377件中 41 - 50件表示
  • 大森浜

    大森浜から見たコレラコレラ

    亀田川は元々函館港側に河口があったが、年々土砂を運び港を浅くし、1877年ごろからコレラなど伝染病が出始めたので、1883年に内務省に雇われていたオランダの土木技師ローウェンホルスト・ムルデル(Anthonie Thomas Lubertus Rouwenhorst Mulder)の提案と設計により、1888年、大森浜へ切り替えられた。大森浜 フレッシュアイペディアより)

  • 林家正三

    林家正三から見たコレラコレラ

    初代桂文團治、3代目桂文吾と同じく、流行のコレラで死去。俗に「玉屋の正三」という。林家正三 フレッシュアイペディアより)

  • 池淵家

    池淵家から見たコレラコレラ

    七代・令寿も医師となり、この頃池淵家は富裕であったのか天保7年の飢饉の折に施粥を行い、その施粥帳が残されている。令寿は慶応2年73歳で没した。令寿の長男令治は医術を学ぶため大坂に出て、中之島の儒者安藤太郎家に滞在したが、修行中コレラで病死したため弟・彦平が跡を継いだ。彦平は医師であったかどうか明らかでない。池淵家 フレッシュアイペディアより)

  • ホセ・デ・ウレア

    ホセ・デ・ウレアから見たコレラコレラ

    サンジャシントでのサンタ・アナの軍隊の敗北は、テキサスの地からのすべてのメキシコ軍部隊の撤退命令をもたらした。ウレアは憤慨し、ビセンテ・フィリソラの軍との合流を望んだが、しかしサンタ・アナの命令に応じる以外になかった。1837年、ウレアはサンタ・アナに反旗を翻し、1838年のマサトランの戦いで交戦したが、クーデターは失敗し、彼は逮捕され拘置されることになった。少しの間、彼はメキシコのフランス軍による侵略で軍歴を復活させたが、またすぐに失敗した。米墨戦争では、ウレアは一騎馬隊を率いた。戦後すぐにコレラで死亡した。ホセ・デ・ウレア フレッシュアイペディアより)

  • チャールズ・ジョセフ・ボナパルト

    チャールズ・ジョセフ・ボナパルトから見たコレラコレラ

    ルーズベルト政権終了後、ボナパルトはボルチモアに戻り、弁護士業を再開した。1921年6月28日、ボナパルトはメリーランド郡ベラ・ヴィスタで死去した。ボナパルトの遺体はボルチモア市内のロンドンパーク墓地に埋葬された。死因はコレラであった。チャールズ・ジョセフ・ボナパルト フレッシュアイペディアより)

  • 健康づくり

    健康づくりから見たコレラコレラ

    健康づくりの考え方の発祥は、19世紀の公衆衛生の先駆者の仕事にまで、さかのぼる。19世紀のイギリスでは、産業革命の影響を受け、大きな街の労働者には、貧困と過酷な労働状況、劣悪な生活環境と、いくつもの重荷が背負わされていた。この恐るべき社会的状況は、必然的にいくつかの社会的課題へと帰結した。その一つが、コレラ、インフルエンザなど感染性疾病の大流行である。疾病は、市民にあまねく広がり、社会の安定への脅威となった。健康づくり フレッシュアイペディアより)

  • モザンビークのHIV/AIDS

    モザンビークのHIV/AIDSから見たコレラコレラ

    モザンビークはHIV/AIDSの深刻な流行に直面しているが、これらに対する社会的対応は未だ十分に行き届いてはいない。2005年には、15歳から49歳までの成人のうちHIV感染の感染者が推定で16.1%にも達したとされる。この国におけるHIVの主要な感染経路は異性間の性交渉によるものである。その生理学的な構造の差異からHIV感染のリスクは男性よりも女性のほうが高いため、15歳から24歳の若い女性のHIV感染率は10.7%と推測されるのに対し、同年齢の男性の感染率は3分の1程度の3.6%である。なお、HIV感染者数が多いのは、移動の多い職に就く人々、売春を行う人々、主要な輸送路の近くに住む人々である。また、HIV/AIDSの蔓延による免疫不全患者の増大により、結核、マラリア、季節的なコレラの流行状況に一層の悪化が見られている。モザンビークのHIV/AIDS フレッシュアイペディアより)

  • 木庭二郎

    木庭二郎から見たコレラコレラ

    1945年に東京帝国大学を卒業し、大阪大学助教授等を経て、京都大学教授となる。1963年にコペンハーゲン大学のニールス・ボーア研究所教授となるが、1973年にコペンハーゲンでコレラにより客死。木庭二郎 フレッシュアイペディアより)

  • 湯田温泉峡

    湯田温泉峡から見たコレラコレラ

    1886年(明治19年) - コレラ流行、湯本は最も被害が大きかった。湯田温泉峡 フレッシュアイペディアより)

  • 笹川みす

    笹川みすから見たコレラコレラ

    1885年(明治18年) 新潟医学校付属産婆教場が新潟県立甲種新潟医学校付属産婆学校と改称。1886年(明治19年) 警官であった夫の丹羽済五郎が職務中、コレラに罹患・殉職し未亡人となる。笹川みす フレッシュアイペディアより)

377件中 41 - 50件表示

「コレラ」のニューストピックワード