573件中 51 - 60件表示
  • 2008年ジンバブエのコレラ発生

    2008年ジンバブエのコレラ発生から見たコレラコレラ

    2008年ジンバブエのコレラ発生(2008ねんジンバブエのコレラはっせい)は、ジンバブエで2008年8月に始まったコレラの発生である。2008年12月には感染したと疑われる人数が10,000人を超えた。12月3日、ジンバブエ政府は非常事態を宣言し、国際社会に支援を要請した。2008年ジンバブエのコレラ発生 フレッシュアイペディアより)

  • ニルバノール

    ニルバノールから見たコレラコレラ

    ニルバノール(Nirvanol)またはエチルフェニルヒダントイン(Ethylphenylhydantoin)は、抗てんかん薬の作用を持つヒダントインの誘導体である。5-エチル-5-フェニルの置換パターンは、フェノバルビタールのものと似ている。コレラの治療に有効である。ニルバノール フレッシュアイペディアより)

  • 池淵家

    池淵家から見たコレラコレラ

    七代・令寿も医師となり、この頃池淵家は富裕であったのか天保7年の飢饉の折に施粥を行い、その施粥帳が残されている。令寿は慶応2年73歳で没した。令寿の長男令治は医術を学ぶため大坂に出て、中之島の儒者安藤太郎家に滞在したが、修行中コレラで病死したため弟・彦平が跡を継いだ。彦平は医師であったかどうか明らかでない。池淵家 フレッシュアイペディアより)

  • 河口家

    河口家から見たコレラコレラ

    明治初年、未だに医療施設が完備されていなかった茨城県で無償で種痘活動を行ったり、伝染病やコレラなどの医療活動に多大なる貢献をし、北関東における医の基礎を築いた。河口家 フレッシュアイペディアより)

  • ルテル

    ルテルから見たコレラコレラ

    1814年、スペイン人捕虜を感染源としてチフスが流行した。1832年と1849年にはコレラが流行した。ルテル フレッシュアイペディアより)

  • 藤田正方

    藤田正方から見たコレラコレラ

    藤田 正方(ふじた まさかた、1846年(弘化3年)9月12日 -1886年(明治19年)9月9日)は明治期の医師。旧丸岡藩医。1880年(明治13年)東京薬科大学の前身である「私立東京薬舗学校」を創設し校長に就任したが、数年後コレラに冒され40歳で急逝した 。藤田正方 フレッシュアイペディアより)

  • チャールズ・ジョセフ・ボナパルト

    チャールズ・ジョセフ・ボナパルトから見たコレラコレラ

    ルーズベルト政権終了後、ボナパルトはボルチモアに戻り、弁護士業を再開した。1921年6月28日、ボナパルトはメリーランド郡ベラ・ヴィスタで死去した。ボナパルトの遺体はボルチモア市内のロンドンパーク墓地に埋葬された。死因はコレラであった。チャールズ・ジョセフ・ボナパルト フレッシュアイペディアより)

  • ホセ・デ・ウレア

    ホセ・デ・ウレアから見たコレラコレラ

    サンジャシントでのサンタ・アナの軍隊の敗北は、テキサスの地からのすべてのメキシコ軍部隊の撤退命令をもたらした。ウレアは憤慨し、ビセンテ・フィリソラの軍との合流を望んだが、しかしサンタ・アナの命令に応じる以外になかった。1837年、ウレアはサンタ・アナに反旗を翻し、1838年のマサトランの戦いで交戦したが、クーデターは失敗し、彼は逮捕され拘置されることになった。少しの間、彼はメキシコのフランス軍による侵略で軍歴を復活させたが、またすぐに失敗した。米墨戦争では、ウレアは一騎馬隊を率いた。戦後すぐにコレラで死亡した。ホセ・デ・ウレア フレッシュアイペディアより)

  • 神社姫

    神社姫から見たコレラコレラ

    神社姫(じんじゃひめ)は、江戸時代中期の医師・加藤曳尾庵の筆記『我衣』にある妖怪。人魚に類するものとされ、文政時代の肥前国(現・長崎県および佐賀県)に現れ、コレラの流行を予言したといわれる。神社姫 フレッシュアイペディアより)

  • 久保田権四郎

    久保田権四郎から見たコレラコレラ

    世は文明開化以降、海外からコレラなど伝染病侵入の恐怖で、近代水道事業が急がれた時期。これに使用する大量の鋳鉄管(合わせ目の無い大型の直管の水道管)に国産を採用することに決定はしたものの、過度の水圧がかかる鋳鉄管を製造する技術が無く不良品が相次ぎ、結局外国から莫大な大金を支払い輸入し続けていた。1893年、権四郎も独力で鋳鉄管の研究・製造に着手。多くの事業者がこれに取り組み撤退していく中、不撓不屈の精神で研鑽を続け、回転式丸堅込鋳造法などの発明により1897年、国産初の直管の鋳鉄管製造に成功、1900年には実用化に成功し国益に大きく貢献した。のち外国産にも劣らぬ品質の鋳鉄管を大量生産する事にも成功し、大阪や東京の水道管・ガス管に大量に使用され会社発展の基礎となった。“日本の水道管の歴史はクボタの歴史”ともいわれる。久保田権四郎 フレッシュアイペディアより)

573件中 51 - 60件表示

「コレラ」のニューストピックワード