573件中 61 - 70件表示
  • マダム・C.J.ウォーカー

    マダム・C.J.ウォーカーから見たコレラコレラ

    サラは、小作農オーウェンとミネルバ夫妻のもとに1867年12月23日ルイジアナ州に生まれた。6人兄弟であり、姉Louveniaと4人の兄弟(アレキサンダー、ジェイムス、ソロモン、オーウェン Jr)がいた。両親はマディソン教区のプランテーションの奴隷だった。彼女は、奴隷解放宣言が署名された後に生まれた最初の子だった。母親はコレラで1872 年に死亡し、父は再婚し、まもなく死亡した。マダム・C.J.ウォーカー フレッシュアイペディアより)

  • メアリ・シーコール

    メアリ・シーコールから見たコレラコレラ

    パナマ及びクリミアにおいて、母親から受け継いだ薬草の知識と伝統療法を用いて疾病の看護をおこなう傍ら宿を経営していたが、クリミア戦争における戦場医療の惨状を耳にし、自身の能力を活かせるだろうと考え、ボランティアの看護師として志願するため単身ロンドンへ赴いた。しかしながら、コレラの治療をはじめとした豊富な看護経験があったにもかかわらず、フローレンス・ナイチンゲール率いる看護師集団への参加は拒否された。メアリ・シーコール フレッシュアイペディアより)

  • 戸川安道

    戸川安道から見たコレラコレラ

    相続当初は、天災と疫病に苦しめられた。相続直後に江戸屋敷が安政の大地震で建物の全てが大破。安政3年(1856年)6月、旱魃のため知行地内の竜王宮・鍋森宮に対し雨乞い祈祷をするよう御触書を出している。安政4年(1857年)も知行地内で2月に風邪(流感)が蔓延、さらに6月から9月は旱魃と暴風雨に遭うなど天災に見舞われたため、安政6年(1858年)家臣・片岡藤左衛門に伊勢神宮に代参するよう命じている。しかし、この年から翌安政7年(1859年)までコレラの大流行、万延元年(1860年)の米の不作などがおこっている。戸川安道 フレッシュアイペディアより)

  • 大連都市交通

    大連都市交通から見たコレラコレラ

    そこで電気作業所では営業担当部署として「大連電鉄営業所」を設置するとともに、1908年3月18日に関東都督府に特許出願を行い、同年12月21日に特許を取得した。これにより翌年より工事にかかり、1909年9月25日に大桟橋(のちの大連埠頭)-山県通-監部通-日本橋-常盤橋-電気遊園前間を開業させた。開業当時の車輛は30両、運転士や車掌は地元の中国人を雇っていた。この際の開通式典はコレラ流行のために1ヶ月遅れて10月15日に行われ、吾妻橋車庫で式典を行った後に花電車で招待客を電気遊園まで送り、大園遊会を開くとともに、夜は提灯行列が行われた。また翌日にも大連実業協会によって祝賀会が開かれており、当時の大連市民の熱狂ぶりがうかがえる。大連都市交通 フレッシュアイペディアより)

  • 王勢籠神社 (上野原市)

    王勢籠神社 (上野原市)から見たコレラコレラ

    棟札に記された安政5年9月には江戸を中心にコレラが流行し、コレラを引き起こすと考えられていた悪霊を退散させると信じられていた狼信仰が流行しており、当社の狼信仰も武蔵御嶽神社の影響のもと成立したと考えられている。王勢籠神社 (上野原市) フレッシュアイペディアより)

  • タマシロオニタケ

    タマシロオニタケから見たコレラコレラ

    毒成分はアミノ酸の2-アミノ-5-クロロ-6-ヒドロキシ-4-ヘキセン酸 (2-amino-5-chloro-6-hydroxy-4-hexenoic acid) 、2-アミノ-4,5-ヘキサジエン酸、アリルグリシン、プロパルギルグリシン(シスタチオニンγリアーゼ阻害作用を持つ)と考えられている。アマトキシン類によるものではないが(環状ペプチドについては未調査)、激しい下痢などの典型的なコレラ様症状で、アマトキシン類の中毒の症状と非常に類似する。1978年に長野県ではこのキノコによると思しき2名の死亡例も報告されている。タマシロオニタケ フレッシュアイペディアより)

  • アレクサンダー・カートライト

    アレクサンダー・カートライトから見たコレラコレラ

    その後カートライトは1849年に金の採掘のためにカリフォルニア州に赴き、その旅の途中途中で各地に野球を伝承していった。彼のカリフォルニアでの金採掘の計画は、現地のキャンプでコレラが流行したため結局頓挫し、カートライトはハワイに移り住むことになる。アレクサンダー・カートライト フレッシュアイペディアより)

  • 寶川石五郎

    寶川石五郎から見たコレラコレラ

    最初は4代朝日山(真鸖政吉)の弟子として大坂相撲で取り、その後東上して1840年10月初土俵(序二段附出し)。1848年1月新十両(東二段目10枚目となり十両相当となった)。1849年3月場所では7勝1敗1分の好成績を挙げ、優勝相当成績を挙げた。1850年11月場所に新入幕。1852年1月場所では西前頭7枚目で、7勝2敗1休の優勝同点。1853年7月8日(嘉永6年6月3日)、アメリカ海軍のペリーが浦賀に来航した際には、幕府が与えた200俵の米俵を何と一気に8俵もの米俵を担いで積み込んだというエピソードも残っている。幕内では僅か1場所しか負け越しが無く、しばしば優勝争いに絡み、当時の大関・小柳常吉には3勝を挙げるなど得意にしていた。しかし番付運が非常に悪く、遂に三役以上を経験する事は出来なかった。1858年1月場所後、当時江戸市中に流行したコレラに罹り、7月18日に死去。43歳(41歳及び42歳説もあり)だった。寶川石五郎 フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・ストレイチー (官僚)

    ジョン・ストレイチー (官僚)から見たコレラコレラ

    1861年、カニング卿は、当時大流行していたコレラの調査委員会の委員長にストレイチーを指名した。1862年、ストレイチーは中部地方 (Central Provinces) の法務弁務官となった。1864年、陸軍の衛生状態に関する王立委員会の報告書を受けて、インドに恒久的な衛生委員会が設けられ、ストレイチーはその長となった。1866年には、ローレンス卿に選ばれて、アウド(Oudh:後のアワド (Awadh))の主任弁務官となり、1857年に起こったインド大反乱後に広まっていた、借地人や小作農の諸権利を取り上げるという不公正な事態を、タルクダール (Talukdars) と称された大地主たちの特権は維持しながら、可能な限り修復するよう努めた。立法評議会の一員としてストレイチーはこの件に関連して数件の法案を提案し、タルクダールたちの全面的な支持を得て、法として成立させた。ジョン・ストレイチー (官僚) フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・セジウィック

    ジョン・セジウィックから見たコレラコレラ

    南北戦争が始まると、セジウィックはワシントン方面軍の大佐および監察長官補として仕えた。初期の戦闘である第一次ブルランの戦いは、コレラに罹った後の快復期だったために参戦できなかった。1861年8月31日に准将に昇進し、ポトマック軍でサミュエル・P・ハインツェルマン少将師団の第2旅団指揮官となり、その後の半島方面作戦では第2軍団の第2師団を率いた。バージニア州では、ヨークタウンの包囲戦とセブンパインズの戦いに参戦し、グレンデイルの戦いで腕と足に負傷した。1862年7月4日に少将に昇進した。ジョン・セジウィック フレッシュアイペディアより)

573件中 61 - 70件表示

「コレラ」のニューストピックワード