573件中 31 - 40件表示
  • ホウタン

    ホウタンから見たコレラコレラ

    当時、諸種の悪疫が流行し、特に「虎列刺(コレラ)」の治療薬というより予防薬として重宝され、明治3年、新政府による売薬取締規制の公布時に9代目治兵衛が申請し、官許第1号公認薬として許可された。ホウタン フレッシュアイペディアより)

  • 古呂利

    古呂利から見たコレラコレラ

    古呂利 フレッシュアイペディアより)

  • 虎狼痢

    虎狼痢から見たコレラコレラ

    虎狼痢 フレッシュアイペディアより)

  • 虎列剌

    虎列剌から見たコレラコレラ

    虎列剌 フレッシュアイペディアより)

  • 小友祇園山笠

    小友祇園山笠から見たコレラコレラ

    万治元年(1658年)にこの地でコレラが流行した際、疫病退散を祈願して行われた神事が起源と伝えられている。祇園祭であり、現在は1台の舁き山笠が運行されているほか、子供山笠(曳き山笠)も運行されている。小友祇園山笠 フレッシュアイペディアより)

  • コロリ

    コロリから見たコレラコレラ

    コロリ フレッシュアイペディアより)

  • 自然毒

    自然毒から見たコレラコレラ

    中毒の殆どが食中毒で90%はキノコによる。症状は胃腸型中毒症状、コレラ様症状、脳症状の3種があり、発生時期は秋季に集中する。キノコ以外にはアルカロイド系の物質を含有する草花によるもので、代表的な物にはトリカブトのアコニチン、ジャガイモのポテトグリコアルカロイド(ソラニン)、青梅のアミグダリンなどがある。自然毒 フレッシュアイペディアより)

  • コレラ菌

    コレラ菌から見たコレラコレラ

    。好アルカリ性で比較的好塩性の細菌である。1854年、イタリア人医師フィリッポ・パチーニ(Filippo Pacini、1812年 - 1883年)によって発見された後、1884年にロベルト・コッホがこれとは独立にコレラの病原体として発見した。しばしば誤解されるが、コレラ菌のすべてがコレラの原因ではなく、200種類以上の血清型に分類された中の「コレラ毒素を産生するO1型もしくはO139型のコレラ菌」が、ヒトに感染してコレラの原因になる。O1型は古典型とエルトール型に分類される。また、これ以外のコレラ菌もヒトに感染して食中毒の原因になる。いずれも主に河川や海などの水中に存在する生きた菌が、その水や付着した魚介類を介してヒトに経口的に感染し、その腸内で増殖して、糞便とともに再び河川等に排出されるという生活環で生息している。コレラ菌 フレッシュアイペディアより)

  • 九十九眠るしずめ

    九十九眠るしずめから見たコレラコレラ

    明治16年(1883年)、文明開化が起こりつつある皇都東亰(とうけい)。しかし生活環境は江戸時代と大差なく、人々は流行するコレラに対しても非科学的な祈祷や呪符に頼っていた。そんな中、祈祷師ばかりが狙われる連続殺人事件が起こる。九十九眠るしずめ フレッシュアイペディアより)

  • マノスク

    マノスクから見たコレラコレラ

    18世紀、マノスクでは市が開催されていた。この時代のマノスク旧市街は現在と同じ規模となり、東へ拡大していった。マノスクは、プロヴァンス全体を大きく損なった伝染病流行に影響を受けた(1720年はペスト、1834年はコレラ)。マノスク フレッシュアイペディアより)

573件中 31 - 40件表示

「コレラ」のニューストピックワード