573件中 41 - 50件表示
  • ウィリアム・ベント

    ウィリアム・ベントから見たコレラコレラ

    1849年にカリフォルニアに金鉱が見つかり、ゴールド・ラッシュとなった。金目当ての白人たちは交易路をさんざんに荒らし、手当たり次第にバッファローを撃ち殺し、ベントの商売を台無しにした。物資の調達のためにウィリアムがセントルイスに旅立つと、妻イエロー・ウーマンは母親とともに、ロバート以外の子供たち4人を連れてオーセージ族のパウワウを観に行った。ところがこの祝祭の場で、白人が持ち込んだコレラが発症した。逃げまどうインディアンたちの中で、イエロー・ウーマンと母親は子供たちを抱えてロバで逃げたが、その晩、母親はコレラで死んでしまった。ウィリアム・ベント フレッシュアイペディアより)

  • ウマグ

    ウマグから見たコレラコレラ

    ローマ時代の繁栄は頻繁に起こる侵入と、コレラやマラリアなどの流行による不安定さにより多くの住人の数は急速に減少していった。その後、ウマグはランゴバルド人が支配するオドアクレ(Odoacre)、テオドリク(Theodoric)の一部となる。6世紀から8世紀にかけてはビザンチン帝国の支配下にあり、続く751年にはランゴバルド人が、774年にフランク人が支配している。この間、頻繁に支配者が変わり不安定であった。しかしながら、ヴェネチア共和国が力を増すようになると、ウマグを含めイストリア西部の町はヴェネチア共和国に忠誠を誓うようになった。1269年にウマグのコミューンはヴェネチアに忠誠を誓い、1797年までそれは続いたが、この期間平和な訳ではなかった。ウマグ フレッシュアイペディアより)

  • 血清型

    血清型から見たコレラコレラ

    血清型判定はときとして種や亜種の決定に不可欠な役割を担う。たとえばサルモネラ菌属では、Salmonella enterica 血清型 Typhimurium、S. enterica 血清型 Typhi、S. enterica 血清型 Dublin など、4400以上の血清型が決定されている。コレラを発生させる細菌種であるコレラ菌は、細胞抗原に基づく139の血清型を持つ。そのうち 0:1 および 0:139 の2つのみがエンテロトキシンを発生させる病原体である。血清型 フレッシュアイペディアより)

  • 大野篤志

    大野篤志から見たコレラコレラ

    土木会社に5年間勤務した後に、ある日、テレビで泥水を飲むアフリカ・ケニアの人々にとって無数の病原菌が巣食う飲み水をのみ、赤痢やコレラに掛かって年間150万人の人が命を落としている様子を見て、NPO法人「難民を助ける会」の活動に参加。近藤晴次の元で上総掘りを修得する。ザンビア共和国の難民キャンプでのボランティア活動に従事し、任期中に現地住民とともに8ヶ月で3本の井戸を掘る。大野篤志 フレッシュアイペディアより)

  • 紙幣整理

    紙幣整理から見たコレラコレラ

    まず、1882年(明治15年)から3年間、前年度(1881年/明治14年)の歳出額で据え置くこと、その一方で煙草税・酒造税などの増税を行い、そこから生み出された歳入の余剰分を2分割して半分を紙幣消却に、もう半分を正貨形式で保有して、然るべき兌換紙幣への切替時の準備金とすることとした。だが、緊縮財政によるデフレーションは租税収入の減少を招くという悪循環に悩まされる(松方デフレ)。また、甲申政変の発生やコレラの発生などの臨時出費もあり、緊縮予算の維持も困難を極めた。それでも松方は、新税の設置などで歳入を確保することで当初の計画を出来るだけ維持することに努めた。また、1882年に日本銀行条例を制定して中央銀行構想を確立し、翌1883年には国立銀行条例を改正して国立銀行発行紙幣を整理・廃止する方針を打ち出した。更に横浜正金銀行に直輸出荷為替資金を供給してこれによって獲得した輸出代金を日本国外で正貨形式受け取らせて日本国内に導入させることで少ない正貨の準備金を運用してこれを増加させた。紙幣整理 フレッシュアイペディアより)

  • ADPリボース化

    ADPリボース化から見たコレラコレラ

    ADPリボース化はコレラや百日咳などの細菌の毒性の発現にとっても重要である。これらの毒性タンパク質はADPリボシルトランスフェラーゼで、ヒト細胞中の標的タンパク質を修飾する。例えばコレラ毒素はヒトのGタンパク質のαサブユニット(Gsα)のアルギニン残基をADPリボース化して小腸から大量の液体を分泌させ、致死的な下痢を引き起こす。この他、百日咳毒素も同じく異なる種類のGタンパク質のαサブユニット(Giα)のシステイン残基をADPリボース化して毒性を発揮する。ADPリボース化 フレッシュアイペディアより)

  • ドッグ・ソルジャー

    ドッグ・ソルジャーから見たコレラコレラ

    1849年、大平原部族を白人の持ち込んだコレラが襲い、シャイアン族では特にマシコタ・バンドとオクトグナ・バンドをほぼ壊滅させ、シャイアン族の南部支族約半分を死滅させた。「犬の戦士団」は壊滅状態となったマシコタ・バンドの戦士団に編入され、次第にその勢力を取り戻した。彼らは白人侵略者との戦いで勇猛な働きを見せ、再び部族から敬意を受けるようになった。ドッグ・ソルジャー フレッシュアイペディアより)

  • サンテヴァルゼック

    サンテヴァルゼックから見たコレラコレラ

    1892年から1893年にかけ、サンテヴァルゼックをコレラの流行が襲った。サンテヴァルゼック フレッシュアイペディアより)

  • 笹川みす

    笹川みすから見たコレラコレラ

    1885年(明治18年)、新潟医学校付属産婆教場が新潟県立甲種新潟医学校付属産婆学校と改称。1886年(明治19年)、警官であった夫の丹羽済五郎が職務中、コレラに罹患・殉職し未亡人となる。笹川みす フレッシュアイペディアより)

  • 新潟新聞

    新潟新聞から見たコレラコレラ

    編集長(主筆)には、慶應義塾出身で『日新真事誌』記者であった斎木貴彦を招き、斎木が局長となると11月からは慶應出身の藤田九二が編集長となった。1878年4月には同じく慶應出身の斎藤捨蔵が入社、同紙は社説を展開して県会開設を県に迫った。主筆の藤田が1879年4月に辞任すると、福沢諭吉の推薦を受けた古渡資秀が入社したが8月にコレラで死去した。新潟新聞 フレッシュアイペディアより)

573件中 41 - 50件表示

「コレラ」のニューストピックワード