS、結核、マラリア、コレラなど複数の感染症において、世界的な流行が見られるパンデミックの状態にあり、また毎年見られる季節性インフルエンザ(A/ソ連、A/香港、B型)の流行も、パンデミックの一種と言える。パンデミック フレッシュアイペディアより)

  • ビブリオ属

    ビブリオ属から見たコレラコレラ

    一部のビブリオ属菌は、ヒトに対する病原性を持っている。飲み水や菌の付着した魚介類を介して経口的に感染するの原因になるもののほか、汚染した水に浸かったときに傷口から感染(創傷感染)するものも存在する。ビブリオ属菌の感染症には、コレラや感染性胃腸炎(感染型食中毒)などの消化器感染症が多くみられるが、菌種によっては感染後に血中に移行して敗血症の原因になるものや、創傷感染による患部壊死を起こすものなども存在する。ビブリオ属 フレッシュアイペディアより)

  • 感染症の歴史

    感染症の歴史から見たコレラコレラ

    すなわち、コレラ、インフルエンザ、マラリア、麻疹、ペスト、猩紅熱、睡眠病(嗜眠性脳炎)、天然痘、結核、腸チフス、黄熱などが、ユーラシアとアフリカからアメリカ大陸へもたらされた。感染症の歴史 フレッシュアイペディアより)

  • レ・ミゼラブル 少女コゼット

    レ・ミゼラブル 少女コゼットから見たコレラコレラ

    しかし1824年にルイ18世が没し、弟のシャルル10世が即位すると社会に不穏な空気が流れ始める。もともとシャルル10世は反革命派で、反ナポレオン派の人間だった。彼がとった政策は絶対王政への復帰を目指すものだった。1829年頃には農作物の不作や不況で経済が行き詰まっており、人々の不満は日増しに高まっていた。しかし、政府は国民の不満に真面目に向き合おうとしなかった。その結果、1830年7月27日、ついに国民が蜂起し、フランス7月革命が勃発した。これによりシャルル10世は7月30日に退位、イギリスに亡命した。その後、ルイ・フィリップが新国王となった。しかし、ルイ・フィリップは富裕層を優先した政治をとったため、労働者や農民の不満が高まる結果となってしまう。さらに多くの人々が大都市へ流れてきたため社会構造が変化したこと、産業革命が始まったことにより貧困が個人的なレベルではなく大衆的なレベルにまで発展してしまう。追い討ちをかけるように、コレラの大流行が下級階層の人々を苦しめた。レ・ミゼラブル 少女コゼット フレッシュアイペディアより)

  • ビルマの戦い

    ビルマの戦いから見たコレラコレラ

    タイ・ビルマ国境の北部のサブレンジには、イギリスによる鎖国政策のため、鉄道はおろか満足な道路も整備されていなかった。日本軍は補給ルート確保を目的として山脈を越える全長約400キロの鉄道を計画し、建設工事は1942年6月から開始された。工事の指揮は鉄道第5連隊および第9連隊が取り、作業員として捕虜62,000人、募集で集まったタイ人数万人、ビルマ人18万人、マレー人8万人、蘭印人4万人が参加した。日本軍は人海戦術による突貫工事を要求し、雨季の間も強引に工事を進めた。作業現場ではコレラが流行し、約半数とも言われる大量の死者を出した。こうした犠牲のうえに、鉄道は1943年10月に開通した。ビルマの戦い フレッシュアイペディアより)

  • 感染経路

    感染経路から見たコレラコレラ

    前者の例としてBSE、後者の例として病原性大腸菌O157(ブドウ球菌)、好塩菌、ボツリヌス菌やサルモネラ、腸チフス、パラチフス、赤痢、コレラ、アメーバ赤痢、ポリオ、A型肝炎、ワイル病、角結膜炎など。感染経路 フレッシュアイペディアより)

  • 歌川広重

    歌川広重から見たコレラコレラ

    安政5年没。享年62。死因はコレラだったと伝えられる。墓所は足立区伊興町の東岳寺。法名は顕功院徳翁立斎居士。友人歌川豊国(三代目)の筆になる「死絵」(=追悼ポートレートのようなもの。本項の画像参照)に辞世の歌が遺る。歌川広重 フレッシュアイペディアより)

  • ナポレオン3世

    ナポレオン3世から見たコレラコレラ

    当時のフランスは急速な産業化の進展に伴って人口が地方から都市に流出する傾向があり、パリの人口も19世紀初頭から半世紀の間に2倍に増加して100万人を超えていた。その結果人口過密で不衛生な状態となり、コレラが流行するようになった。ナポレオン3世は衛生的で都市設備の進んだロンドンに感銘を受けていたのでパリも同じように改造したいと願っていた。パリ改造計画自体はルイ・フィリップ王政下の1840年頃にはすでに立案されていたもので第二帝政のオリジナルではないが、第二帝政によって計画が大幅に拡張されたものである。ナポレオン3世 フレッシュアイペディアより)

  • 疫学

    疫学から見たコレラコレラ

    1848年、コレラ患者が多量発生した地区にて患者発生状況の調査を行い、ある井戸が汚染源と推測、あてはまらない事例について調査を行い、「汚染された井戸水を飲んでいる人は罹る」と結論した。行政がこれに従い問題の井戸を閉鎖したため、流行の蔓延を防ぐ事が出来た。疫学 フレッシュアイペディアより)

  • ヒカルの碁

    ヒカルの碁から見たコレラコレラ

    ヒカルの祖父の蔵にある本因坊秀策所縁の碁盤に眠っていた平安時代の天才棋士の霊。かつては内裏で天皇の囲碁指南役として活躍していたが、指南役仲間だった菅原顕忠(すがわらの あきただ)の謀略に嵌められ都を追放、失意のうちに入水自殺してしまった。その後江戸時代に本因坊秀策(佐為は幼名の虎次郎で呼んでいる)に憑依し、作中では本因坊秀策の対局の実績は全て彼によるものという設定になっている。その後秀策が流行り病で夭逝してしまい、悲しみのうちに佐為は盤面の秀策の血を媒介にして碁盤へ宿り、およそ140年の時を経てヒカルと巡り会った。ヒカルの碁 フレッシュアイペディアより)

377件中 11 - 20件表示

「コレラ」のニューストピックワード