377件中 31 - 40件表示
  • 見市雅俊

    見市雅俊から見たコレラコレラ

    コレラの世界史』(晶文社、1994年)ISBN 9784794961679見市雅俊 フレッシュアイペディアより)

  • コロリ

    コロリから見たコレラコレラ

    コロリ フレッシュアイペディアより)

  • 小島三郎

    小島三郎から見たコレラコレラ

    伝染病予防、予防衛生学、公衆衛生など、病気の予防に対する研究を終生行っている。研究内容は防疫、予防、上下水道、大気汚染、食中毒と多岐にわたる。特に、予防衛生学の基礎確立に尽力している。コレラ、腸チフス、赤痢の消化器系伝染病の撲滅を目指し、赤痢についてはSS寒天培地、検査法の改良に力を注いでいる。小島三郎 フレッシュアイペディアより)

  • 梁川紅蘭

    梁川紅蘭から見たコレラコレラ

    安政5年(1858年)9月2日に星巌が病死した直後の9月8日、安政の大獄で捕らえられる。これは、安政の大獄の捕縛対象者であった星巌がその直前(大量逮捕開始の3日前といわれる)にコレラにより死亡したため、その身代わりとして捕らえられたという。尋問を受けるが、翌安政6年(1859年)2月16日に釈放された。一説では捕らえられる前に星巌と交流のあった人物(吉田松陰、橋本左内など)との手紙などの書類を焼却していたという。梁川紅蘭 フレッシュアイペディアより)

  • 久保田権四郎

    久保田権四郎から見たコレラコレラ

    世は文明開化以降、海外からコレラなど伝染病侵入の恐怖で、近代水道事業が急がれた時期。これに使用する大量の鋳鉄管(合わせ目の無い大型の直管の水道管)に国産を採用することに決定はしたものの、過度の水圧がかかる鋳鉄管を製造する技術が無く不良品が相次ぎ、結局外国から莫大な大金を支払い輸入し続けていた。1893年、権四郎も独力で鋳鉄管の研究・製造に着手。多くの事業者がこれに取り組み撤退していく中、不撓不屈の精神で研鑽を続け、回転式丸堅込鋳造法などの発明により1897年、国産初の直管の鋳鉄管製造に成功、1900年には実用化に成功し国益に大きく貢献した。のち外国産にも劣らぬ品質の鋳鉄管を大量生産する事にも成功し、大阪や東京の水道管・ガス管に大量に使用され会社発展の基礎となった。“日本の水道管の歴史はクボタの歴史”ともいわれる。久保田権四郎 フレッシュアイペディアより)

  • ジャック・クロフォード (水兵)

    ジャック・クロフォード (水兵)から見たコレラコレラ

    ロンドンへの凱旋の後、彼はジョージ3世に正式に召しだされて年に30ポンドの政府年金を下賜され、またサンダーランドの市民から銀のメダルを贈られた。しかしクロフォードは酒びたりの生活に陥り、メダルを売り払わざるを得なくなった。彼は1831年のコレラ流行の際の2番目の犠牲者として、無縁墓地に葬られた。ジャック・クロフォード (水兵) フレッシュアイペディアより)

  • メアリ・シーコール

    メアリ・シーコールから見たコレラコレラ

    パナマ及びクリミアにおいて、母親から受け継いだ薬草の知識と伝統療法を用いて疾病の看護をおこなう傍ら宿を経営していたが、クリミア戦争における戦場医療の惨状を耳にし、自身の能力を活かせるだろうと考え、ボランティアの看護師として志願するため単身ロンドンへ赴いた。しかしながら、コレラの治療をはじめとした豊富な看護経験があったにもかかわらず、フローレンス・ナイチンゲール率いる看護師集団への参加は拒否された。メアリ・シーコール フレッシュアイペディアより)

  • 虎狼狸

    虎狼狸から見たコレラコレラ

    その名の通り、虎、狼、狸が合体したような姿をしている。当時江戸ではコレラが流行っており、病気の根源といわれ恐れられたのがこの妖怪である。名前は3つの動物の読み方と、コレラがなまったためによる。虎狼狸 フレッシュアイペディアより)

  • 自然毒

    自然毒から見たコレラコレラ

    中毒の殆どが食中毒で90%はキノコによる。症状は胃腸型中毒症状、コレラ様症状、脳症状の3種があり、発生時期は秋季に集中する。キノコ以外にはアルカロイド系の物質を含有する草花によるもので、代表的な物にはトリカブトのアコニチン、ジャガイモのポテトグリコアルカロイド(ソラニン)、青梅のアミグダリンなどがある。自然毒 フレッシュアイペディアより)

  • 2008年ジンバブエ大統領選挙

    2008年ジンバブエ大統領選挙から見たコレラコレラ

    しかし、ムガベは連立政権の主要ポストをZANU-PFの議員を指名。ツァンギライはこれに対して連立撤回を示唆し、連立は再び暗礁に乗り上げた。10月20日から、アフリカ諸国の首脳らによる連立に向けた特別会議がスワジランドの首都・ムババーネで開かれたが、ツァンギライは緊急渡航書類が19日午後に到着したことに抗議し、欠席した。11月20日に開かれた南部アフリカ開発共同体の緊急会合では、内相を分割するなどの妥協案が提案されたが、ツァンギライ側は拒否した。この間、ジンバブエ国内ではコレラが蔓延し、多くの死者を出している(詳細:2008年ジンバブエのコレラ発生)。2008年ジンバブエ大統領選挙 フレッシュアイペディアより)

377件中 31 - 40件表示

「コレラ」のニューストピックワード