377件中 21 - 30件表示
  • トマス・サウスウッド・スミス

    トマス・サウスウッド・スミスから見たコレラコレラ

    しばしば意見を求められた。隔離(1845年)、コレラ(1850年)、黄熱病(1852年)、そして公衆衛生の改善(1854年)についての報告は、世界的に重要である。彼はフィレンツェで最期を遂げ、フィレンツェのイギリス人墓地(:en:English Cemetery, Florence)に埋葬されている。彼の墓石はジョエル・タナー・ハートにより刻まれた。トマス・サウスウッド・スミス フレッシュアイペディアより)

  • 江崎邦助

    江崎邦助から見たコレラコレラ

    この頃は大阪で伝染病のコレラが発生し、6月には愛知県に広がって、多くの死者を出していた。渥美半島も伝染病の危機ないわけではなかった。江崎邦助 フレッシュアイペディアより)

  • ホウタン

    ホウタンから見たコレラコレラ

    当時、諸種の悪疫が流行し、特に「虎列刺(コレラ)」の治療薬というより予防薬として重宝され、明治3年、新政府による売薬取締規制の公布時に9代目治兵衛が申請し、官許第1号公認薬として許可された。ホウタン フレッシュアイペディアより)

  • ピアノ協奏曲第1番 (チェレプニン)

    ピアノ協奏曲第1番 (チェレプニン)から見たコレラコレラ

    1918年に作曲され、1919年の作曲者20歳の時に完成された。家族は飢えとコレラのためにペトログラードから亡命してきた。作品はまだロマン派とシュトゥルム・ウント・ドラングで作曲されているが、チェレプニンはいくつかの場所で聞いた近代様式をチェレプニン音階で作曲したかった。初演は1923年、作曲者のピアノ独奏により行われた。ピアノ協奏曲第1番 (チェレプニン) フレッシュアイペディアより)

  • 戸川安道

    戸川安道から見たコレラコレラ

    相続当初は、天災と疫病に苦しめられた。相続直後に江戸屋敷が安政の大地震で建物の全てが大破。安政3年(1856年)6月、旱魃のため知行地内の竜王宮・鍋森宮に対し雨乞い祈祷をするよう御触書を出している。安政4年(1857年)も知行地内で2月に風邪(流感)が蔓延、さらに6月から9月は旱魃と暴風雨に遭うなど天災に見舞われたため、安政6年(1858年)家臣・片岡藤左衛門に伊勢神宮に代参するよう命じている。しかし、この年から翌安政7年(1859年)までコレラの大流行、万延元年(1860年)の米の不作などがおこっている。戸川安道 フレッシュアイペディアより)

  • 福原豊功

    福原豊功から見たコレラコレラ

    歩兵第13連隊大隊長、熊本鎮台・大阪鎮台・中部監軍部・東京鎮台の各参謀、歩兵第18連隊長などを経て、1887年11月、陸軍大佐に進級。近衛歩兵第2連隊長、第5師団参謀長、第6師団参謀長などを歴任し、1894年8月、陸軍少将に進級。歩兵第8旅団長を経て、南部兵站監として日清戦争末に出征し、戦後の占領地総督府参謀長となったが、1895年7月、コレラにより戦病死した。福原豊功 フレッシュアイペディアより)

  • 古呂利

    古呂利から見たコレラコレラ

    古呂利 フレッシュアイペディアより)

  • 虎狼痢

    虎狼痢から見たコレラコレラ

    虎狼痢 フレッシュアイペディアより)

  • 虎列剌

    虎列剌から見たコレラコレラ

    虎列剌 フレッシュアイペディアより)

  • 小友祇園山笠

    小友祇園山笠から見たコレラコレラ

    万治元年(1658年)にこの地でコレラが流行した際、疫病退散を祈願して行われた神事が起源と伝えられている。祇園祭であり、現在は1台の舁き山笠が運行されているほか、子供山笠(曳き山笠)も運行されている。小友祇園山笠 フレッシュアイペディアより)

377件中 21 - 30件表示

「コレラ」のニューストピックワード