377件中 61 - 70件表示
  • ラージプーターナー飢饉 (1869年)

    ラージプーターナー飢饉 (1869年)から見たコレラコレラ

    1868年の冬にはコレラが流行し、多くの人々の体力を蝕み、1869年の春の収穫も皆無に等しかった。1869年5月、初期に移住を開始していた人々は、自らの出てきた村へ戻り始めた。彼らは、今年こそは雨が降ると信じて戻ったのであるが、期待は裏切られ、7月中旬まで、雨はほとんど降ることなく、飢餓のために命を落とすこととなった。ラージプーターナー飢饉 (1869年) フレッシュアイペディアより)

  • 日本のダムの歴史

    日本のダムの歴史から見たコレラコレラ

    近代におけるダム建設の歴史は、1854年の日米和親条約締結・1858年の日米修好通商条約締結による開国に始まる。日米和親条約により下田・箱館(函館)が、日米修好通商条約により神奈川(横浜)・函館・長崎・新潟・兵庫(神戸)が開港し、以後開港した都市は急速に人口が増加した。このため飲料水の供給は重要な課題となったが、当時は河川から直接取水していたこともありコレラ・赤痢などの水系感染症が多発。多くの死者を出した。これを防ぐべく近代上水道事業が横浜市を皮切りに次第に普及していった。この中で全国第3番目の水道事業を開始した長崎市で1891年(明治14年)に本河内高部ダムが完成した。それまでかんがい用しか建設されなかったダムであったが、この時日本で初めて上水道専用のダムとして完成したのである。日本のダムの歴史 フレッシュアイペディアより)

  • 大連都市交通

    大連都市交通から見たコレラコレラ

    そこで電気作業所では営業担当部署として「大連電鉄営業所」を設置するとともに、1908年3月18日に関東都督府に特許出願を行い、同年12月21日に特許を取得した。これにより翌年より工事にかかり、1909年9月25日に大桟橋(のちの大連埠頭)-山県通-監部通-日本橋-常盤橋-電気遊園前間を開業させた。開業当時の車輛は30両、運転士や車掌は地元の中国人を雇っていた。この際の開通式典はコレラ流行のために1ヶ月遅れて10月15日に行われ、吾妻橋車庫で式典を行った後に花電車で招待客を電気遊園まで送り、大園遊会を開くとともに、夜は提灯行列が行われた。また翌日にも大連実業協会によって祝賀会が開かれており、当時の大連市民の熱狂ぶりがうかがえる。大連都市交通 フレッシュアイペディアより)

  • パトリック・J・ケネディ

    パトリック・J・ケネディから見たコレラコレラ

    二人の第一子だった息子ジョンは、パトリックが生まれた翌月にボストン東部で流行していたコレラで亡くなり、父も同じくコレラに屈した。パトリックはその後ケネディ家の男性で唯一生き残り、ケネディ家で初めて正式な教育を受けたが、14歳からは母と3人の姉を支えるため学校を中退してドックで港湾労働者として働いた。1880年代には蓄えた給料でバーを立ち上げ、それはその後ボストンの上流階級が利用する社交場になった。そしてバーは、ドック内で2番目の売上を誇る店となり、彼はわずか20代で州の下院議員に当選した。当選後はボストンのウイスキー輸入会社を将来有力だと考え買収した。パトリック・J・ケネディ フレッシュアイペディアより)

  • 枝吉神陽

    枝吉神陽から見たコレラコレラ

    1863年、コレラに罹った妻を看病するうち自身も罹患し、死去。享年41。墓所は佐賀市本庄町の高伝寺。枝吉神陽 フレッシュアイペディアより)

  • カリフォルニア・トレイル

    カリフォルニア・トレイルから見たコレラコレラ

    後にネブラスカ州やワイオミング州となった地域を流れるプラット川には多くの水路や島があって、浅く、屈曲しぬかるんでいて予断を許さないために、ミズーリ川に至る網状の経路を辿るときにカヌーですら遠くまで行けない状態だった。しかしプラット川流域は上り坂が緩やかで荷車を容易に進めることができ、ほぼ真西にむかっており、また水、草、バッファローおよび焚きつけにするバッファローの糞が容易に得られた。幅約1マイル (1.6 km)、深さ2インチ (5 cm) から60インチ (150 cm) のプラット川には両岸にぬかるんだ道があった。現在のネブラスカ州内にはプラット川流域で約450マイル (720 km) の道があった。プラット川の水は沈泥質のものでまずかったが、他の水が無い時には使うことができた。1時間かそこら静置しておけば上澄みを取ることができた。宿営に適した場所はプラット川に注ぐ多くの清流がある所か、行程にそって見つけた偶々清水が湧き出ている所だった。これら宿営に適したところはコレラが流行った時期(1849年-1855年)に、大変限られた汚水施設のある同じ宿営地を数千の人々が使ったので、不幸にもその発生源となった。コレラの原因(汚染された水からコレラ菌を取り込むこと)や治療法は当時知られていなかった。プラット川の南を旅した者は、サウスプラット川の3つある渡し場(乾季には渡し舟無しでも渡ることができた)の1つを使ってぬかるみ危険な渡河を果たし、その後ノースプラット川を遡って現在のワイオミング州ララミー砦に進んだ。サウスプラット川を渡った後は、上り下りの急な丘のあるアッシュホローに出た。さらに数日進むと、コートハウス岩と呼ばれる平原から突き出した巨大な岩群に出遭い、そこから20マイル (32 km) 先には衝撃的なチムニー岩、続いてキャッスル岩、最後はスコッツブラフに行き当たった。カリフォルニア・トレイル フレッシュアイペディアより)

  • リチャード・メンター・ジョンソン

    リチャード・メンター・ジョンソンから見たコレラコレラ

    ジュリア・チンは1833年の夏にコレラのため死去した。チンの死後、ジョンソンは別の奴隷との関係を持った。彼女が別の男性と関係を持ってジョンソンから離れようとすると、ジョンソンは彼女を捕らえて競りで売却した。彼はその後彼女の妹と関係を持った。リチャード・メンター・ジョンソン フレッシュアイペディアより)

  • シュテファニー・フォン・ホーエンツォレルン=ジグマリンゲン

    シュテファニー・フォン・ホーエンツォレルン=ジグマリンゲンから見たコレラコレラ

    1858年5月18日、同い年のペドロ5世とリスボンで結婚した。しかし、シュテファニーはジフテリアを患い、1年後にリスボンで急逝した。子供はなかった。ペドロ5世もその後再婚しないまま、1861年にコレラに罹患し死去。王位は王弟ルイスが継承した。シュテファニー・フォン・ホーエンツォレルン=ジグマリンゲン フレッシュアイペディアより)

  • 大野篤志

    大野篤志から見たコレラコレラ

    土木会社に5年間勤務した後に、ある日、テレビで泥水を飲むアフリカ・ケニアの人々にとって無数の病原菌が巣食う飲み水をのみ、赤痢やコレラに掛かって年間150万人の人が命を落としている様子を見て、NPO法人「難民を助ける会」の活動に参加。近藤晴次の元で上総掘りを修得する。ザンビア共和国の難民キャンプでのボランティア活動に従事し、任期中に現地住民とともに8ヶ月で3本の井戸を掘る。大野篤志 フレッシュアイペディアより)

  • ベッティーナ・フォン・アルニム

    ベッティーナ・フォン・アルニムから見たコレラコレラ

    ベッティーナ・フォン・アルニムの社会的な問題とのかかわりは、ベルリンでコレラが流行し、数多くの人たちが犠牲となった1831年に始まる。彼女は、明らかに社会批判を意図した『この本は王のためのものである』(1843年)を執筆している。1848年の蜂起が挫折する中で、彼女はその続編となる『デーモンとの対話』を執筆。この本は1919年にさらに新しい版が出て、「革命への呼びかけ」という副題が追加された。ベッティーナ・フォン・アルニム フレッシュアイペディアより)

377件中 61 - 70件表示

「コレラ」のニューストピックワード